平成30年 東京・横浜花見散歩のブログ

しばらくブログを更新しておりませんでしたが、やはり桜の季節には日本人、桜に浮かれてそこかしこを歩き回りたくなりますね。私、ふらぬいは生まれも育ちも北海道ですから、道産子はほんとうは桜には浮かれないものなのです。「そだねー」の同意が道産子の方から得られるとうれしいのですが・・。
私、ふらぬいは北海道を離れて、横浜在住、まもなく50年になります(本当は48年です)ので、もう桜には少なからず思い入れを寄せることも多くありますね。桜のブログも何度かしたためてきました。でもまだ満開の桜の花の下で宴会を催す(つまり、飲んで、食べて、歌って、踊ること)には、少なからず抵抗があります。でも桜を愛でる気持ちは日本人としてありますよ。
かって、ブログでも紹介しましたが、アメリカ、ワシントン、ポトマック河畔の桜には感動しましたからね。他の国の桜はどうかと言いますと余り記憶にありませんが。なんと言いましても桜があるのかどうか、また桜が咲き誇る季節にその国を旅していたのかと言うこともありますからね。

わが町、横浜若葉台は先週、桜が満開になり桜祭りが開催され、多くの住人、観光客が集い、桜を愛でたとのことです。地元横浜若葉台は桜の名所でもあります。

実は私、ふらぬいは先週、そんな桜の名所である、地元横浜若葉台を離れ、東京、横浜の桜の名所を駆けめぐっておりました。

先週火曜日、3月27日には迎賓館赤坂離宮を訪ねておりました。迎賓館赤坂離宮の本館、正門、主庭噴水池等は2009年、国宝に指定されております。

画像


画像


美しい枝垂れ桜もありました。
画像


こちらが迎賓館赤坂離宮正面側です。
画像


迎賓館赤坂離宮のホームページを貼り付けますね。
https://www.geihinkan.go.jp/

なんと迎賓館赤坂離宮内の写真撮影は禁止だったものですから。

あっ、そうそう、迎賓館赤坂離宮を出て、日枝神社の桜、首相官邸の桜を外から眺め、国会議事堂に出かけました。こちらは桜を愛でるものではありませんでしたが、衆議院の館内を見学しました。この日の午後、あの財務省の資料改竄からみの証人喚問が行われておりました。そのちょうどその時分、衆議院の見学をしておりました。なんと高校時代の修学旅行以来の見学でした。それがなにか、と言われそうですが。

国会議事堂です。
画像


桜の木は写っておりませんでしたね。失礼しました。ただ、47都道府県の木が議事堂内の庭に植えられているのを見学しました。そこに桜の木があったかは見逃しました。

実はその後、築地に出かけ築地本願寺お参りと、築地場外市場で海鮮丼とビールで打ち上げをしたのでした。

3月30日には現在横浜ではちと有名になっております大岡川沿いに植えられた桜を見学に行きました。露店も多く出ており、また多くの家族が大岡川沿いビニールシートを広げ祝宴を行っておりました。賑やかでしたよ。
画像


遠くにみなとみらいのランドマークタワーが見えますね。大岡川は手前から、向こう側に流れます。

画像


横浜の地下鉄弘明寺(ぐみょうじ)駅から同じ地下鉄蒔田(まいた)駅まで歩き、ほのぼのとした花見でしたよ。

また、3月31日には今や有名になっております東京目黒川の桜を見学(こちらは花見ではない?)にでかけました。東急、東横線中目黒駅で電車を降り、目黒川沿いの華やかな?桜を見学してきました。

中目黒駅を降ります。
画像


なんと言いましても人が多いのです。こちらは露店がなく、川沿いのお店がいろいろなものを提供してくれているようです。また若者が多く、外人さんもとても多いのが特徴です。川沿いの桜は観賞できますが写真に撮る場合は橋の上からしか無理なようです。橋から撮ったものを貼り付けますが、目黒川の桜なんですよ。

画像


画像


画像


画像


目黒川の桜(の花見のこと)はなんとなく都会風で、垢抜けしている感じがしました。でも人の多さには少しげんなりと言ったところでしょうか。

私、ふらぬい、横浜大岡川の桜も、東京目黒川の桜も愛でるのは初めてです。テレビの中継では何度も観ておりました。でも、横浜の弘明寺に出かけたのも、東京、中目黒に出かけたのも45年ぶりくらいですね。東急東横線日吉、横浜市です、から出かけました。当時は仕事がらみか何かで桜を愛でるのが目的ではもちろんありませんでしたが・・。

今年の桜は日本各地とも皆早咲きで桜の花見と浮かれているのもまもなく終わりますね。私、ふらぬい、東京・横浜の花見散歩を楽しんでまいりましたとのブログでした。失礼しました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック