日本海に「東海(トンヘ)」併記、牽強付会(けんきょうふかい)な韓国人の反日活動

 先日、2月8日付け読売新聞社説ですが、日本人ばかりでなく世界の国々が慣れ親しんだ日本海(Sea of Japan)の呼称を米国の韓国人、つまり米国系韓国人が、韓国国内で1986年から「日本海」を「東海(トンヘ)」と勝手に呼び変えてしまった名称と併記させる法案を米バージニア州の州議会に提出、賛成多数で法案が可決されたと書いておりました。

全世界で、また国際的に日本海(Sea of Japan)と呼び慣れ親しんでいる地図上の「日本海」表記に「東海(トンヘ)」と併記する法案が、なぜ日本を飛び越え太平洋の向こう側にあるアメリカ合衆国東部の大西洋岸に位置する、独立13州の一つのバージニア州、バージニア州の州議会が可決したのか不思議に思いますでしょうね。(ちと感情がこもって長文、ゴメン) でも、そこは韓国、韓国人、韓国系アメリカ人、そんなに不思議なことではないのです。従軍慰安婦像も多くはアメリカに建立(5体?)されていますからね。私は韓国ソウルのソウル駅、明洞、南大門市場(韓国は観光でも仕事でも出かけたことがありませんので、有名観光地名はここしか思い出せず)の真ん中(近く)に大きな従軍慰安婦像を建立して、従軍慰安婦大国?韓国を世界に示せば良いと思います。(反日の観光客、中国人を呼ぶには最適?) また、あの伊藤博文を暗殺した安重根の記念碑、記念館も中国のハルビン(哈爾濱)市に立てさせて・・・。私のハルビン出身の元中国人(現在日本に帰化)の友人も嘆いていました。どうして自国、韓国内に立派?なものを自由に造らないのか不思議に思いますけどね。(もしかしたら立派なものが既に韓国内にあるのかも・・・) 今回の日本海→東海の名称変更(世界地理捏造?)はとっくの昔、1986年に韓国内でやってしまったのに・・・。そうか、誰も、といっても日本国政府もどこかの新聞社も、誰も文句を言ってこないから、アメリカや中国でやろうとなるのかな? 多分、じゃなくて、きっと、いや、もちろんそうでしょうね。
あっ、思い出しました。昨日、2月9日、日本では「まんが(漫画)の日」(2月9日は手塚治虫氏の命日です。それにちなんで、その日は「まんがの日」と制定されている)でしたね。韓国政府が芸術の国フランス、芸術の都パリではなく、アングレーム市で開催のアングレーム漫画祭で従軍慰安婦漫画を出展させ、反日漫画の芸術活動?をしておりましたね。私、ふらぬいのフランス人の友人は、韓国国内では「このような漫画が芸術として流行っているのか」と心配はしておりましたが・・・。その彼になんと回答したかはこのブログに書き残すことはふらぬいの人格を否定されかねませんから書きませんが・・・。但し、自分勝手な韓国人はすごく嬉しいことと考えているらしいとはコメントしておきましたが・・・。自分勝手?な私、ふらぬいでありまして、そのコメントの影響がフランス内でどうなるかは私、ふらぬいの関知するところではありません。全然問題にならない? 当たり前です。

 読売新聞はその社説で、「日本海に「東海(トンヘ)」併記、座視できぬ米国内での反日活動」と題して書いておりました。さらに、韓国系米人ばかりでなく韓国人そのものを牽強付会(けんきょうふかい:自分の都合のよいように無理に理屈をこじつけること)と非難していましたね。一方、あの朝日新聞や毎日新聞の韓国ヘイトスピーチ2強?両紙は、この牽強付会な韓国人の反日活動をどう社説に取り上げるのか、実は暫し待っておりましたが、かの両新聞社は、小人の国? 韓国のことについて大人の国? 日本がとやかく言うことはないと”高を括って”おりますので、多分社説にしないと判断しました。
読売新聞社説のタイトルは、「東海」併記問題 座視できぬ米国での反日活動でしたが、社説の中に牽強付会(けんきょうふかい)が使われていましたので、座視(そばでみているだけで、関与しようとしないことです)できずに、つれづれぶろぐの俎上に載せてみました。牽強付会(けんきょうふかい)、久しぶりに出会った懐かしい4文字熟語でもありましたからね。
それで、読売新聞社説の「日本海に「東海(トンヘ)」併記、座視できぬ米国内での反日活動」を取り上げ、つれづれぶろぐします。題して、日本海に「東海(トンヘ)」併記、牽強付会(けんきょうふかい)な韓国人の反日活動のブログです。

ここまで書いてきてなんですが、 
実は、私、ふらぬいも今から1年半ほど前に、韓国人ネットユーザが米ホワイトハウスのHP(ホームページ)に、「日本海」を「東海」と呼ぶよう求め、約10万件の署名を書き込んでホワイトハウスのサーバーをダウンさせたとのブログを認(したため)、韓国人なら、牽強付会(けんきょうふかい)になんでもやるから注意しないといけないと論陣を張りました。牽強付会(けんきょうふかい)との言葉とは少し違いますが、意味や内容はまったく同じこと、「裏で”こそこそ”やるのはいけません」との論陣を張りました。あの時には、米ホワイトハウスが韓国、韓国人からのアクセスを一時的に禁止する騒ぎにまで発展していたこともあったのです。それで、米政府が「日本海」の呼称変更せずと政府声明まで出したのでした。そのブログ貼り付けます。

「米政府、「日本海」の呼称変更せず」
http://470830.at.webry.info/201207/article_2.html

このブログでは「日本海」の名称が世界中で認められて地図に記載されていることを理路整然と述べました。また何故韓国人が日本海を東海に変えざるを得なかったか、韓国側の地理、歴史の嘘、捏造そのことなどを滔々と・・・。あの竹島が「日本海」の海の上に存在していてはいけなかったので、日本海を東海に韓国国内では変えさせたとか・・・。多分そのようなことを・・・、合っているかな・・・。
そして、日韓共催ワールドカップサッカーの誤審が何故あれほど多く韓国内で起きたか、それは何故か(もちろん韓国による審判団買収だったと欧州国内では周知されている)も述べました。ブラジルで今年開催されるワールドカップサッカーでは韓国人審判が一人も選ばれなかったのもそのためとか・・・。韓国人審判が悪い訳ではないのですよ。他の韓国人が当時、悪いことをしたのですからね。また書かないでもいいことを・・・。失礼。

先日の読売新聞の社説はきっぱりと韓国、韓国人、韓国系米人の反日活動を非難しておりました。従軍慰安婦捏造の朝日新聞やヘイトスピーチの毎日新聞はまず書けないような内容です。

読売新聞社説の筆者は、
「韓国系米国人による反日的な動きがさらに拡大した。日本政府は、粘り強く反論し、適切な対応を取らねばならない」
と書き始めます。

従軍慰安婦像を米国の韓国系米国人の多い州に数多く(5体?)設置していますね。これはロビー活動と称して政治家に献金しているからですけどね。米国では政治献金は悪いことではありません。韓国系住民が政治家に自分のお金を献金して従軍慰安婦像を建立してもらっていると考えるべきなのです。一方、韓国系住民が、韓国内では反日を意図して1986年から日本海を自国の地図に東海(トンヘ)と使っていたことは知っていたと思います。韓国ネットユーザが米ホワイトハウスに日本海を東海に呼称変更せよと働きかけたことも知っており、米政府が、「日本海」の呼称変更せずと声明を発表したことも知っていたのです。じゃあ、米国内で州政府に働きかけ日本海、東海併記でいこうとなったのでしょう。米国のバージニア州議会は韓国系住民の言う、併記くらいならとなったのでしょうね。でも、ひさしをかしておもやをとられる【庇を貸して母屋を取られる】の諺もありますし、次は日本海→東海へと呼称変更を州議会、米国政府に要求すると思いますよ。
日本政府は韓国が日本海→東海の呼称変更は知ってはいたと思いますが、韓国の地図に日本海→東海と虚偽の記載はいけないなどと指摘はしませんでした。つまり歴史、地理の虚偽、捏造はいけないと韓国に指摘はしなかったのです。それが、韓国内では長年、日本海を東海と呼んでいるのに、アメリカ、米国地図もそのように呼ぶべきと・・・。

それで、私の上記のブログにあるように韓国のネットユーザを使って日本海→東海の変更は米政府に拒否されたものですから、個別に州政府攻撃に変えたのでしょう。つまり韓国では使っている東海を日本海に併記させるようにです。韓国系米人の多い州政府に働きかけたのでした。

「米南部バージニア州の議会が、公立学校の教科書の中で「日本海」と表記する場合には、韓国政府が主張する「東海」を併記するよう求める法案を可決した。州知事の署名で成立し7月1日に発効する見通しだ」
となったのですね。

読売新聞は、
「日本海の名称は、国際的に確立され、米政府も認めている。菅官房長官が、「極めて残念」と不快感を表明したのは当然である。
バージニア州に居住する韓国系米国人の数は、全米50州の中で5番目に多い。韓国系民間団体が州議会議員らに法案成立への強い圧力をかけた結果なのだろう。
韓国政府は1990年代から、国際社会に対して、日本海は日本の植民地支配の過程で広がった名称だとし、東海への改称を求め始めた。現在では、両方の名称を併記すべきだと主張している。
だが、日本海の名称が国際的に定着したのは、植民地支配によるものではない。日本外務省によると、明治維新以前の19世紀前半の時点で、欧米の地図の大多数が日本海と記している。韓国の言い分は牽強けんきょう付会ふかいで容認できない」
と、牽強付会(けんきょうふかい:自分の都合のよいように無理に理屈をこじつけること)と間違いを指摘します。

日本海の名称が国際的に定着したのは、植民地支配によるものではない。日本外務省によると、明治維新以前の19世紀前半の時点で、欧米の地図の大多数が日本海と記しているとですね。
この一事が万事(一事をみれば、他の全てのことが推察できること)なのです。
韓国人、朝鮮人です、がどのような国民かは、私、ふらぬいも60年以上観て経験してきましたからわかります。地理、歴史の嘘、捏造は得意とするところですからね。日本人とは真逆の人種と考えた方がもしかしたら良いかも・・・。ちと言い過ぎ? 書き過ぎ?

ここからは読売新聞社説筆者の検証列挙と結論です。

「日本海は、国際水路機関(IHO)の海図集では唯一の名称として使われており、米地名委員会も単独名称と定めている。
州議会の中にも、州政治が他国の歴史的地名を巡る議論に関わるべきではないと反対する意見があったのはもっともだ。
州法案を巡る動きを、日本政府も座視していたわけではない。
佐々江賢一郎駐米大使は、州知事に、日本との経済関係を損ねる恐れがあると懸念する書簡を送ったり、直接面談したりして、法案の成立阻止を図った。ロビイストを使って、州議会にも工作したものの、結果が伴わなかった。
憂慮されるのは、韓国系民間団体が、日本を狙い撃ちする活動を全米で展開していることだ。
「東海」併記を求める動きは、メリーランド州にもある。韓国系の多いカリフォルニア州では、いわゆる従軍慰安婦の少女像が昨年設置され、州内選出の連邦下院外交委員長が献花に訪れた。
韓国系米国人は移民の歴史が浅く、韓国への帰属意識が強い。米国内で政治的発言力を強めれば、歴史問題で日本を非難する韓国政府を後押しすることになる。
日本政府は、米国の議会や世論に対し、自らの立場を主張していく一層の努力が必要だ」
とですね。
日本政府は、米国の議会や世論に対し、自らの立場を主張していく一層の努力が必要と檄が飛んでおりました。韓国、中国の地理、歴史捏造国家にも、自らの立場を主張していく一層の努力が必要でしょう。言われたら言い返す。しかも倍返しができるといいですけどね。

カリフォルニア州のいわゆる従軍慰安婦の少女像にカルフォルニア州選出の連邦下院外交委員長が献花に訪れたのにはびっくりしましたけど、韓国系米人のにこやかな笑顔が印象に残りましたけどね。嬉しいのでしょうね、嘘も百回ついて真実?を勝ち取った成果だったのでしょう。あの朝日新聞捏造記事の成果でしょう。その貢献度はここでも大きかったのですからね・・・。
実は読売新聞社説の筆者ほど楽観視はしておりませんが、
韓国は国際水路機関(IHO)の海図集の日本海→東海変更を1990年からずっと言い続けているのだと、あと何回言い続ければ日本海→東海に併記から変更になるか虎視眈々と・・・。この嘘百回、嘘八百の”しつこさ”は日本も見習わなければいけないのかも。
日本人の潔さ、清く汚れが無いこと、潔白である(汚れた行いがない)こと、未練がないことなどが美徳とされてきたのですが、隣国、韓国との付き合いは相手相応にお付き合いをすることが必要と思いますけどね。

なんか書き足りないような気がしますが、今回は読売新聞の社説、牽強付会(けんきょうふかい)な韓国人の反日活動にまったくもって同感し、意気に感じて取り上げました。

日本海に「東海(トンヘ)」併記、牽強付会(けんきょうふかい)な韓国人の反日活動のブログでした。

朝日新聞はベタ記事で掲載していましたね。次はニューヨーク州議会ですと・・・。
朝日新聞のベタ記事、
「公立学校教科書の日本海の記載に韓国が求める「東海(East Sea)」も併記するよう定める法案が、ニューヨーク州議会にも提出されたことがわかった。法案は上下院でそれぞれ提出されており、下院の提出日は2月7日となっている。
同様の法案は2月6日、バージニア州下院でも可決され、成立が確実になったばかり。バージニア州の法案は韓国系アメリカ人社会の働きかけによるもので、今後ほかの州でも同じ動きが広がる可能性が出ていた」
とですね。さすが朝日新聞、牽強付会(けんきょうふかい)な韓国人、韓国系米人に、大人?の対応でした。
(2月11日 ふらぬい追記)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック