テーマ:横浜

横浜若葉台に大雪、でも春の足音も聞こえる

前回のアガサ・クリスティ、オリエント急行のブログに触発された訳ではありませんが、横浜若葉台に大雪が降りました。それで、横浜若葉台団地に放置された車から逃亡した犯人の足跡が雪の上に点々と・・・、などそんなことある筈もありません。日本の寒い冬の最中(さなか)「横浜若葉台に大雪、でも春の足音も聞こえる」と題するブログです。 一昨日、1月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くぐれぬ横浜ベイブリッジ、その対策は

「外国クルーズ船、大型化で横浜港を敬遠」などと衝撃的な新聞記事の見出しです。横浜港をなぜ敬遠? 横浜港のどこが原因で? などと言っても、この頃は、あの横浜を代表する建造物、横浜ベイブリッジの海からの高さがその原因であるとのことがすぐ判るようになりました。横浜ベイブリッジが海面から高さ55メートルしか?なく、大型客船で航行時水面からそれ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川県住宅供給公社 平成27年の株式会社化を断念、ということは横浜若葉台団地再生も無いのかな?

昨日のサンケイ新聞神奈川版に、神奈川県の黒岩祐治知事は神奈川県住宅供給公社を平成27年4月に株式会社化とすることを断念したとの報道がありました。 私、ふらぬいは約2年前に、 「神奈川県住宅供給公社民営化へ、まず横浜若葉台団地で団地再生を、えっ、若葉台団地再生」のブログで、平成27年4月をめどに神奈川県住宅供給公社を民営化、株式会社に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市の「オクトーバーフェスト2012」は、日本のビール発祥の地の秋の収穫祭です

今回のブログは日本のビール発祥の地である横浜でビール祭り「横浜オクトーバーフェスト2012」の開催を支援するブログです。でも、つれづれぶろぐですからためになる情報もきっと含まれていると思いますよ。しばしお付き合い下さい。 日本のビール産業発祥の地、横浜でビール祭り「横浜オクトーバーフェスト2012」が開催される。場所は横浜赤レンガ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アメリカンロブスター、東京湾で初の捕獲、目指せハマの名物!

本日の毎日新聞記事です。東京湾で「アメリカンロブスター」が捕獲されたニュースが載っていました。東京湾と申しましても広いですからね。実は神奈川県横浜市の八景島沖約8キロの海底(水深約50メートル)で捕獲されたのです。なんで「アメリカンロブスター」だと分かったのかなと少し気になったのですけどね。さらに言い換えて「アメリカウミザリガニ」とまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜若葉台の散歩道に桑の実と山桑(ヤマグワ)をみつけました

横浜若葉台は、もともと、山だったところに大規模高層団地を建設した(と伺っております)のですから、山に自生していた懐かしい木がそこかしこに見つかります。私の駐車場には、ひめこうぞの木があって実をつけて困ったと以前ブログで紹介したこともありました。 梅が咲いた、桜が咲いたと大騒ぎした(のは私、ふらぬいです)のはついこの間のことでした。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

横浜ナポリタン 本場イタリア、ナポリに初上陸、里帰りで故郷へ錦を飾れたのか?

横浜ナポリタン、スパゲッティの本場イタリア、ナポリに初上陸、里帰りで故郷へ錦を飾れたのか?のブログです。 本日の朝日新聞朝刊にスパゲッティの本場イタリア、ナポリに横浜ナポリタンが初上陸した記事が掲載されておりました。私、ふらぬいはなんで今更、横浜ナポリタンがスパゲッティ、パスタの本場イタリア、しかもナポリに初上陸することになったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜若葉台 サクラサク

横浜若葉台にサクラがサイタとのブログです。「な~んだ、つまらない」との言葉が聞こえてきます。でも、前回のブログで”青い桜”をタイトルに使ってしまった手前、どうしても”青い桜”を”桜色の桜”に戻しておかないといけないと考えたからです。あの、いつも私のブログに厳しいコメントを投げかける友人ですが、彼は横浜若葉台を「横浜のチベット」、横浜駅を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜若葉台の浅い春に妻恋鳥にめぐり会いました

春まだ浅い横浜若葉台の散歩道に妻恋鳥(つまごいどり)にめぐり会ったブログです。満開の梅、今回のブログでは白梅なのですが、白梅が咲き誇る林の中から、一羽の雉、きじ、きぎすとも言います、が、春まだ浅い未耕の畑、畠(はたけ)、白田(しらた)、水の無い田圃(たんぼ)のことです、に現出し、鳴き声も発せずに、白梅の林に戻っていきましたね。 昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜若葉台 帷子川源流の紅梅満開、小鳥のさえずりに心やすらぐ

昨日のことです。横浜若葉台に春を告げる鶯(うぐいす)の鳴き声が響き渡りました。あの「ホーホケキョ」の鳴き声です。この2,3日少し暖かくなり、ああやっと横浜のチベット?、横浜の木曽路?、と揶揄される山里、横浜若葉台にも春の訪れを知らせにやってきたのだと聞き惚れました。それで、もしかしたら鶯(うぐいす)またはメジロを今満開の梅と一緒にデジカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家のベランダに幼いひよどりがやってきました

今年は春の訪れが本当に遅いようですね。散歩でお見せした梅の木(紅梅)ですが、やっとのことで紅い花を開いてきました。あとは、メジロ、鶯(うぐいす)がやってくるのを待つだけとなりました。梅とメジロ、梅と鶯(うぐいす)、ブログでお見せできたら嬉しいのですがね。 昨日のことです、我が家にひよどり、ヒヨドリの親子がやってきました。我が家のベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確定申告の帰りにはやぶさの映画を観てきました

今年は梅の開花が2週間くらい遅れているそうですね。雪国の大雪の便りにはもうあきあきしてしまって、横浜若葉台のどこかに春を見つけることができないものかとデジカメ持参で散歩していても、なかなかシャッターチャンスをそそられるような機会にはめぐまれませんね。若葉台の散歩道にある紅梅も今や大きな蕾を枝いっぱいにふくらませていますが、なかなかその蕾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜若葉台の冬の散歩道に蝋梅(ろうばい)を見つけました

横浜若葉台の冬の散歩道に蝋梅(ろうばい)の木を見つけました。横浜若葉台の周回道路の内側、若葉台団地内にではないのです。以前、ブログで紹介しました、あの帷子川の水源から流れに沿ってその木はありました。帷子川源流を出て(?)、帷子川本流に注ぎ込むのですが、注ぎ込むすこし前の細い流れに沿い、間もなく暗渠に入るほんの少し手前に、その木はありまし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

横浜若葉台 横浜山里の秋日和(あきびより)

横浜若葉台に秋が忍び寄るブログです。題して、「横浜山里の秋日和(あきびより)」です。もう、横浜若葉台に秋が忍び寄るブログを、今まで何回か書いておりますので、またか、と仰る方も居られることと思います。そんな堅苦しいことなど仰らず、今回もよろしくお付き合い願います。 横浜若葉台は横浜市旭区の外れにあり、5~10分歩くと、横浜市緑区、横浜市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR横浜線を車掌と乗客を乗せない電車が走ります

JR横浜線、通称ハマ線を車掌と乗客を乗せない電車が走ります、というブログです。 こんなことで怒ったり、笑ったりしてはいけないのですが、なんとなく長閑(のどか)なJR横浜線(ハマ線)なら発生しても仕方がないのかなという電車の事故?です。まして、JR横浜線を車掌と乗客を乗せない回送電車が走ったのでもありません。あの、JR横浜線電車はも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR横浜駅大改修、新たなサグラダファミリアの建設工事が始まるそうです

JR横浜駅の建物の内部は、このうん十年、いつでもずっと改修工事が行われておりました。横浜が大好きで、少し口の悪い(?)友人からは、横浜駅は横浜のサグラダファミリアと揶揄されて呼ばれておりますと、ブログに書いたことがありました。私は横浜駅をサグラダファミリアなどと呼んではいませんよ。でも、友人が名付けた、横浜駅をサグラダファミリアの呼称は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜若葉台 帷子(かたびら)川の源流からつれづれぶろぐ

横浜若葉台は横浜市の外れ、山の中ほど、山の奥にあります。私と同じ横浜在住の友人からは横浜のチベットと揶揄され、そのように呼ばれております。彼の住まいとの違いは、最寄り駅に徒歩で行けるかどうかの差なのですがね・・・。しかしながら、急峻?な山懐に抱かれた場所も無い訳でもありません。横浜市の郊外ですから、市の繁華街から外れてはおりますが、自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜若葉台 春の色、春の音

横浜若葉台は四季の色が色とりどりでかつ鮮やかな場所でもあります。まもなく、梅から桜の季節ではありますが、今年は春の訪れがなんとなく遅く感じられます。でも、春の色、春の音は確かに感じられます。今回のブログでは、その春の色と春の音を感じていただきたいと思います。 まず、私が良く散歩する、若葉台の近くの畑です。野菜畑に種まきが始まってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の空での大晦日からお正月、30年前をつれづれぶろぐ

本日、2011年(平成23年)1月2日の横浜若葉台は好天に恵まれ、穏やかな正月を迎えています。以前ブログで、横浜のチベットに青海湖?として紹介した景色は、本日はこのようになっています。葦が遊水池の半分を覆い鴨も葦を避けて泳いでいました。水面にあのポタラ宮殿が映えることはありません。 若葉台球場もプレー出来る状態になっています。この…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

横浜若葉台に新しい湖、なんと、横浜のチベットに青海湖?が誕生です

関東地方は日本海で急速に発達している低気圧の影響で、11月2日、昨晩から、11月3日、今朝にかけて、一時的に激しい雨が降りました。東京都内の一部に洪水警報や大雨注意報まで出ましたね。被害を出したところもありました。 神奈川県の海老名市では午前7時半までの1時間で72ミリの記録的な豪雨となり、午前8時20分までの1時間で、神奈川県日…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

横浜ジェットコースターロード(横浜市緑区長津田、環状4号道路)の桜並木晩秋

横浜ジェットコースターロード(横浜市緑区長津田、環状4号道路)の桜並木をブログで紹介したのは、4月でしたね。あの時は桜が満開でした。ジェットコースター道路も良かったですが、美しい桜並木に見惚れましたね。横浜ジェットコースターロードと勝手に命名してしまった私、ふらぬいとしましては、この撮影ポイントは、横浜若葉台から、横浜の里山に入る散歩の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川県住宅供給公社民営化へ、まず横浜若葉台団地で団地再生を、えっ、若葉台団地再生

神奈川県住宅供給公社民営化へ、まず横浜若葉台団地で団地再生を。 少し古いですが、サンケイ新聞の神奈川版です。 神奈川県民以外の方はあまり関係ないローカルの話しですが、私共、横浜若葉台の住人にとりましては、大きなニュースでした。しかも、全国初、神奈川県住宅供給公社民営化へ、株式会社で団地再生、さらに、新会社は、手始めに高齢化が進む若…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

横浜山手ぶらぶら散歩、目指すはイタリア山庭園

先日、9月20日です。横浜そごうで買い物をして、思い立って横浜山手にでかけました。あるTV番組で紹介していた、イタリア山庭園を見てみたくなったからです。港の見える丘公園、山手には、いつもは手ぶらで出掛けて、2~3時間歩くのですが、今回はなんとデジカメ持参です。ブログを始めてから、山手に出掛けるのも初めてですので、横浜山手の良さ、異国情緒…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

横浜若葉台に秋が忍び寄ります

横浜若葉台に小さな秋をみつけたのは、先月、8月中旬の、暑い夏の真っ最中の頃でした。 今回は、あれから1ヶ月経過、”横浜若葉台に秋が忍び寄ります”と題して、前回お見せした秋がどのように忍び寄ってきているかをお見せしましょう。いつもの散歩道ですので、人も、所によっては、車も通りますので、せっかく見つけた小さな秋が無くなってしまうことも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑い夏の日、日差しを遮る木陰から、木漏れ日に思いを馳せ

分かりにくいタイトルですね。また、なんだなんだ?、の声が聞こえてくるような気がしますが、進めますよ。 今年は本当に暑いですね、今日は台風の影響もあって、横浜若葉台は雨模様ですが、台風が通過すると、また真夏の暑さに戻るそうです。私は、どちらかというと、夏の暑さのほうが冬の寒さよりは好きなのです。子供時代、北海道の田舎、空知郡上富良野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜若葉台の散歩道に小さな秋を見つけました

横浜若葉台の散歩道は何時でも何処にでも、何か新しく楽しい発見をすることができます。 今日も炎天下の散歩道に秋を待ちわびる小さな木々の営みを発見しましたよ。少し詩的な言葉を使いましたが、ただ単に、実りの秋に気が付きましたよ、が正解なのです。何をこの真夏の暑い時期に秋を待ちわびる、だなんて、ちょっとおかしくなっているんでないかい、な~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜若葉台の散歩道も大工事中です

横浜若葉台の団地内散歩道は長閑(のどか)で、せみや鳥の鳴き声を聞きながら歩くことができます。しかも、車の通行に遮られることもなく、約4Kmの周回歩道を歩くことができます。横浜の各地から、小さなリュックを背負った中高年の方が小さな集団で歩いているのをよく見かけます。また団地に、大きなグランド、おおきな公園、遊水池もあり、団地の商店で飲食料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜若葉台で凄惨な事件が発生、バッタがセミを捕食しました

横浜若葉台の散歩道に、セミの亡骸(なきがら)が転がっているのを見かけることが多くなりました。梅雨が明け、若葉台の夏祭りも終わり、暑い暑い真夏の季節になりました。朝から晩までセミの鳴き声が団地中に鳴り響いている今日この頃です。 いつもはセミの亡骸にアリが群がっていて、まもなくセミの躯(むくろ)すべてをアリの巣に運んで行き、散歩道もき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜若葉台の散歩道にきいちごをみつけました

横浜若葉台の散歩道できいちごを見つけました。野いちごではないんですね、きいちごなのです。ナワシロイチゴですね。可憐で可愛く懐かしい感じがしました。 写真は大きく拡大できます。 皆さんは、”野いちご”と”きいちご”の違いはご存じですよね。 野いちご、野苺:野生のイチゴの総称。通常は草本の種類を指し、キイチゴ類は含まな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜若葉台 春の山里をつれづれ散歩

横浜若葉台は若葉台1丁目から4丁目に約1万6千人の住人を有する大きな団地です。このように大きな町でありながら最寄り駅に出るのに、バス、自動車、自転車で出掛ける必要があります。そんな訳で、口の悪い友人から、横浜のチベットと言われているとの話しはぶろぐで何回か書きました。それを逆手に取って、約1里(懐かしい表現でしょう、1里は約4Kmです)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more