ブルートレイン、寝台特急「あけぼの」ラストランのブログ

本日、3月15日付け朝日新聞朝刊にブルートレイン、寝台特急「あけぼの」ラストランの記事がありました。私、ふらぬい、北に向かう列車、蒸気機関車、電車、気動車、新幹線でも、にはいつも郷愁を感じてしまうのです。まして、その北国青森に向かって旅立ったブルートレイン、寝台特急「あけぼの」ラストラン、北国青森に向け、最後の出発、旅立ちです。もう戻ってくることはないのです。(多分、戻ってくるとは思いますが・・・、臨時列車運行が決まっているとか。) 
それで、郷愁、ノスタルジアにかられる、ブルートレイン、寝台特急「あけぼの」ラストランのブログです。

3月14日、午後9時16分、上野駅の13番ホームが、ブルートレイン、寝台特急「あけぼの」の旅立ち(発車、ラストラン)を見送るカメラを構え、スマホ片手に歓声(悲鳴?)を上げる人の波で埋まりました。その人波からは「ありがとう」、「そようなら」の掛け声が響きわたったのでした。最後の夜明けに向かって、東北、みちのく、青森駅を目指す寝台特急「あけぼの」の姿がそこにありました。
ブルートレイン、寝台特急「あけぼの」のラストラン風景です。

フジTVニュースです。「YouTube」にそのブルートレイン、寝台特急「あけぼの」のラストラン映像がありました。
https://www.youtube.com/watch?v=wWJvUw05kNc

確認できるのはそんなに長い期間ではありませんが、しばらくは大丈夫かなと思いますので・・・。

朝日新聞は最後の夜明けに向かって旅立つ、ブルートレイン、寝台特急「あけぼの」のラストランを次のように報じておりました。

「上野―青森間を結ぶブルートレイン、寝台特急「あけぼの」の最後の定期列車が3月14日午後9時16分、JR上野駅を出発した。駅には約2500人が詰めかけ、1970年の運行開始から43年余の歴史に幕を下ろすラストランを見送った。
「ありがとう」「さようなら」。ホームにはかけ声が響き、拍手がわき起こった。通常は青森駅まで約12時間半だが、最後は約1時間長く走る。
高度成長期に東北から上京し、「金の卵」と呼ばれた集団就職者らは、高級な寝台列車にお土産を積んで帰郷することを夢み、あけぼのは憧れの「出世列車」の一つだった。1日3往復に増便された時期もあったが、1997年の秋田新幹線の開業などで1往復に。利用客の減少と車両の老朽化のため、3月15日のダイヤ改定で定期運行は廃止される。
JR東日本は今後、繁忙期などの臨時列車として運行する方針で、大型連休の4月24日~5月6日の運行を予定している。
定期運行するブルートレインの寝台特急は、上野―札幌間の「北斗星」だけになる」
と、最後はしんみりした口調、言い回し、で記事を締めておりました。

私、ふらぬいも4ヶ月前にブルートレイン廃止ブログをしたためておりました。

ブルートレイン:廃止へ…JR3社、北海道新幹線開業で、をつれづれぶろぐ
http://470830.at.webry.info/201311/article_3.html

このブログで、ブルートレイン、寝台特急「あけぼの」が来年3月廃止になると、それは東北新幹線が新青森に延伸したのだから、来るべきもの(ブルートレイン、寝台特急「あけぼの」が来年3月廃止)がきてしまうのは仕方がない、などと書いておりました。でも、まだ時間(期日)があるからとたか(高)をくく(括)っていたのでした。本当にその時期がきてしまうと、鉄道ファンの私、ふらぬいも涙に咽(むせ)びましたね。(大げさ?) 残るのはとうとう来年、2015年3月に廃止される、札幌行き北斗星だけになった、とですね。

寝台特急「あけぼの」を紹介しているページがありましたので貼り付けます。
http://hodo.travel.coocan.jp/s/burutore/akbn/

実は、私、ふらぬいはブルートレイン、寝台特急「あけぼの」に乗車したことはありません。私が利用したのは昭和45年以前の電車寝台特急です。私の記憶に間違いがなければ、北帰行(札幌行きや上富良野帰省)においては、東北本線経由の寝台特急「はくつる」や常磐線経由の寝台特急「ゆうづる」乗車なのです。これらの寝台列車に乗った記憶は確かにあります。一方、北海道から上京する時には、北海道内は、もちろん気動車ですが、室蘭本線経由の特急「おおぞら」、または函館本線経由の特急「北海」でした。特急「北海は」、札幌を出て、小樽、倶知安(くっちゃん)、狩太(かりぶと、現在のニセコです)、長万部(おしゃまんべ)に途中停車し、函館には深夜零時近くに到着、青函連絡船(船名は?)に乗船、津軽海峡を渡り、青森駅で待っている東北本線経由の特急「はつかり」、常磐線経由の特急「みちのく」で東京、上野に向かいました。懐かしい思い出です。いつからか、上京や横浜戻りが羽田空港経由になってしまいましたが・・・。

上野と青森を結ぶ寝台特急「あけぼの」は、昭和45年に登場して以降、秋田など日本海側を走る数少ない列車として出張のサラリーマンなどが多く利用してきたそうです。また、東京で成功し(功成り)、名声を博した(名遂ぐ)方たちの帰省列車でもあったとのことです。
そう言えば、私、ふらぬいの就職時(昭和45年)の少し前にも、東北地方の金の卵(たまご)たちが就職列車で上野にやってきて、昭和45年以降にですが、成功して、寝台特急「あけぼの」に乗って故郷に帰省する(故郷に錦を飾る)、そんな光景も見られたとも言いますね。昭和の日本が、東京オリンピック、日本万国博覧会を経て大いに経済発展していた時代でもありました。

「あの昭和の時代が終わる」と惜別の感を抱いていた政治家の方もおりましたね。私、ふらぬいも同じ感慨に浸ります。

「ふる雪や 明治は遠くなりにけり」 中村草田男
を手本に
「(あけぼの)ラストラン 昭和は遠くなりにけり」 詠み人知らず
季語がありませんね、失礼しました。

ブルートレイン、寝台特急「あけぼの」ラストランのブログでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック