テーマ:鎌倉

古都鎌倉平成散歩

もう今年も、平成31年、平成最後の年です、弥生(やよい3月)を過ぎ卯月(うづき4月)に入っております。私、ふらぬい、なかなか筆が進まず(キーボードを叩くのが億劫で)今年初めてのブログになりました。随分久しぶりのブログになります。しかも、このブログ、先々週の日曜日、久しぶりに訪れ、歩いてきた古都鎌倉を取り上げます。平成もまもなく新元号に代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元寇の歴史に新たな一面も、横綱白鵬常立寺の元使五人塚慰霊碑参りをつれづれぶろぐ

 現在ではちと旧聞に属する新聞記事を読んでのブログです。先日の朝日新聞横浜版に横綱白鵬らが神奈川県藤沢市にあります、日蓮宗・常立寺(じょうりゅうじ)にある「元使(げんし)五人塚」をお参りしたとの記事が掲載されておりました。私、ふらぬい、モンゴル出身の力士は、かって、アジア大陸の半分以上を支配する大帝国、大モンゴル帝国を建国したチンギス・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉浄智寺散歩のつれづれぶろぐ

先日、北鎌倉の浄智寺(じょうちじ)を歩いてきました。浄智寺は鎌倉五山第四位 金宝山 臨済宗円覚寺派の寺です。鎌倉市山ノ内にあり、葛原岡ハイキングコースを通り、葛原岡神社、源氏山公園に接続します。浄智寺散歩のつれづれぶろぐです。 この名刹は円覚寺、東慶寺、明月院と同様、北鎌倉駅が起点になりますね。鎌倉五山第四位の気品と山寺のような森…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉東慶寺 縁切寺で織りなす糸、イワガラミのつれづれぶろぐ

一昨日、6月4日、鎌倉へ行ってきました。そしてあの縁切寺、東慶寺境内を歩いてきました。何故かと訊いてくれますよね。それは「イワガラミ」の特別公開があったからなのですね。「イワガラミ」聞き慣れない植物ですよね。 イワガラミ: 「岩絡み」(イワガラミ)は、「ツルアジサイ」によく似た蔓性の落葉木本(らくようもくほん)。「ツルアジサイ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉 瑞泉寺散歩のつれづれぶろぐ

鎌倉 四季の花と夢窓疎石(むそうそせき)の岩庭が見ものと言われる瑞泉寺(ずいせんじ)散歩のつれづれぶろぐです。この寺はJR鎌倉駅から大塔宮行きバスに乗り、終点下車、そこから徒歩15分の距離にあります。健脚な方はもちろん歩いても大丈夫ですよ。鎌倉 瑞泉寺のホームページがありました。貼り付けますね。 鎌倉 瑞泉寺のホームページ ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の鎌倉覚園寺(かくおんじ)を散策してきました

昨日、12月3日です、晩秋の鎌倉、薬師堂ヶ谷(やくしどうがやつ)の最奥にあります覚園寺(かくおんじ)を散策してきました。なぜ覚園寺にと言いますと、たまたま村松友視著の「鎌倉のおばさん」(1997年泉鏡花文学賞受賞作品)を読んでおりまして、村松氏の父親(というか祖父が正しい)の村松梢風(むらまつ しょうふう:小説家)の菩提寺がその寺との記…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉妙本寺歴史散歩のつれづれぶろぐ

鎌倉駅から妙本寺(みょうほんじ)と常栄寺(じょうえいじ:ぼたもち寺)散歩のブログです。いままでの鎌倉ブログで紹介したお寺は北条氏が栄華を極めた臨済宗のお寺が多かったのですが、今回のブログで紹介するお寺は悲劇の寺のイメージがつきまといます。まして私、ふらぬい家と関係する日蓮宗のお寺なのです。でも、個人的に仏教の宗派がどうのこうのという考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉五山第五位浄妙寺から竹の寺報国寺へ禅寺散歩のブログ

昨日、6月27日、は梅雨の晴れ間で好天に恵まれ鎌倉五山第五位の浄妙寺(じょうみょうじ)に出かけました。鎌倉五山については北鎌倉の円覚寺散歩ブログで紹介しましたのでここでは触れませんが、五山第一位は建長寺、二位は円覚寺、三位は寿福寺、四位は浄智寺です。一位、二位、四位の寺は北鎌倉駅から徒歩で訪ねることができます。三位の寿福寺は鎌倉駅西口か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉海蔵寺に海棠の花を愛で、極楽寺切通から鎌倉の海を眺める

鎌倉散歩、今回は鎌倉の古刹をめぐります。 私、ふらぬいは鎌倉の海蔵寺に海棠(かいどう)の花を愛でに出かけます。 梅の次は桜、桜の次は海棠(かいどう)の花を愛でるのです。広辞苑を紐解きますと、海棠を次のように紹介しています。 海棠: バラ科の落葉小高木。中国原産。高さ約5メートルにもなる。葉に托葉がある。若葉は帯赤色。春の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉源氏山散歩のつれづれぶろぐ

昨日、3月26日に思い立って鎌倉に出かけました。今年はどうしても源氏山の桜をみておきたかったからです。鎌倉散歩はもしその散歩が鎌倉の古刹(こさつ、古い寺、古く由緒ある寺)散歩が目的で有れば天候に左右されるものではありませんが、源氏山散歩は出来れば天候に恵まれるほうがよいとの考えもありました。昨日はその源氏山を目的地に散歩するには絶好の日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の鎌倉長谷散歩その2(鎌倉大仏篇)

秋の鎌倉長谷散歩その2(鎌倉大仏篇)のブログです。秋の鎌倉散歩がその1(長谷寺篇)とその2(鎌倉大仏篇)に分割してしまった、その後編です。ブログは簡潔にわかりやすくをモットーにしてはおりますが、なかなか実行されないこと反省しております。分割してしまったブログの後編ですので、イントロもなく突然に始まります。 長谷寺巡りを終え、次は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の鎌倉長谷散歩その1(長谷寺篇)

秋の鎌倉長谷(はせ)散歩のブログです。鎌倉は春夏秋冬いつ訪れてもこころが和みます。また、こころが安まりますね。そして、毎回新しい発見があります。私、ふらぬいとしまして、最近ずっと公私とも、かなり厳しく(緊張状態が続き)かつ忙しい日々を送っておりましたので、心身の疲れを癒すため、先日、鎌倉長谷に出掛け、長谷散歩をしてまいりました。江ノ電の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉五山 円覚寺散歩

鎌倉散歩、前回の、「花の寺 明月院」に続いて、鎌倉五山の円覚寺(えんがくじ)を取り上げます。このお寺も四季の彩りを楽しむことができますね。臨済宗円覚寺派の大本山です。円覚寺は弘安5(1282)年、北条時宗が文永・弘安の蒙古襲来で戦没した敵味方の霊をなぐさめ、禅宗を広めることを目的として建立されたと言われています。 円覚寺境内では、大勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の寺、北鎌倉の明月院を散策してきました

古都鎌倉は四季の彩りに出会うため、春夏秋冬何時訪れても楽しめるところです。鶴岡八幡宮、鎌倉五山の寺、鎌倉宮、鎌倉大仏、銭洗い弁天、源氏山、由比ヶ浜、材木座海岸、稲村ヶ崎等々、目で楽しみ、耳で楽しみ、鼻で楽しみ、口(舌?)で楽しむことができます。北海道から横浜に出てきて40年にもなりますので、もう鎌倉についても、すべて楽しみ尽くしました。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more