よこはまふらのつれづれぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第36回東京ふらの会は11月28日(火)、新宿伊勢丹の向かい、クルーズ・クルーズ新宿にて開催されます

<<   作成日時 : 2017/09/08 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京ふらの会は、東京都及びその周辺の地域に居住する、北海道富良野沿線出身者、または、かって、北海道富良野沿線に居住したことのある者及び北海道富良野沿線にゆかりのある者により構成されるふるさと会です。そのふるさと会の集まりも、回を重ね、今年度が第36回目にあたります。、その第36回東京ふらの会(総会・懇親会)を、11月28日(火曜日)、新宿伊勢丹の向かい、クルーズ・クルーズ新宿で開催することになりました。

東京ふらの会では本開催を責任もって会員の皆様にお伝えいたしたく考えております。つまり、会員の皆様には来月、10月中旬頃には案内ハガキが送られてきます。ただ、新規に今回の第36回東京ふらの会から参加してみたいと考える方には、後述しますように東京ふらの会のホームページから参加できますので、その旨をお伝えしたいと、私、ふらぬい、考えております。お付き合いください。

今年の日本の夏は日本各地、暑い時期もあり、風雨に悩まされた時期もありました。早、9月に入り、夏から秋の訪れが間もなくやってまいります。この夏、東京近郊の各テレビ局では北海道を旅する番組や、北海道の食を愉しむ番組が数多く放映されましたね。熱い夏は定番として北海道ものが好まれる?として、北海道の雄大で美しい自然や北海道の農産物、水産物、畜産物紹介、そしてそれらをふんだんに使った料理紹介も目につきました。あっ、これは私、ふらぬいがそう感じただけですが・・・。しかも、これも私、ふらぬいが勝手に思っただけですが、テレビの旅番組で、夏の北海道を旅するものとして、美瑛・富良野の(雄大な)自然と食べ物が数多く紹介されていたように(ふらぬいが勝手に)思うのですね。
もともと、美瑛は丘の町で有名で、写真家の前田真三さんが美瑛を有名にしたように思います。それと、今話題沸騰の青い池は素晴らしい観光スポットですしね。さらに、野菜料理、肉料理など、観光客を迎え、それらを提供する施設も整っているようです。富良野はいまや美しい自然とラベンダーを始め美しい花々、メロン、アスパラ、じゃがいも、タマネギなど畑作物の産地でもあります。畜産も盛んで、牛肉、豚肉、シカ肉とチーズ、ワインも有名ですからね。観光客も多くやってくる訳です。
私、ふらぬいの幼少の頃は、ビート、アスパラ、たまねぎとじゃがいもが主たる農産物だったように思いますけどね。他にも何かあったのかなぁ・・・。(私、ふらぬい、富良野沿線に住んでいたのは10年間ですので、ちと間違っているかも・・・)

でも、倉本聰さんが富良野に来られて、あのテレビドラマ、「北の国から」が始まって富良野沿線は変わりましたね。その後、「優しい時間」、「風のガーデン」等々話題のドラマが全国放映され、富良野、ふらの、フラノの名称がメジャーになっていったように思います。日本国内、都市の魅力度ランキングでは名だたる大都市を抑え、毎年5〜8位にランクされています。すごいことになっているのです。

私、ふらぬいの故郷、上富良野(かみふらの)町もあくまで富良野沿線の一つの町でありまして、もしかしたらご存知ないかも知れないですが、「大麦畑でつかまえて」とか「農業女子はらぺ娘(こ)」で全国放映されております。しかしながら、”かみふらの”の知名度はいまいちだったように思います。中富良野(なかふらの)町は冨田ファームのラベンダーが全国的に有名になっております。今年も観光客が大勢押しかけました。南富良野(みなみふらの)町は高倉健の鉄道員(ぽっぽや)の舞台になりましたしね。町の中心の駅、幾寅(いくとら)駅が幌舞(ほろまい)駅になっておりました。富良野沿線で唯一の村、占冠(しむかっぷ)村は農業が主要産業ですが、同村のトマムが一大観光地で売り出し中ですからね。富良野沿線市町村はそれぞれ大きな可能性と発展を期待される市町村なのです。

あっ、そうそうこのブログ、関東一円に在住する富良野沿線市町村、富良野市、上富良野町、中富良野町、南富良野町、占冠村の1市、3町、1村の出身者、かって在住された方および富良野沿線市町村が大好きな方たちの集まりであります「東京ふらの会」、その第36回東京ふらの会の開催日がきまったことを皆さんにお知らせするブログなのでしたね。

少し、トーンを改めますね。も一度いきますよ。

第36回東京ふらの会総会・懇親会は11月28日(火)、新宿伊勢丹の向かい、クルーズ・クルーズ新宿での開催が、先月末、8月30日に行われた東京ふらの会(役員)幹事会で決まりました。東京ふらの会会員の皆さん、並びにこれから東京ふらの会の会員になろうとする方に報告させていただきます。それで、東京ふらの会の概要、入会方法についても、東京ふらの会ホームページに紹介説明等がありますので、東京ふらの会に興味がある方は、最後までお付き合い下さい。

なお、報告すべき第36回東京ふらの会総会・懇親会の内容詳細については現状で全てが決まっている訳ではありませんが、とにかく、東京ふらの会会員のため、また東京ふらの会に興味があり、入会、参加したいと思われている方のために、第36回東京ふらの会総会・懇親会で決定している内容について記述します。

第36回東京ふらの会総会・懇親会は以下の通り開催されます。

1.総会・懇親会の開催日時 : 平成29年11月28日(火) 午後6時〜8時15分

2.会場 : クルーズ・クルーズ新宿(最寄り駅は新宿駅そして地下鉄新宿三丁目です。)
       東京都新宿区新宿3−5−4 レインボウビレッジ8・9F
       http://www.ginza-cruise.co.jp/shinjuku/l

3.会費 : 前回と同じ8000円/人の予定です。
        なお、ご夫婦、ご家族での会費は割引になります。二人めは4000円、三人め以降は3000円。


4.内容(催しもの、お土産等): 楽しい催しものと嬉しいお土産を期待して下さい。前回以上を期待しましょう。

5、案内状発送 : 一般会員向けに10月初、中旬を予定しています。11月10日(金)が
            出欠締切予定。

なお、第36回東京ふらの会総会・懇親会開催準備のための会合を、あと3回ほど開催して総会・懇親会の内容詳細を詰めてまいります。

それらの詳細につきましては東京ふらの会ホームページに記載されます。現状ではまだ更新されてはおりませんが、第35回までの東京ふらの会総会・懇親会の様子がスナップショット写真で確認できます。東京ふらの会の概要、入会方法についても記載されております。

東京ふらの会ホームページです。
http://www.tokyofuranokai.jp/

東京ふらの会を構成する北海道富良野沿線市町村ですがば、北海道第二の都会、旭川市の旭川駅から電車(気動車です)に乗り、JR北海道の富良野線で下ってきますと、上富良野町、中富良野町、富良野市がありますね。富良野線は富良野駅が終点ですので、富良野駅で、これもJR北海道の根室本線に乗り換え、やはり気動車で南富良野町に着きます。占冠村はJR北海道の石勝線にあります。富良野沿線1市3町1村は北海道の中央部の広大な地域にわたっているのです。
上富良野町、中富良野町、富良野市はまとめて”ふらの”と呼ばれることが多いのです。もともとは同じ村から発展して分かれていったものでありまして、カミフ、ナカフ、フラノとカナ3文字の略称が使われます。いずれも”フ”にアクセントが置かれます。南富良野町は最近はナンフと呼ぶこともあるそうですが、残念ながら南富良野駅がありませんので、どこまで認知されているか、私、ふらぬいにはちと分かりません。でも南富良野(みなみふらの)町は農産物、畜産物さらに観光地として道内外から脚光を浴びている町なのだそうです。さらに、私ども年長者は”シメカップ”と呼ぶ、占冠(しむかっぷ)村ですが、もう北海道の大動脈になっている石勝(せきしょう)線が開通して、占冠駅とトマム駅が開業し、さらに道東自動車道が全線開通し、札幌方面へのアクセスが格段に良くなり、農業と観光の村として大変身し、一躍脚光を浴びる村になりました。この両駅には特急列車が停車します。普通列車(各駅停車のこと)は両駅には停車しないのです。石勝線には普通列車は運行していないからです。
このことを裏付ける事象が先月、8月23日、NHK−BSで放映された”六角精児の飲み鉄本線日本旅「夏・石勝線を呑む!」”でありました。石勝線にありながら、占冠駅とトマム駅、いづれも占冠村の駅は通過してしまいましたからね。

以上が第36回東京ふらの会開催にあたっての連絡です。皆さん是非参加してくださいね。
以下に富良野沿線市町村に関係する資料というよりWEB情報を貼り付けますので興味ある方はアクセスしてください。

富良野沿線市町村の自治体が公開しているホームページを貼り付けます。富良野沿線市町村ではどのようなイベントが行われているかが分かります。

@富良野市
  http://www.city.furano.hokkaido.jp/

A上富良野町
  http://www.town.kamifurano.hokkaido.jp/

B中富良野町
  http://www.town.nakafurano.lg.jp/

C南富良野町
  http://town.minamifurano.hokkaido.jp/

D占冠村
  http://www.vill.shimukappu.lg.jp/

現状で東京ふらの会に届いている大きなイベントといたしましては、上富良野誕生120年を記念して、上富良野町で11月12日開催される「NHKのど自慢大会」が行われるそうです。また、南富良野町の50年記念行事などがあります。また、東京で行われる予定の、上富良野町と三重県津市の友好都市提携20周年行事が東京日本橋の「三重テラス」(三重県のアンテナショップ)で10月25、26日開催予定とのことです。

次に、富良野沿線各市町村の観光協会などが作成している観光案内です。(これはかなりの頻度で更新されています)

@富良野市
ふらの観光協会
http://www.furanotourism.com/jp/
A上富良野町
かみふらの十勝岳観光協会
http://www.kamifurano.jp/
B中富良野町
中富良野町観光協会
http://nakafukanko.com
C南富良野町
南富良野町観光情報
http://town.minamifurano.hokkaido.jp/sightseeing
D占冠村
占冠村づくり観光協会
http://shimukappu.com/

富良野沿線各市町村の特徴が出ていて興味がわきますでしょう。富良野沿線市町村はすべて観光地のようです。

富良野の観光ビデオについては第35回東京ふらの会開催ブログで貼り付けましたので、今回は富良野の空撮ビデオを貼り付けます。美しい富良野の自然を空から眺めることができます。Shinji Kawamuraさんの空撮だそうです。

富良野の空
https://www.youtube.com/watch?v=mxaLL6roKGU

第36回東京ふらの会は11月28日(火)、新宿伊勢丹の向かい、クルーズ・クルーズ新宿にて開催されます、とのブログでした。

第36回東京ふらの会への参加、よろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第36回東京ふらの会は11月28日(火)、新宿伊勢丹の向かい、クルーズ・クルーズ新宿にて開催されます よこはまふらのつれづれぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる