テーマ:中国

中国世界遺産万里の長城、成長する世界遺産は危機遺産にはなりません

日韓世界遺産問題がかまびすしい(騒がしい)状況にあるようですね。 日韓外相会議でお互い申請の世界遺産候補を協力して登録させようと、反日国韓国の言い掛かり?も1件落着かとの報道もありましたが、やはり反日国韓国は日本のことは何でも憎いそのままでしたね。韓国側が約束を守らないのは、日韓基本条約以降50年、もう幾度も経験して分かり切ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国浙江省紹興市の楊望村、墓地の緑化は緑色のペンキを塗って・・・、それって「青いキリン」の実践?

 ロケットニュース24(Rocketnews.com)が3月17日、中国のある村が地元にある墓を緑色に塗って”緑化”したと報じておりました。中国で地方政府が村に墓地の緑化(りょっか:植樹によって村の墓地の緑を多くすること)を要求したところ、村側は墓をペンキで緑色に塗って緑化したのだそうです。村側にもきっと言い分もあるとは思うのですが、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の古い肉期限偽装 中国外資企業にも食品安全品質背信の何故?

 先日来、日本の主要新聞各紙が上海にある米国系の食肉工場が賞味期限切れの肉や床に落ちた(汚い?)肉までをも生産ラインに戻し、そのまま出荷していたと中国上海発古い肉期限偽装事件?を報道しておりました。また、NHK始め民放TV各局もこぞって、中国上海テレビ局作成の暴露?TV放映画像をそのままを、自局TVニュースなどで放映しておりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国隋煬帝の2基め(本物?)の墓確認(中国・江蘇省)をつれづれぶろぐ

中国考古学会は11月16日、江蘇省揚州市で会見し、同市の工事現場で今年3月に発見された古代遺跡が約1400年前の随王朝第2代皇帝・煬帝(569~618年)と妃の墓であることが確認されたと発表した。しかも、中国における「重大な考古学上の成果」としている。中国の通信社、ニュースサイト中国新聞網などが報じたのだそうです。 日本国の聖徳太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国のスターバックスが「ぼったくり」だと指摘されながら、それでも人気なのはなぜ?のつれづれぶろぐ

おしゃれな空間で美味しいコーヒーを飲むことに生きがいを感じている方も多くおられることと思います。私、ふらぬいも北海道から横浜に出てきたばかりの時には名曲喫茶「田園」で一杯のコーヒーで数時間も粘ったり、また、一杯のコーヒーから恋(愛)の花咲くこともあるなどと信じて喫茶店通いをしたこともありました。また、ある時には、モーニングサービス(トー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

略奪の円明園十二支像、中国に返還=ウサギとネズミ、仏企業が表明、略奪って、誰が?

あまり新聞記事にとやかく言うつもりはありませんが、記事に嘘(うそ)偽りを書いちゃいけないのじゃないかと思うのですけどね。しかも共産中国が勝手に流した嘘、偽りの記事をそのまま流して・・・。私、ふらぬいに不安を抱かせるそんな記事が昨日の時事通信WEBにありました。 4月27日の時事通信です。 「略奪の(円明園)十二支像、中国に返還=…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国大気汚染物質PM2.5飛来 環境省、70マイクログラム超で外出自粛を発表、災い転じて福?まさかね

 中国が自国内で作り出した汚染物質PM2.5が日本国を領空侵犯?じゃあなくて、日本国に飛来してる問題で環境省が緊急対策、暫定指針を発表しましたね。でも、もともとあった35マイクログラムの安全基準を2倍して70マイクログラム超で、”どうだ‼”と、「外出自粛」、「換気自粛」の暫定指針としたのだそうです。今まであった、花粉、黄砂に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国のガン付けに「なめんなよ」とにらみ返せないのは何故?

中国のガン付けに「なめんなよ」とにらみ返せないのは何故?とのつれづれぶろぐです。ガン付けしたのは中国の軍艦で、ガン付けされたのは日本国の海上自衛隊の護衛艦やヘリコプターです。尖閣諸島(日本固有の領土)をめぐる東シナ海公海上の出来事、事件・事故? インシデント?よりは上でアクシデント?でしょうか。でも、ディザスターに格上げしかねない大きな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中国のフカヒレ、ほとんどがゼラチン固めた偽物、それって偽物が本物を駆逐?

偽物フカヒレが中国国内で公然と出回っていると、日本の主要新聞各紙が、先週来報道していますね。これは中国国内のメディアがしきりに偽物フカヒレ出現?を伝えているからなのです。まず、国営テレビの中国中央テレビが「国内で消費されるうち約4割は偽物」と伝えたのです。国営テレビですから、少し控えめ?に、4割が偽物との報道なのですけどね。しかも、偽物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国外相、国連演説「尖閣、日本が盗んだ」と日本を名指し非難、「ウソも100回言えば真実?」のぶろぐ

中国の外務大臣が国連演説で日本国固有の領土である沖縄県の尖閣諸島を日本が盗んだと日本を名指しで非難したのだそうです。中国が日本国に何を言っても、何をやっても、人生経験豊富で驚きはしない免疫が、私、ふらぬいにはありますが、「盗人(ぬすっと)」呼ばわりされた日本政府は、大人げない中国に対抗し、尖閣諸島領有の正当性を積極的に発信すると方針変換…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蒼穹(そうきゅう)の昴(すばる)」と北京の頤和園(いわえん) 

先日来、浅田次郎の「蒼穹(そうきゅう)の昴(すばる)」(講談社文庫)全4巻を読んでおりまして、昨日それらを読み終えました。あの中国の西太后(せいたいごう)が活躍する清の時代の終わり、科挙登第による官僚、宮廷内の宦官が大清帝国の朝廷を支えます。私、ふらぬいのつたない中国の歴史知識の片隅にある李 鴻章(り こうしょう)、袁 世凱(えん せい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞経済気象台コラム、中国の今後をつれづれぶろぐ

昨日の朝日新聞「経済気象台」に良質のコラムが掲載されていましたので、つれづれぶろぐしてみます。 タイトルは「中国の今後」とあります。経済気象台の筆者は以下のように書き始めます。 「先週から中国各地で反日デモが続発し、日系の工場や百貨店などが破壊、放火された。デモの域を超えて暴動というべきケースもあり、衝撃を与えている。後遺症…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国反日デモ、暴徒化拡大=日系企業に放火、略奪-30都市、日中国交回復以降最悪に

「中国反日デモ、暴徒化拡大=日系企業に放火、略奪-30都市、1972年の日中国交回復以降最悪に」、本日の時事ドットコムの記事です。記事のレビューをしつつ、本日の朝日新聞、日本経済新聞の社説をつれづれぶろぐします。 時事ドットコムは、 「日本政府による沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化に抗議する反日デモは9月15日午後も中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「五十六十はかえって悪しからず、恬淡清浄にしてこころは安然なり」 白居易の耳順吟をつれづれぶろぐ

「五十六十はかえって悪しからず、恬淡清浄(てんたんしょうじょう)にしてこころは安然(あんねん)なり」 白居易の耳順吟(じじゅんぎん)をつれづれぶろぐします。恬淡清浄(てんたんしょうじょう)とは心が清くやすらかで汚れがなく無欲なこと。あっさりしていて物事に執着しないことです。耳順とは論語(為政)に出てきます。60歳の異称で、修養ますます進…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「万里の長城」もっと長かった 全長がなんと2万1196キロに延びたと、目指せ地球1周4万キロ

世界遺産「万里の長城」がまたまた延びましたね。今度は全長がなんと2万1196キロに延びたと、中国国家文物局が発表し、6月6日付け中国各紙が伝えたと言います。世界遺産に登録された1987年当時は6352キロだったものが、前回延伸時、2009年4月18日には8852キロとなり、今回はなんと1万2千キロも延び、2万1196キロになったのだそう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日中関係―いがみ合うだけでなく、大人の対応を、でも相手が不誠実で大人でない国にでもそうするの?

「日中関係-いがみ合うだけでなく、大人(おとな)の対応を」と朝日新聞の社説にありましたね。でも、もし相手が不誠実で大人の対応がとれない国の場合でもそうするの?と自問自答するブログです。 久しぶりに朝日新聞社説です。朝日新聞社説の筆者に「言葉を選ぶのはどっちだ」などと批判してから、しばらくは、”いがみ合い”そして、お互い”しかと”状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芋焼酎森伊蔵・村尾・伊佐美 中国、無断商標登録へ異議認めず、生き馬の目を抜くビジネスここでも

芋焼酎森伊蔵・村尾・伊佐美 中国、無断商標登録へ異議認めず、生き馬の目を抜くビジネスここでものブログです。生き馬の目を抜く中国商標ビジネス、中国商標ビジネスマンはたまた中国商標局の彼らがやがて辛い憂き目に遭うことに思いは致さないのでしょうか。 鹿児島県の芋焼酎「森伊蔵」、「伊佐美」、「村尾」の3銘柄が、中国での商標登録を無断で申請…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国上海のレストランでウエートレスにはメイニュー(美女)と呼びかけるのですって、その理由は?

中国上海のレストランでウエートレスに料理をオーダするために声をかける際、「美女(メイニュー)」と呼びかけるのが増えているんだそうです。日本経済新聞の春秋コラムにその記事を見つけてしまいました。あの真面目な日本経済新聞のコラムの記事は、つれづれぶろぐにそぐわない(?)のでは、と思いつつも、私、ふらぬいが無理矢理つれづれぶろぐの俎上(そじょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワインの本家が中国にワイナリー建設 その驚きの理由とは?

ワインの本家と言えば、フランスでしょうね。フランスワインと言いますとボルドーとかブルゴーニュが有名ですね。さらにシャンパーニュとかロワールとかもありますが、あまり話を拡げることはしませんからね。これら、ボルドー、ブルゴーニュはワインの出生地域、生産地を示します。その生産地名はワインボトルに貼ってある「ラベル」に必ず表示されています。これ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国の30階建てアークホテル、なんと15日で完成!あの洞庭湖の岳陽楼に登り想いを馳せるブログ

昨日の朝のフジTVの番組で、中国の30階建てホテルが、なんと15日で完成したことで、YouTubeのビデオを紹介するとともに、中国の建設技術について、驚異と呆れの眼をもって報道しておりましたね。こんな短期間、短時間で30階建て高層ビルが建つものなのか? 建てて好いのか? はたまた耐震性や安全性に問題は無いのか? とですね。でも、中国の建…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国高速鉄道、信号「赤」に変わらない重大欠陥をつれづれぶろぐ

中国の高速鉄道事故については、中国鉄道省が事故当初言っていた「落雷により信号設備が故障した、天災?(想定外の事故?)」から、「信号設備の設計上の欠陥、運用上の欠陥といった人災」との考えに、なんとなく傾きつつあるようです。でも、中国鉄道省としては、車輌の欠陥とか、ATC(中国ではATPと言うらしい)が装備されていなかった、使用できないよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国高速鉄道 衝突脱線落下事故 落雷は中国版青いキリンには想定外? まさかね

「中国高速鉄道 衝突脱線落下事故 落雷は中国版青いキリンには想定外? まさかね」と題するブログです。あの中国版青いキリンとは中国版新幹線のことなのですが、私はどこかの新聞社がパクリなどと使うのには抵抗がありますので、中国版青いキリンと呼ばせていただいています。あの、青いキリンブログを読まれた方はお分かりになると思いますので、これ以上の説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反日デモ、実は官製、中国政府が指導

10月16日に中国四川省成都などで起きた尖閣諸島問題をめぐる大規模な反日デモは、翌17日、同省北部の綿陽に飛び火し、住民の目撃情報によると、1万人以上の若者らが「日本商品排除」などを叫びながら、市中心部を練り歩いたのだそうです。パナソニックの販売店や日系飲食店のガラスが割られ、日本車が襲撃された有様が日本の各TV局の番組で放映されていま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ノーベル平和賞、中国の劉暁波氏に、あの中国は

日本人がノーベル賞受賞嬉しいですね、との内容が前回のブログでした。本当に嬉しかったですよね。しかも北海道出身の道産子で大学の先輩、こんなこと言っていいのかと思いますが、な~んか自慢してしまいそうな我が身を抑えていますからね。「な~んも、抑えてないんでないかい。でも、いいべさ」、との北海道弁も聞こえてきます。 それなのに、「ノーベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の想い出その21 中国 北京の頤和園、雍和宮、孔子廟

今回の旅の想い出は、中国、北京の頤和園(いわえん)、雍和宮(ようわきゅう)、孔子廟(こうしびょう)散歩です。 中国、北京にも仕事で出掛けました。観光で出掛けたことはありません。何回か訪問していて、歴史遺産の多さ、建造物の大きさには驚かされます。私は中国4000年の歴史にはそれなりに興味をもっておりました。歴史書ならびに歴史文学にも…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

映画ラスト・エンペラーの思い出ぶろぐ

先週、3月11日ですが、NHK・BS2で映画ラスト・エンペラーが放映されました。約3時間半の映画ですので、DVD録画を並行させ、見逃さないよう万全の手を打って観ました。途中でぶらタモリを一緒に観たものですから、2画面で観たりしてしまいました。あの紫禁城の撮影シーンはすばらしいの一語につきましたね。溥儀のジョン・ローン、ジョンストン役のピ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

旅の想い出その5 中国山東省 ず博(ずぼ)市

今回の旅の想い出はアジアの町です。中国山東省の中央部に位置する淄博(ずぼ)市です。日本語読みですと”しはく”とも読みます。またまた、そんな町は知らない、耳にしたこともない、という声が聞こえてきそうですね。その通りです。私も行くまで知りませんでした。読み方も知りませんでした。山東省のこの町は観光ガイドにも載っていませんので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more