テーマ:言葉

NHK番組で差別語連発 局アナが謝罪、視聴者からは擁護や評価の声、どうして

5月22日のNHKの人気番組「あさいち」の番組内でその事件?は起こりました。出演者が差別用語、放送禁止用語と言われている用語を連発したのだそうです。それで、局アナが謝罪することになってしまったのだとか。でも、その話があの「まんが日本昔話」のむかしむかしの話であったから、視聴者からは出演者を擁護したり評価する声が数多くあったのだとか。でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放送禁止用語が日本の文化をダメにするのを危惧するブログ

本日、4月4日付け毎日新聞ニュースに自民党の谷垣禎一幹事長が大阪市の街頭演説で使用した文言、”バカだチョンだ”が問題発言として取り上げられておりました。谷垣幹事長は維新の党が、「”バカだチョンだ”と言っていると、それは言い過ぎじゃないか」、と演説したらしいのですが、なんと自分がその発言を撤回することになってしまったそうなのです。それはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世界初製法」裏目に…「極ZERO」販売終了 税務署が濡れ手に粟ならぬ泡?

<慣用句>誤用していませんか?とのブログを認めたのが4月中旬でした。でも、慣用句として使い方が間違ってはいないのに、漢字(文字)が間違っていたと気づいた慣用句がありました。「濡れ手で粟(あわ)」、意味は皆さんご存知ですね。 濡れ手で粟 【読み】 ぬれてであわ 【意味】 濡れ手で粟とは、何の苦労もしないで多くの利益を得る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<慣用句>誤用していませんか? 文化庁が動画サイト開設のつれづれぶろぐ

昨日、4月18日付け毎日新聞記事です。<慣用句>誤用していませんか?と、かの文化庁が問いかけているんですね。それで、かの文化庁が、本来の意味が誤解されている割合が高い慣用句や言葉について、誤用の場面や問題点を動画で紹介するサイト「ことば食堂へようこそ!」を同庁のホームページに開設したと報じておりました。 言葉は「生き物」ですからね。慣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本海に「東海(トンヘ)」併記、牽強付会(けんきょうふかい)な韓国人の反日活動

 先日、2月8日付け読売新聞社説ですが、日本人ばかりでなく世界の国々が慣れ親しんだ日本海(Sea of Japan)の呼称を米国の韓国人、つまり米国系韓国人が、韓国国内で1986年から「日本海」を「東海(トンヘ)」と勝手に呼び変えてしまった名称と併記させる法案を米バージニア州の州議会に提出、賛成多数で法案が可決されたと書いておりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3人目も横浜で“誘拐”されたオモテナシ3兄弟のつれづれぶろぐ

本日、11月22日付け読売新聞に衝撃的な記事が掲載されておりましたね。記事のタイトルがなんと「3人目も横浜で“誘拐”されたオモテナシ3兄弟」とありました。さらに驚いたのは、私、ふらぬいの住んでいる横浜市旭区若葉台からも近い、同市旭区相模鉄道二俣川駅でこの”誘拐”事件が発生したのですと。3人目も横浜で”誘拐”された3兄弟ですから、3兄弟側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR横浜線事故と伊勢神宮式年遷宮から「自己犠牲」「自己献身」をつれづれぶろぐ

本日、10月3日、横浜若葉台は台風一過の好天気です。最近始めた朝の散歩、若葉台周辺、三保市民の森、若葉台フットパス(これは私、ふらぬいが名付けたものですから横浜市のガイドブックには載っておりません)を巡る、約4、5Km、1時間超のアップダウンのコース、を終えて戻ってきたところです。今年の若葉台周辺には秋の実りが豊かです。柿、栗そして銀杏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自治体の「町」。読み方は「まち」「ちょう」両方あるようです。なぜ? のつれづれぶろぐ

2013年9月27日付け 読売新聞に面白い記事がありました。記事と言いましても、”BIZ活 COME ON ギモン”というQ/A記事なのです。少し興味がわきましたのでブログで取り上げました。それでブログのタイトルに使いましたのが、その質問、Questionなのですが・・・、”自治体の「町」。読み方は「まち」「ちょう」両方あるようです。な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「危ない中国製航空機」に追い詰められる「トンガ王国」 それって「ただより高い物はない」とのこと?

昨日のサンケイmsnの記事です。 王国揺るがす中国からの危険な「贈り物」と題して興味深い記事が掲載されておりました。王国とは日本でもなじみの深いトンガ王国のことです。親日の国で日本にはかぼちゃを輸出しているとか。昔、お相撲さんにトンガ出身の南乃島(みなみのしま)という関取もいたように憶えていますが・・・。ラグビーが盛んな国でもあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体長22m重さ50トンの漂着クジラを船で曳航、曳航されるクジラは船? 舟?のつれづれぶろぐ

 先月7月27日、千葉県市原市に漂着したナガスクジラとみられるクジラの死骸の処理がようやく始まりました。このクジラは、体長が約22メートルで、重さ50トンに及びます。クジラは、15キロメートルほど離れた千葉市の砂浜に移動して解体して、埋設されます。 千葉県は8月2日、市原市内の工場の岸壁で発見された体長約22メートルのクジラの死骸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お散歩には遠すぎるよ、富士山頂に迷い犬のブログ

 「お散歩には遠すぎるよ」と呼びかけているは、保育園児や幼稚園児を預かる優しい保母さんや保育士、また保育園、幼稚園の園長先生でもありません。だって、遠すぎるお散歩にやってきたのは犬(いぬ、ドッグ)なのですから。しかもその犬、迷い犬と言うのだそうです、がやってきたのは、今をときめく?世界遺産富士山山頂なのだそうです。お散歩には遠すぎるよと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終わりのない旅を続ける、その旅は終わらない、それは希望への旅? えっ、ヘッドライト・テールライト?

アメリカ合衆国オバマ大統領の2期目がスタートしました。その就任演説はやはり格調高いものでした。演説には聞き惚れました、とは言いましても、もちろん英語でしたから、ついていくのがやっとでした。でも、やはりポイントは抑えましたよ。実はJapan Times(ジャパンタイムズ)で後で確認したのですけどね。なんと言いましても、前回の就任演説では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団地からDANCHIへリノベーション、サステナブルデザイン賞受賞、あっ、イラっとするカタカナ語だ

「団地からDANCHIへリノベーション、サステナブルデザイン賞受賞、あっ、イラっとするカタカナ語だ」と題するイラっとするカタカナ語のブログです。 イラっとするカタカナ語のブログをしたためたのは先月のことでした。もし読まれておられない方のため(ほとんんどの方が読まれてないと思います)に貼り付けます。 イライラするカタカナ語は? 腹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イライラするカタカナ語は? 腹立つのはわざとらしい言葉? をつれづれぶろぐ

先週の、12月8日付け、朝日新聞土曜版「be」にイライラするカタカナ語は?腹立つのはわざとらしい言葉、との見出し付きでベスト20位までが掲載されていました。う~ん、確かに、これはイライラするねと気になりましたので、つれづれぶろぐの俎上(まないたの上)に載せてみました。 俎上(そじょう)の俎(そ)とは、真名板(まな板)のことですね。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

当たり馬券配当30億円、外れ馬券の購入代は経費? 

当たり馬券配当30億円、外れ馬券の購入代は経費?とのつれづれぶろぐです。でも、どうして国税が当たり馬券で30億円も稼いだことが分かったの?との疑問を呈するブログでもあります。 競馬の馬券、勝ち馬投票券ですから当たり馬券は1点だけですね。と言っても、競馬の勝ち馬投票券には単勝(優勝馬を当てる)、複勝(1~3着馬を当てる)、連勝単式(…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「敵討ちするダニ 仲間殺され成長、攻撃した種の幼虫食べる」、それってリベンジ?

先日の毎日新聞記事のタイトルにありました、「敵討ちするダニ 仲間殺され成長、攻撃した種の幼虫食べる」に、それってリベンジ? と疑問を投げかけるブログです。 先日の毎日新聞に興味ある記事が掲載されました。記事のタイトルは「敵討ちするダニ 仲間殺され成長、攻撃した種の幼虫食べる」とありました。「敵討ちするダニ」ですから、敵討ちするのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王道か、覇道か、それより勝つことが大事

昨日のサンケイ新聞産経抄コラムに面白い記事がありました。「王道か、覇道かの二者択一を選ぶとしたらどうするか」との問いかけなのですが、私、ふらぬいは、若かりし頃、「学問に王道なし」、つまり”学問を究めるには楽な方法や近道は無いよ”と教えられて育ちましたので、ずっと王道派?で育ってはきました。もちろんその時点では王道派も、もちろん覇道派の存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「乾坤一擲」、「泰山鳴動してネズミ一匹」じゃあなくて「たいざんはどじょうをゆずらず」がよいのですよ

「そもそも泰山でもなく鳴動もしていない。ネズミ一匹、出てくるはずもなし。乾坤一擲の会談はただの意見交換」 などと朝日新聞夕刊素粒子の筆者の一言(ひとこと)です。あの「乾坤一擲(けんこんいってき)」、「一期一会(いちごいちえ)」発言の野田首相と小沢一郎元代表との会談の結果を踏まえての一言とのことでした。あの会談の結果がどのようになるかは会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相「乾坤一擲」の意欲で「国酒飲む」

首相「乾坤一擲」の意欲で「国酒飲む」とのつれづれぶろぐです。あの実は首相は「乾坤一擲」と「国酒飲む」を別の場面で仰ったのですが、続けてみたほうが良いのではとの考えから、私、ふらぬいが勝手に続けてしまったのです。 野田首相は5月28日の内閣記者会とのインタビューで、民主党の小沢一郎元代表と5月30日に行う会談を「乾坤一擲(けんこんい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちゃぶ台返しあり得ないと増税反対派けん制、ん? あり得ないのは真剣白刃取りでは

「ちゃぶ台返し」と懐かしい言葉を使っている方がおられました。消費税増税なう! と、国会での議論が始まったのですが、その舞台裏で、財務大臣が使っていましたね。もう日本の食卓から無くなってしまった「ちゃぶ台」、卓袱台(ちゃぶだい)です。その「ちゃぶ台」を使って、もしかしたら行われるかも知れない「ちゃぶ台返し」なのですと。でも、それを使った本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう「マドモワゼル」とは呼ばないで、私は「マダム」のつれづれぶろぐ

”消える「マドモワゼル」、フランスの行政文書で使用禁止に”、と衝撃的(?)な文言が新聞記事のタイトルにありましたね。それで、「フランス語から、マドモワゼル という言葉が消える!? そんな馬鹿(バカ)な!?」 と、!? を二つも付け、馬を鹿と間違える「叫び」、少し前回のブログを引きずっているのはご容赦下さい、をあげているのは私、ふらぬい…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

回想録に議事録は邪魔? 「君子は書かず」のつれづれぶろぐ

昨日の読売新聞編集手帳コラムに、政治家が回想録を書く上での重要なヒントが公開されておりましたね。あの、何事にも「歴史が評価」、「歴史が判断してくれる」と仰っていた方が、もしかしたら作成するかもしれない回想録なのですがね。どなたかはもちろん、編集手帳には書いておりませんでしたが、すぐに分かっちゃう(表現が?失礼)のが困るのですがね。その編…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故対応、議事録なし、それってオフレコ? あっ、「老婆心ながら守秘義務」でしたね 

「原発事故対応、議事録なし 政府対策本部、認識後も放置」、本日の朝日新聞の記事です。この新聞記事に先立ち、一昨日でしたか、NHKがニュースで大きく報道していました。原発事故対応の政府対策会議ですから、非常に重要な会議でしたでしょうね。そこに出席している政府のお偉方、先生たちや国家官僚は、もちろん、税金で口を糊している方達ですね。その方た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野田首相「君子は豹変す」の発言の裏には、あの動画「ユーチューブ」があったのです

”野田首相「君子は豹変す」の発言の裏には、あの動画「ユーチューブ」があったのです”とのブログです。なんかまた訳の分からないブログのタイトルだなと思われた方、「君子は豹変す」を地でいく、魑魅魍魎の政治の世界、”一寸先は闇”の政治の世界、政治の闇、政治の風景、悪い意味ではありませんよ、がはっきりと見てとれます。 野田首相の”「君子は豹…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

酒は「百薬の長」をつれづれぶろぐ

酒は「百薬の長」とのブログです。健康に良い飲み物で”お酒”を何回か採り上げました。赤ワイン、焼酎、そしてビールでしたね。本当はまだまだ続ける予定でおりますが、日本酒、紹興酒、ブランデー、ウィスキー等、私が嗜んできたお酒紹介のタイミングを見計らっておりますからね。と言うのは、私、ふらぬいはただ単にお酒が好きなんだとの悪しき評判がブログ仲間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会閉幕―動かぬ政治に絶句するつれづれぶろぐ

「国会閉幕-動かぬ政治に絶句する」、本日の朝日新聞社説です。動かぬ政治に絶句、絶句ですから話の途中で言葉に詰まることです。そう言えば、朝日新聞は社説で、「年金の減額-本来の水準に戻そう」、「社会保障と税の改革-消費増税はさけられない」、さらに、「公務員給与-引き下げ法案を通せ」と叫んでおりました。実は私、ふらぬいはいづれの社説にも、ブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オフレコ発言の「言葉尻をとらえる」から、「言葉がすぎる」、「言わぬが花」をつれづれぶろぐ

また、意味ありげなタイトルで、なにを言いたいのかわからないが、なんか受けを狙ったブログのタイトルのように思えますね。実は、一冊の本を読んでいて、私としては普通に読み終え、それなりに(失礼)名作と位置づけられている本との読後感に浸ったのです。その本のタイトルは、坂口安吾著「不連続殺人事件」です。推理小説好きの皆さんは、ご存じで、既に読まれ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

朝日新聞社説 野田氏の発言―言葉を選ぶ器量を持つ、ん? それは朝日新聞もでは

本日の、8月18日付け朝日新聞社説には驚きましたね。時々、朝日新聞はおかしな社説を掲載して、私には理解不能に陥ることがあるのです。どなたが、どのような根拠でこの社説を書いているのだろうと思うことがあるのです。今回がそれにあたりましたので、ブログに書いてみたくなりました。「言葉を選ぶ器量」、さらにどこかの国(中国と韓国ですよ)が日本批判に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「一定のめど」がつきましたので、菅首相は退陣することになるそうです

前回のブログで「一定のめど」の”一定の”の意味するところについてつれづれブログしました。”一定の”の意味する本当の意味、”一つに決まっていて変わらないこと”をしっかり菅首相に確かめないといけないなどと、新聞記者ならびにマスコミ関係者に対し失礼なことを言ったりしてしまいました。申し訳ありませんでした。菅首相の口から、「一定のめど」がつきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相が使う官僚言葉、「一日も早く、”一定の”めどをつける」をつれづれぶろぐ

菅首相が使う官僚言葉、「一日も早く、”一定の”めどをつける」をつれづれぶろぐします。”一定の”めどをつけるですから、”ある程度の”めどを付けるとの意味ですね。でも、本当は違うのですよ。こんな曖昧な意味ではないのですね。つい最近読んだエッセイ、「星のあひびき」(丸谷才一著)の中に、「新聞言葉」の恥ずかしい表現の一つとして、”一定の”との言…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more