横浜若葉台あじさい満開 あじさいに「ななふし」 あじさいに「くまんばち」のぶろぐ

 もう6月、水無月(みなづき)も終わりに差し掛かり、まもなく7月、文月(ふみつき)を迎えます。今年もまもなく半年を過ぎますね。月日の経つのは速いものです。「光陰矢のごとし」を実感しております今日この頃です。今は梅雨時の横浜若葉台、あじさい(紫陽花)は今満開です。色とりどりの西洋あじさいが大輪の花を咲き誇ります。また、可憐で清楚そして凛と美しい、がくあじさい(額紫陽花)も見る人の心を和ましてくれます。私、ふらぬい、和みのがくあじさいに心癒されますね。梅雨の時期はまだ続いております。しとしとと優しい雨が降る横浜若葉台の梅雨の季節にぴったりの花のように思います。そんな雨の最中にデジカメで撮ってきたあじさいをお見せする訳にはまいりませんで、梅雨時の晴れ間(6月29日)の若葉台の周回道路そして若葉台散歩道に咲き誇るあじさいをお見せしますね。

横浜若葉台周回道路のあじさいです。横浜市緑区(三保市民の森)と横浜市旭区若葉台の境界を為す石(コンクリート?)の壁の上部を彩ります。
画像


ここでは、あじさいの花が歩行者の目線で眺められます。周回道路は下り勾配であじさいの花が歩行者の目線から高みに離れます。
画像


この場所では車の運転手も歩行者もあじさいがかなりの高みにあって気が付かないのかも。
画像


この若葉台周回道路(車道で横浜市旭区にあります)の石の壁の奥は三保市民の森です。そして、そちらには西洋紫陽花が青色、紫色、赤紫色の大輪の花を誇らしげに咲き乱れて?おりました。ここは、かって(今年の正月時)ふらぬいが、三保市民の森の”きじが原”から富士山が望めますと紹介したところです。今ではいくら天候が良くても富士山を眺めることはできませんが・・・。
画像

画像

画像


若葉台団地の中の散歩道の両側が(あじさいの)壁?となって咲き誇る白色の西洋アジサイ群です。地味(地質)の関係でこの場所で咲くあじさいは大輪の白い花が多いのです。
画像

横浜若葉台の散歩道で大木が行く手を遮る場所はここだけですから、若葉台住人はどの場所か分かります。
画像


横浜市緑区長津田の大規模農地近くの若葉台周回道路(人と自転車のみが通行可)のはずれにひっそりと咲くアジサイ群です。この場所のあじさいは西洋アジサイ、がくあじさい(額紫陽花)と各種あじさいが揃っています。大輪の花をつけるのが他の場所のものより時期的に遅れています。色とりどりのあじさいが満開を迎えるのは1~2週間後なのかも知れません。
画像

こちらの人通りはいつも少なめです。
画像


場所は秘密ですが青のがくアジサイの葉に”ななふし”が張りついていましたよ。
画像


ななふし(竹節虫)とは
http://mushinavi.com/navi-insect/data-nanafusi_modoki.htm

画像


確かにあじさいの葉にしがみついているのがお分かりになりましたか。

どこかあの台湾、台北市にある国立故宮博物院に展示の「翆玉白菜(すいぎょくはくさい)」の”キリギリス”か”いなご”の感じでしょうか。ふらぬいは「映画ラストエンペラーの思い出ブログ」で「翆玉白菜」、写真でお見せしましたよね。あの印象ですね。あっ、そう言えば、この「翆玉白菜」、上野公園にあります東京国立博物館で行われております「台北国立故宮博物院」展で6月24日~7月7日展示されておりますと。もし、現物を見たことがありませんでしたら、「台北国立故宮博物院」展でご覧下さい。必ずや感動しますよ。あじさいに”ななふし”以上の感動が得られます。でも、私、ふらぬいのあじさいに”ななふし”もいいものでしょう。

同じ青色の”がくあじさい”に”くまんばち”、熊蜂(くまばち)です、が蜜を集めにやってきました。ほんの短時間あじさいに降り立った時に撮ったのですが・・・。

画像


くまんばち(熊蜂)とは
http://www.insects.jp/kon-hatikuma.htm

こちらは飛行中の”くまんばち”です。お分かりになりますよね。
画像

くまんばち(熊蜂)はみつばちの仲間ですが、蜜集めのせわしなさ(忙しく、かつ落ち着きがない様)は格別ですね。私、ふらぬい、くまんばちが、あじさいの花につぎから次に渡る様を見て、リムスキー・コルサコフの「くまんばちの飛行」の音楽を思い出しました。確かリムスキー・コルサコフの作曲、ハチャトリアンは「剣の舞」の筈・・・。どちらも賑やかな音楽で、梅雨時のあじさいには似合わない? そうでもないかな・・・。

清楚、可憐、そして、凛とした”がくあじさい”でした。接写してみたのですが・・・。
画像


トカゲ君もがくあじさいが好きなのかな?
画像


あじさい(紫陽花)と言いますと、私、ふらぬい、”がくあじさい”が日本生来のあじさいであり、大輪の花を咲かせるのは外国生まれの西洋あじさいと憶えているのですが、なかなか一筋縄(ひとすじなわ;普通の方法、尋常の手段、やり方)では説明や紹介がうまくいかないようです。あの東慶寺でみた「イワガラミ」もあじさいの仲間であると後から知りました。
そんなところを紹介してくれるあじさいのページ、貼り付けますね。

あじさい
http://matome.naver.jp/odai/2009060414235088935

あじさい曼荼羅園
http://www.sukuma.or.jp/ajisaimandara/shurui.htm

そう言えば、神奈川新聞カナロコに鎌倉・明月院のあじさいを紹介している「YouTube」を見つけました。貼り付けます。2014年6月14日に撮影したものだそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=aQbnmfFOOUc
ブログのお口直し?にどうぞ。
横浜若葉台のあじさいを紹介する「YouTube」が見つかりましたら、そちらに貼り換えます。
そこまでしばし我慢のほどを・・・。失礼しました。

横浜若葉台あじさい満開 あじさいに「ななふし」 あじさいに「くまんばち」のぶろぐでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

十勝岳
2014年07月07日 21:42
初めまして。大滝秀治さんの検索をしている内に貴ブログにたどり着いて同じ故郷で懐かしくアチコチ覗いて見ました。因みに富良野高校昭和40年卒です。
宜しくお願い致します。
2014年07月13日 19:39
ニックネーム十勝岳さんからコメント頂きました。有難うございます。大滝秀治さんをブログで取り上げたことはあまり多くはありませんでしたが、北海道が舞台のドラマではなくてはならない方でした。「北の国から」、「うちのホンカン」、「大麦畑でつかまえて」のドラマの演技はお人柄が出ていて大好きでしたね。またブログで取り上げることもあると思います。私は昭和41年富良野高校卒ですから、もしかしたら学校内でお目にかかっていたのかもしれませんね。今後ともよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック