テーマ:言葉

子ども手当は子供だましだったの?

子ども手当は子どもだましだったの? 情けねー、と題するブログです。”情けねー”のは、子どもだましをしたのも大人であり、一方、子どもだましにあったのも大人たちなのです。それで、子どもだましにあったのは、私ども、民主党に投票した有権者なんですがね。民主党に投票しなかった方も一緒にしてしまって申し訳ありません。でも、共同責任?ですから、我慢し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

菅内閣不信任案否決、国会議事堂内の魑魅魍魎(ちみもうりょう) 政治家が使う言葉をつれづれぶろぐ

「菅内閣不信任案否決、国会議事堂内の魑魅魍魎(ちみもうりょう) 政治家が使う言葉をつれづれぶろぐ」します。またまた長いタイトルで、政治家を揶揄するブログであることは間違いないみたいですね。でも、日本国未曾有の一大事の最中、国会議事堂内の魑魅魍魎はもっとしっかりしろとの激励のブログでもあります。そうでもないかな。 菅内閣不信任案が予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故はまだ藪の中、それで蜘蛛の糸は

「原発事故はまだ藪の中、それで蜘蛛の糸は」と題するブログです。 「原発事故はまだ藪の中」は意味がわかりますね。あの福島第一原発事故の最中、関係者の間で、「言った、言わない」、「知っていた、知らない」との言葉がいろいろな場面で飛び交っています。「藪の中」ですから、「関係者の言うことが食い違っていて、真相が分からないこと」ですね。なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無用の長物(むようのちょうぶつ)を無用の用(むようのよう)にするぶろぐ

無用の長物(むようのちょうぶつ)を無用の用(むようのよう)にするぶろぐです。うまくいきますかどうか、つれづれぶろぐですのであまり気にしないで読んでくれると嬉しいのですが。 無用の長物とは「あっても役にたたないもの」ですね。ただ、少し言葉を変えて、無用の用になりますと、「役にたたないとされているものが、かえって役にたつこと」になり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考えられないケースまで考えてた東電が考えていないを使うのは何故?

「燃料溶融の可能性認める。東電、福島第一原発」と、4月21日付け主要新聞各紙は報じていました。 あれっ、3月12日に、炉心溶融の可能性、そのような報道があったように思っていましたが。必ずしも東電は、炉心溶融、燃料溶融を認めていなかったのですね。それで、原子力ムラ、原発ムラの言葉で気になっているものがありましたので、つれづれぶろぐしてみ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

無謬(むびゅう)経営と無謬政治の末路をつれづれぶろぐ

無謬(むびゅう)経営と無謬政治の末路をつれづれぶろぐします。末路ですから、どちらも破綻(はたん)に繋がるのですが・・・。そうであってはいけないとの意味を込めたブログです。 昨日、4月18日の朝日新聞朝刊のコラム「経済気象台」に、”無謬(むびゅう)経営の末路”と題して、無謬の思想が経営者のあたまの中に入ってくると企業は大混乱を起こす…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オフレコ講義、ん? 記録しちゃあいけない講義とは

一昨日来、主要新聞各紙は、昨年12月、米高官、米国務省のケビン・メア日本部長の沖縄訪問を控えた米国人学生に対して行った、オフレコ講義での暴言(?)発言をとりあげていました。日本側の反発をうけ、米政府は、米国務省のケビン・メア日本部長を更迭し、後任の日本部長にラスト・デミング元駐日首席公使を任命したと伝えた、とあります。講義内容が更迭に発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豪雪異聞、減る犯罪…雪に足跡・滑って捕まる

「豪雪異聞、減る犯罪…雪に足跡・滑って捕まる」、昨日、2月14日の読売新聞の記事です。異聞(いぶん)ですから、”めずらしい話し”、または”変わったうわさ話し”のことですね。これは面白い話しですよ、きっと、と考えてしまったのが、このブログを書くきっかけになりましたね。 横浜若葉台も先週末から、雪が降り、昨夜から今朝にかけて、とうとう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

産地偽装、それでブランドって何?

私はまったく不勉強で「氷見(ひみ)ぶり」と言うブランドぶりがあるとは知らなかったのですが、「氷見ぶり」とは言えない物が「氷見ぶり」として「氷見」から市場に出荷され、問題になっているとTV番組(日テレ)で放映していました。まだ調査中ですので、私がなんやかやと言える立場でもありませんが、もし、この「氷見ぶり」が「氷見」以外のところの産である…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

兎は跳ねるから卯年は跳ねるんですって、兎の話しをつれづれぶろぐ

本日の朝日新聞、天声人語に懐かしい格言が載っていました。株を守る諺です。今の若い人たちは農作業がらみのこのような文章を学校で習うのかどうか自信はないのですがね。株を守る、守株(しゅしゅ)と発音しますね。私も漢文で習った気がします。韓非子(かんぴし)に出てくる文章です。守株(しゅしゅ)ではなく、株を守る、と習いました。また、そのように理解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀座、「銀ぶら」、「銀ブラ」をつれづれぶろぐ

読売新聞に面白い記事が載っていました。「銀ぶら」、「銀ブラ」についてです。私はよく「銀ぶら」を使いますよ。でも、流行(はやり)廃り(すたり)から言ったら、もうこの頃はあまり使われない言葉かもしれないですね。でも、死語にはなっていないと思いますよ。今回も新聞で紹介されているくらいですからね。 「銀ぶら」、「銀ブラ」の意味は、もちろん…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

民主党代表選挙でこんどは鳩の恩返しが行われるそうです

鳩の恩返しなんて、また変なタイトルをつけたものと私も思っています。 あの、民主党の代表を選ぶ選挙のことなんですけど、またまた、鳩山前首相の発言なんですよ。 私のブログに、特に政治からみで登場することの多いのは、やはり鳩山前首相ですね。私は、はっきり言いまして政治論議は好きではありません。政治家を嫌っているからではなくて、とど…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

民主党の代表選挙、鳩山前首相が小沢氏支持表明、応援するのが大義なんですと

鳩山前首相が民主党代表選挙に小沢氏支持を表明、「2003年の民主党・自由党合併で、小沢氏を私の一存で民主党に入ってもらったので、その経緯から私が応援するのが大義だ」と述べ、民主党代表選に立候補する小沢氏を支持する考えを表明したのだそうです。 大義とまた重い言葉を軽い気持ちで使ってしまった、鳩山前首相ですが、またまた、ブログで使ってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円高に立ちつくす政治、手をこまぬく政治は歴史に残る罪になるのかも

参議院選挙に惨敗して、今の政権党、民主党が陥っているさまは、なんと「立ちつくす政治」というんだそうです。 「立ちつくす」は、広辞苑では、”いつまでも立っている”、”じっと立ったままでいる”、”立ち通す”の意味ですね。結局は”何もしない”ことなんです。政権党は代表選挙で手一杯で、円高対応で、消費税増税、普天間移設問題もありますが、議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金剛不壊(こんごうふえ)からつれづれぶろぐ

皆さんは金剛不壊(こんごうふえ)という言葉を知っていますか。非常に堅くて、壊れないことですね。金剛はダイヤモンドみたいに堅い石のことです。不壊はその字のとおり、壊れないことです。仏教用語でもあるんです。志を固く守っ てかえないことのたとえです。梅原猛さんの仏教の本を読んでいて、この言葉を懐かしく感じましたので、ぶろぐにしてみようと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辺野古回帰、断腸の思いって 誰が?

普天間基地移設先が辺野古に回帰することになりました。 総理の発言が気になりましたので、つれづれぶろぐしてみようと思いました。 総理は沖縄県知事に、「普天間基地の移設先として、辺野古付近にお願いせざるを得なくなりました。これは、断腸の思いで下した結論です」、と話したそうですね。沖縄県知事は辺野古付近に決定したことに、遺憾と述べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手こまぬく日本、何もしない日本はどうなる

久しぶりに、”こまぬく”と言う懐かしい表現が朝日新聞紙面を飾りました。 新聞には、ギリシャの財政危機に起因する欧州通貨ユーロ危機が世界を席巻とあります。さらに、東京、NY(ニューヨーク)市場の株安が続いていると。 これに対応して、アメリカ政府は財務長官が、北京で開かれる米中戦略・経済対話終了後、ただちに英国とドイツに向かい、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費税は10%、25%、35%ですか、苛斂誅求(かれんちゅうきゅう)をつれづれぶろぐ

新聞に消費税増税の記事が頻繁に掲載されるようになりましたね。次の参議院選挙の争点に是非、取り上げて欲しいと思いますね。どこかの政権党の総理みたいに、4年間は消費税アップはしないから議論もしない、なんていう無責任な発言はやめて下さいね。 そう言えば、つい最近になって、政権を担っている党の国会議員、閣僚の方から、消費税率アップ発言が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治家の言葉、忸怩・粛々をつれづれぶろぐ

前回、”右顧左眄(うこさべん)と顰みにならう”をつれづれぶろぐに書いたら、友人から、タイムリーな言葉ではないよとメールが来てしまいました。だって政治家が使っていないもの、それは国民に響かない言葉だからですよ、とのこと。まったくそのとおり、と、項垂れて頷いてしまいました。読めますか、うなだれてうなずいてしまいました、なのですがね。この言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右顧左眄(うこさべん)と顰(ひそ)みにならうをつれづれぶろぐ

右顧左眄(うこさべん)と顰(ひそ)みにならうという言葉があります。 あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、今の政治状況をうまく言いあてているような気がします。あの沖縄の普天間飛行場の移設の話しのことです。無理にこじつけたりしますからね。いきますよ。 広辞苑によれば、右顧左眄は(右をふりむき、左をながし目で見る意)、人の思惑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more