季節の色、数字の色のつれづれぶろぐ

 横浜若葉台、5月半ばの季節はそこかしこに木の葉が芽吹く季節というか、もう完全に木の葉が茂り、若葉の季節から青葉の季節に季節が移りつつあります。横浜若葉台の自然に触れる旅人は、朝早くちいさなリュックサックを背負ってやってきます。朝早くやってくるのはそれなりにお年を召した熟年の元気な人たちですね。彼らは自然あふれる横浜若葉台に四季の彩(いろどり)そして季節の移ろいを求めてやってくるようです。私、ふらぬいも季節が春から夏に変わりつつある様を若葉台のそこかしこに見つけておりますよ。梅が咲いた。桜が咲いた。雀や目白を梅の木にを見っけ、とか、鶯の鳴き声に聞き惚れ、藤が咲いた、躑躅(つつじ)が咲いた、花みずきが咲いた・・・などですね。もう間もなく、紫陽花(あじさい)の季節になるのです。鎌倉行はもう間もなくですよ。そのあいだ、フジテレビで放映中のドラマ「続・最後から二番目の恋」で、鎌倉、極楽寺、由比ヶ浜の自然を愉しんでおりますけどね。
あっ、朝早くリュックサックを背負って横浜若葉台の自然を楽しみにやってくる人たちは、若葉台の公園で繰り広げられる、ふらぬいよりちと高齢?、7~80台元気なお年寄り方々の「グラウンドゴルフ」の盛況さに目を見張るのだとか・・・。

グラウンドゴルフの説明しているページ、貼り付けます。

グラウンドゴルフ
http://www.groundgolf.or.jp/about/about/tabid/75/Default.aspx

北海道で流行っているパークゴルフとは少し違います。パークゴルフはパークゴルフ場で行いますね。
パークゴルフ
http://www.parkgolf.or.jp/parkgolf/introduction.html#navi

クラブ一本で、それなりの広さをもった広場があればどこでもグラウンドゴルフ場にしてしまい、グラウンドゴルフができるのがグラウンドゴルフなのかなと、素人の私、ふらぬいは考えておりますが・・・。

グラウンドゴルファーの友人(先輩です)曰く、ラウンド後の打ち上げ会の飲み食いとおしゃべりがなんと言っても楽しいのだとか・・・。じゃあ普通のゴルフと同じ?と聞いたら、同じ年齢の異性とのプレーと飲み食いそしておしゃべりがあるのだぞよ、と仰っておりましたが・・・。

またちと話が別なところに逸れて行きそうですが、「季節の色、数字の色」のブログでした。こちらの方が面白くなさそうとの声も聞こえてきそうですけどね。つれづれぶろぐですからね。

それで、皆さん、季節に色が着いているいることご存知ですか? と言っても色など着いていないと仰いますよね。春は梅や桜の花が咲く季節で、赤・白・桃色が目に浮かびます。夏は新緑(薄緑、昔は黄緑って言いましたがどちらも死語ではない筈)と緑、花の色はやはり青そして紫、藤の色、ライラック、ラベンダー、紫陽花もそのような色のイメージでしょうか。秋は紅葉、赤、茶、黄の色でしょうか。そして冬は雪の白、季節的には黒のイメージも可能でしょうか。
あっ、これらは私、ふらぬいが勝手にそのように感じているだけですからね。個々人、春夏秋冬の色のイメージは違いますね。まして私、ふらぬいは北半球ばかりでなく南半球でも四季(春夏秋冬)を経験したことがありましたからね。ですから、夏と冬は反対・・・、なんて考えましたら、夏と冬、季節は北半球、南半球とも同じで、1~12月の月が違うだけでした。失礼。

それで、皆さん、次のような言葉をどこかで見たり聞いたりしたことがありませんか?

青春(せいしゅん)
朱夏(しゅか)
白秋(はくしゅう)
玄冬(げんとう)

ここに掲げた4つの言葉はそれぞれの季節を表したものです。その春夏秋冬とペアになった文字がそれぞれの季節の色を表しています。中国の陰陽五行説からその季節に割り当てたものと言われております。

陰陽五行説
http://www.geocities.jp/mishimagoyomi/inyo5gyo/inyo5gyo.htm

この説によりますと、春は青色、夏は朱色で赤色、秋は白色なのですね。そうすると冬は何色?と言いますと、玄色はつまり黒色なのだと陰陽五行説では説いているのです。

ちと陰陽五行説から抜き出しますと、五行説では、五行(木火土金水)それぞれが次のようなものと対応します。

季節: 木→春 火→夏 金→秋 水→冬 土→土用
色  : 木→青 火→朱 金→白 水→玄 土→黄

ご覧の通りで
春は木性、木性は青。よって春の色は青 ⇒ 青春と言う
夏は火性、火性は朱。よって夏の色は朱(赤) ⇒ 朱夏と言う
秋は金性、金性は白。よって秋の色は白 ⇒ 白秋と言う
冬は玄性、水性は玄。よって冬の色は玄(黒) ⇒ 玄冬と言う

土→黄の季節が出てきませんが、
土用(どよう)と言いまして、陰陽五行説で、春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水とし、(余った?)土を各季節の終わりの18日間に当てはめたことから、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を土用といいます。 次の季節へ移る前の調整期間といったところのようです。

土用の説明が下記のページにあります。
http://koyomigyouji.com/zatsusetsu-doyou.htm

ちなみに五行それぞれの色を指して、「五色(ごしき)」と言います。ついでに季節の神獣はというと、皆さんご存知の高松塚古墳さらにキトラ古墳に描かれた下記の神獣ですね。これまた五行説では

神獣: 木→蒼龍 火→朱鳥 金→白虎 水→玄武 土→黄龍

となります。あれ、また神獣が五神獣、どうしても五番目の「土」が四季の色にそぐわないので、次の話(ブログ)に行きますからね。

次は数字の色についてです。数字は0~始まって、+(プラス)、-(マイナス)と無限の数がありますのでそこは、つれづれブロガー、0~9までに制限させていただきます。それで、その数字の色が何色に見えるかですが、

私が購読している週刊朝日に森田真生(もりたまさお)さんの、心が躍る数学時間「たとえば、こんな風に」とのコラムがあります。かって富士山麓おうむ(鸚鵡)鳴くぶろぐで紹介しました。その今週号のコラムに数字が何色に見えるかと質問しているのですね。質問された子供たちは、たとえば、1はピンク、3は赤色、5は黄色と、自分が見える数字の色を答えていて、同じ数字の質問にいつも同じ色で答えるのだそうです。と言うことは、その数字は質問された子供たちにとって、いつも同じ色(同一の色)に見えるようなのです。

私、ふらぬいにとって、数字は、学校で黒板に書かれていた数字、またはホワイトボードに書かれていた数字が思い浮かびますので、その色は(チョークの)白色か(マジックの)黒色に見えます。白黒テレビが我がふらぬい家に入ったのが中学1年の時、カラーTVに至っては、私が大学に入学してからですからね。(あまり関係はない?)ですから数字は0~9、すべて白か黒、色はついておりません。でも、今の若者はカラーの世界にどっぷり浸かって育ったこともありまして、数字に色がついているのだそうですよ。(そんなように読んだのですが・・・)

私、ふらぬいは電気・電子を学んだ通信技術者でありまして、逆に色から数字を識別、判読することができます。整理しますと次のようになります。

黒色は0、
茶色は1、
赤色は2、
橙色は3、
黄色は4、
緑色は5、
青色は6、
紫色は7、
灰色は8、
白色は9、
なのです。

これは電気・電子技術者としては基本として覚えておくべき抵抗器のカラーコード(つまりカラーコード配列)で抵抗器部品の抵抗値(XXオーム)が分かるのです。もうまったく役に立たない技術とは思いますが・・・、その抵抗器のカラーコードを説明しているページがありました。

抵抗器のカラーコード
http://www.nteku.com/teikou/teikou_colorcode.aspx

私、ふらぬいは、抵抗器のカラーコードの数字、次のように覚えております。
「黒い礼(0)服、茶を一(1)杯、赤い人(2ん)参、第(橙)三(3)の男、岸(黄4)恵子、嬰(緑)児(5)、青二才のろく(6)でなし、紫式(しち:7)部、ハイ(灰)ヤー(8)、ホワイト(白)ク(9)リスマス」と、今でも諳(そら)んじられます。でも、いろいろな覚え方があるそうです。そのページ、見つけましたので貼り付けます。

抵抗器のカラーコードの覚え方
http://www.geocities.jp/jh3fja/tecout/r/roboe.htm

皆さんご存知かどうか知りませんが、競馬や競艇、競輪の競技ファンの方は、投票(馬)(艇)(車)券の枠(数字)をその枠の色をこれも諳(そら)で憶えていると言うことらしいのです。各競技のファンは

1枠は白
2枠は黒
3枠は赤
4枠は青
5枠は黄
6枠は緑
7枠は橙
8枠は桃
9枠は紫

を思い浮かべるそうです。9の紫は競馬ファンであった私、ふらぬいには?ですが・・・。

ですから、今の子供たちはいざ知らず、1の数字は何色とおじさんたちに質問しても、茶色と答える人もいるし、また白と答える人もおります。さらに、5の数字の色は、緑とも黄とも言い、そして、7の数字の色は、紫とも橙とも答えが返ってきます。これは致し方ない話であって、数字にどんな色が着いているかは、その人がどんな人生を送ってきたかにかかっている訳ですから・・・。

かって、競馬ファンだった私、ふらぬい「外れ馬券は経費」ブログもしたためておりますが、枠連で購入した勝ち馬投票馬券と抵抗器のカラーコードの枠番、つまり数字と色を間違えることはなかったのですが、間違えた方が万馬券をゲットしていたかもと考えてもおりますね。そんなことはありませんね。失礼しました。

季節の色、数字の色のつれづれぶろぐでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック