テーマ:朝日新聞

NHK籾井会長、「従軍慰安婦番組」作成は朝日新聞への「武士の情け」で行います

 2月に入って悲惨な事件が続き、ブログを書くことを躊躇しておりました。イスラム国の人質殺傷事件、子供や弱者を傷つけたり、殺めたり、また台湾航空機の大事故もあったりしましたしね。その代わりと言ってはなんですが、私、ふらぬい、小説を読んでおりました。本のタイトルは、二都物語(ディケンズ)、木曽義仲(山田智彦)そして、団塊の秋(堺屋太一)です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石、三四郎つれづれをつれづれぶろぐ

 朝日新聞の朝刊に夏目漱石「三四郎」全117回を106年ぶりに連載しておりますね。私、ふらぬい、小説本文につきましては今から45年以上前に読んでおりまして、時々このような場面があったかもなどと懐かしく再読?しております。「三四郎」連載の前は同じ夏目漱石の「こころ」が連載されておりました。どちらも、ふらぬいの大学時代に、現代日本文学全集「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビール減税、「第3」は増税 格差縮小へ政府・与党方針、それより世界最高レベルの税率改善が先では

 昨日、10月25日付け朝日新聞に「ビール減税、「第3」は増税 格差縮小へ政府・与党方針」との記事が掲載されておりました。でも、日本のビールに掛けられている酒税です(ビール77円、発泡酒47円、第3が28円、おのおの350ml缶)が、そもそも国際的にとんでもなく高い税率であること、政府・与党の方たちはすっかりお忘れでないかと危惧して書き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞社長「吉田調書」 本社の「命令違反し撤退」記事取り消し謝罪、ついでに「従軍慰安婦吉田記事」も

 昨日、9月11日、朝日新聞の木村伊量(ただかず)社長が会見を開き、東京電力福島第一原発事故の政府事故調査・検証委員会が作成した、吉田昌郎所長(昨年7月死去)に対する「聴取結果書」(いわゆる「吉田調書」)について、5月20日付け朝刊で報じた記事に誤りがあったことを認め、記事を取り消し、読者と東京電力の関係者に謝罪しました。責任者であるあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわゆる従軍慰安婦 誤報・捏造の朝日新聞 掲載記事を検閲(けんえつ)? その後のブログ

 本日、9月6日付朝日新聞に、「読者の皆様におわびし、説明します」との表題の記事が掲載されました。 「すわっ! 従軍慰安婦誤報、捏造、ついに朝日新聞も読者の声に負けて謝罪?」と、私、ふらぬいは考えたのでした。が、やはり、早とちりでしたし、間違っておりました。実は、前回ブログで取り上げました「池上彰さんの連載見合わせについて、読者の皆様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわゆる従軍慰安婦 誤報・捏造の朝日新聞は掲載記事の検閲(けんえつ)までやり始めたって本当?

 いわゆる従軍慰安婦の誤報(捏造:ねつぞう)検証記事を掲載してから、まもなく1カ月が経過しますが、朝日新聞は読者並びに日本国民に対してなんら謝罪もしておりません。また、朝日新聞の社説、天声人語さらにあの他人(他者)を貶める文言使いが得意?な素粒子でもまったくもって採りあげることすら致しておりません。  そう言えば、いわゆる従軍慰安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞 「慰安婦報道」で「誤り」、続きのブログ

 朝日新聞「慰安婦報道」で誤り、続きです。相変わらず、「慰安婦誤報道」での朝日新聞の読者または日本国民の皆様への謝罪はありませんが・・・。 朝日新聞「慰安婦報道」が触れなかったことと題して、昨日、8月10日付け、msn産経ニュース記事に、私、ふらぬいが「これこそ朝日の捏造」とブログで書いた、その重要部分が書かれておりました。1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞、慰安婦報道で「誤り」を認め、一部記事取り消しをつれづれぶろぐ

8月6日付読売新聞に、「朝日新聞、慰安婦報道で「誤り」を認め、一部記事取り消し」との記事が掲載されましたね。私、ふらぬい、朝日新聞の慰安婦問題を考えるの(上)、(下)記事を熟読して、やはり、朝日新聞は従軍慰安婦問題で日韓関係をこじらせてしまった張本人であって、しかも、誤報や捏造記事で、韓国人ばかりでなく世界中に日本国や日本人を貶(おとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽田からHANEDAへ、ん? TOKYOではないの?

昨日、3月4日付け朝日新聞夕刊1面のトップに「羽田からHANEDAへ」と大きな見出しがありました。国内線の羽田空港から国際空港としてのHANEDAに変身している様子が紹介されておりました。 朝日新聞の揚げ足取り?ブロガーの私、ふらぬい、「羽田からHANEDAへ」じゃなくて、「羽田からTOKYOへ」ではないのですかと、「ん? TOKYO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルジェリア人質事件 ”企業戦士”の理不尽な戦死

アルジェリア人質事件、1月23日現在、日本人人質が7名死亡、3名が依然安否不明との情報です。安否不明の3名ですが、アルジェリア軍とテロ集団とのあいだの戦闘の状況などを伝え聞くに、こちらも生存は厳しいとの観測ですね。被害に遭われた企業戦士たちの無念、また無事を祈り続けていた遺族や日揮関係者の悲嘆はいかばかりかと思います。それで、このような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞経済気象台コラム、中国の今後をつれづれぶろぐ

昨日の朝日新聞「経済気象台」に良質のコラムが掲載されていましたので、つれづれぶろぐしてみます。 タイトルは「中国の今後」とあります。経済気象台の筆者は以下のように書き始めます。 「先週から中国各地で反日デモが続発し、日系の工場や百貨店などが破壊、放火された。デモの域を超えて暴動というべきケースもあり、衝撃を与えている。後遺症…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日中関係―いがみ合うだけでなく、大人の対応を、でも相手が不誠実で大人でない国にでもそうするの?

「日中関係-いがみ合うだけでなく、大人(おとな)の対応を」と朝日新聞の社説にありましたね。でも、もし相手が不誠実で大人の対応がとれない国の場合でもそうするの?と自問自答するブログです。 久しぶりに朝日新聞社説です。朝日新聞社説の筆者に「言葉を選ぶのはどっちだ」などと批判してから、しばらくは、”いがみ合い”そして、お互い”しかと”状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

告発サイト「馬鹿のいないロシア」 大統領が開設へ、まさかね

本日の朝日新聞朝刊に、”告発サイト「馬鹿のいないロシア」 大統領が開設へ”、との記事が掲載されていました。私は、何故開設への後ろに疑問符、クエスチョンマーク(?)が付与されていないのか不思議に思いました。それで、”まさかね”、と付け加えたのは私、ふらぬいです。それはですね、ロシアには「イワンの馬鹿」という文豪、レフ・トルストイの童話があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

減る公衆電話、設置場所をHPで公開へ。えっ!なんでそれだけ?

「減る公衆電話、設置場所をHP(ホームページ)で公開、NTT 来年4月にも」、と先日の新聞記事にありました。公衆電話が新聞の紙面を飾るのも久しぶりですね。まさか、携帯電話やスマホに追われて公衆電話は死語(?)にはなっておりませんでした。でも、公衆電話とは、公衆が料金を払って自由に使えるよう駅や街頭、店頭などに設置した電話のことですからね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会閉幕―動かぬ政治に絶句するつれづれぶろぐ

「国会閉幕-動かぬ政治に絶句する」、本日の朝日新聞社説です。動かぬ政治に絶句、絶句ですから話の途中で言葉に詰まることです。そう言えば、朝日新聞は社説で、「年金の減額-本来の水準に戻そう」、「社会保障と税の改革-消費増税はさけられない」、さらに、「公務員給与-引き下げ法案を通せ」と叫んでおりました。実は私、ふらぬいはいづれの社説にも、ブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対サイバー攻撃官民連携会議立ち上げ! えっ、なんで今頃

先日来、新聞紙上を賑わしている衆議院(衆院)サイバー攻撃ですが、この日本の良識の府である国会、衆議院のネットワーク、誰しも破ることができないと言われていた(?)ウイルス感染防御網がいとも簡単に破られたのです。「衝撃的な事態」を憂慮、認識した、現政権党の政府並びに経済産業省官僚(あの原発事故、TPP参加問題等々で忙しいはずの)が、10月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞社説 野田氏の発言―言葉を選ぶ器量を持つ、ん? それは朝日新聞もでは

本日の、8月18日付け朝日新聞社説には驚きましたね。時々、朝日新聞はおかしな社説を掲載して、私には理解不能に陥ることがあるのです。どなたが、どのような根拠でこの社説を書いているのだろうと思うことがあるのです。今回がそれにあたりましたので、ブログに書いてみたくなりました。「言葉を選ぶ器量」、さらにどこかの国(中国と韓国ですよ)が日本批判に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「原発事故 日本の評判に傷」と、シンガポールのリー・クアン・ユー氏

本日の朝日新聞に、日本とアジアの現状、リー・クアン・ユー氏に聞く、とのインタビュー記事が掲載されていました。リー・クアン・ユー氏は1965年のシンガポール独立以来、長年に亘って首相を務め、シンガポール国の発展に大きく貢献された方ですし、その識見には敬意を払い、かつ注目をしておりました。そのインタビュー記事の中で、東日本大震災と原発事故に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ケータイ電磁波 WHOが注意喚起「発がん性の可能性」をつれづれぶろぐ

ケータイ電磁波 WHOが注意喚起「発がん性の可能性」と主要新聞に記事が掲載されていました。また、TVでも大きく報道されていましたので、皆さんご存じと思います。携帯電話の電波が、う~ん、発ガン性の可能性ね。WHOが注意喚起している。しかも、ケータイ電磁波が発ガンの可能性についてね。なにを今更、と考えてしまったのがこのブログです。 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発用無人ロボット、活用場面無しと廃棄、未必の故意で刑事被告人になるのは誰?

原発用無人ロボット、活用場面無しと廃棄、未必の故意で刑事被告人になるのは誰?と題するブログです。 福島第一原発事故収束の光が全然見えてきません。さらに被害が拡大しているようにも見えますね。確認できていないと言い続けていた東京電力にとっては、炉心溶融(メルトダウン)も確認されました。原発用のロボットが無いことで、その理由付けが出来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大型連休-そうだ 東北へ行こう

「大型連休-そうだ 東北へ行こう」、この文言は、あのJR東海の「そうだ 京都、行こう」のキャッチコピーに似ています。ですから、JR東日本の今年のゴーデンウィークのキャンペーン用として準備していたものかなとも思ってしまいますね。でも、本日、4月28日の朝日新聞朝刊の社説のタイトルは「大型連休ーそうだ 東北、行こう」でしたからね。実は、私は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無謬(むびゅう)経営と無謬政治の末路をつれづれぶろぐ

無謬(むびゅう)経営と無謬政治の末路をつれづれぶろぐします。末路ですから、どちらも破綻(はたん)に繋がるのですが・・・。そうであってはいけないとの意味を込めたブログです。 昨日、4月18日の朝日新聞朝刊のコラム「経済気象台」に、”無謬(むびゅう)経営の末路”と題して、無謬の思想が経営者のあたまの中に入ってくると企業は大混乱を起こす…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発事故レベル7に、こちらこそ想定外です

福島第一原発の事故が4月12日、「深刻な事故」とされる国際評価尺度(INES)レベル7に引き上げられました。あの思い出したくもない、旧ソ連・チェルノブイリ原発事故と同じレベルですね。でも、あのチェルノブイリ事故に比べると福島第一原発の事故での放射性物質の放出量はその1割程度なのだそうですが、もうこれ以上重大な事故はないレベルになったのだ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

単1乾電池足りない!大手フル生産 懐中電灯復権で特需

東日本大震災のブログではなかなかつれづれぶろぐにはならないのですが、今回のブログは、つぶやきから少し、つれづれぶろぐに近づいているかもしれません。 昨日、3月25日の夜、私の住んでいる横浜若葉台は、計画停電の第2グループに属するため、午後7時から8時30分ころまで約1.5時間の停電がありました。いつもの3時間の半分ほどでしたが、薄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽田空港の本格的な国際化はひとまず完了、まさかねぇ

「羽田空港の本格的な国際化はひとまず完了」、先日の朝日新聞の記事です。 えっ、ちょっと待って下さい。まさか、しばらくこのままで、ほったらかしてしまって、どうするのですか? それで、私が好きな文言、まさかねぇ、を付けたブログです。少し、文言、言葉に抵抗感をもたれた方、リカバリするのに頑張りますからね。 朝日新聞は、羽田空港の本格的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮沢賢治、双子の星をつれづれぶろぐ

「双子の星」の物語は、”チュンセ童子”と”ポウセ童子”の物語です。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」(新潮文庫)の一番最初の物語として登場します。二番目の物語としては、私が大好きで、あのはやぶさブログに何回も使った「よだかの星」の物語が掲載されています。なんにも無くて話しを進めるのもなんですから、何度も読んだ本で、”断捨離”を免れた宮沢賢治の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新幹線混乱「人為ミス」であると、まさかね。で、真の原因は?

新幹線混乱「人為ミス」、JR東謝罪、システム表示を誤解、と本日(1月19日付け)の朝日新聞が伝えていました。 私は新幹線に「人為ミス」発生、大混乱ですから、すわっ!大事故発生か?と考えてしまいましたよ。嘘です。でも、あの正確無比、世界一安全な日本の誇る新幹線ですから、事故が発生したとしても、死者やけが人が出なくて良かったと思いまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームドア普及に障壁、かさむ工事費・列車ドア数様々、だからどうなの

「ホーム事故最悪ペース、転落・列車と接触その原因は酔客(酔っぱらい)が6割」と刺激的な記事が出ていました。おとといの朝日新聞朝刊です。駅ホームでの人身事故が最悪のペースで増えていることが国土交通省のまとめで分かったそうです。特に近年は酔客(酔っぱらい)による事故の増加が目立っているとのこと。国土交通省や鉄道各社は年末から車内放送やポスタ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

兎は跳ねるから卯年は跳ねるんですって、兎の話しをつれづれぶろぐ

本日の朝日新聞、天声人語に懐かしい格言が載っていました。株を守る諺です。今の若い人たちは農作業がらみのこのような文章を学校で習うのかどうか自信はないのですがね。株を守る、守株(しゅしゅ)と発音しますね。私も漢文で習った気がします。韓非子(かんぴし)に出てくる文章です。守株(しゅしゅ)ではなく、株を守る、と習いました。また、そのように理解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反日デモ、実は官製、中国政府が指導

10月16日に中国四川省成都などで起きた尖閣諸島問題をめぐる大規模な反日デモは、翌17日、同省北部の綿陽に飛び火し、住民の目撃情報によると、1万人以上の若者らが「日本商品排除」などを叫びながら、市中心部を練り歩いたのだそうです。パナソニックの販売店や日系飲食店のガラスが割られ、日本車が襲撃された有様が日本の各TV局の番組で放映されていま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more