環境省の「はなこさん」、今シーズンのリアルタイム花粉飛散データ提供開始

2月、如月(きさらぎ)に月が代わり横浜若葉台の散歩道のそこかしこには梅の花が咲き誇っております。1月はロウバイ、2月は紅梅、白梅、そして3月には桜が咲き乱れます。横浜若葉台、横浜のチベットと揶揄されてはおりますが、百花繚乱(ひゃっかりょうらん)の季節の移ろいに心躍らされることもあるのです。昨日も、若葉台の散歩道に咲く、梅の花、梅の匂いに平安時代、梅をこよなく愛した「菅原道真」の詠んだ歌

東風(こち)吹ふかば匂いおこせよ梅の花
あるじなしとて春な忘れそ

を口ずさんできましたよ。私、ふらぬいが「菅原道真」の心境になっている訳ではもちろんありません。

あっ、若葉台散歩道の梅、紅梅です、貼り付けますね。
画像

デジカメで思いっきり接写しましたよ。
画像

画像

画像

まだ鶯の鳴き声は聞こえませんし、目白(メジロ)も梅の花にはやってはこないようです。でも、スズメとヒヨドリは梅の花をついばみ始めたようですよ。
画像


紅梅の写真を貼り付けたのには訳があります。実は2月に入りまして、ふらぬいを含む、花粉症をもつ人たちにとって実は忌まわしい季節の到来になります。スギ花粉飛散の季節ですからね。今年は例年よりスギ花粉の飛散が1週間ほど早いらしいのですね。ウェザーニュース社(民間気象情報で世界最大手)が東京都内において、1月26日には花粉飛散量が敏感な人なら症状(花粉症のいろいろな症状、鼻水、くしゃみ、目のかゆみ等)が出るレベルに達したと報じておりました。

若葉台の散歩道にはスギの木がそこかしこにあります。スギ林のスギの木には大きな花粉の袋?、雄花のことです、が春風が吹くのを待っております。スギの木全体が花粉の袋?で茶色っぽくなっており、「東風(こち)」ばかりでなく、どの方向から吹く風にもスギ花粉をまき散らします。理系男子(リケイダンシ)の私、ふらぬいとして、花粉匠の元凶はここにあるとスギ花粉をどっさり抱えたスギの木の写真をお見せすることも出来たのですが、スギ花粉症のブログ読者もおられることを考慮して、梅、紅梅の写真にした訳なのですが・・・。

理系で思い出しました。今現在、時の人で、話題の小保方晴子(おぼかたはるこ)さん、「万能細胞」のSTAP細胞を開発された理系女子、「リケジョ」と言うのでしたね。早稲田大学、ハーバード大学で学び、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターのユニットリーダーで博士とか、前途有望な日本人技術者を応援したいですね。なんと言いましても、割烹着(かっぽいぎ)姿で研究、実験に打ち込む姿が「やまとなでしこ(日本女性の別称、尊称?)」そのものですからね。この「やまとなでしこ」表現、問題ないでしょうね・・・。
それで、理系女子を「リケジョ」と言うのだそうですが、私、ふらぬいみたいな理系男子はその「リケジョ」に対抗する?呼び名が無いのですね。多分まもなく、理系男子は「リケオ」、理系男、リケイオノコのリケオです、リケイオタクではありません、になるのではと思うのですが、どちらもそんなに良い呼称のようには思えないのですけど・・・。また話が逸れていきそうですので花粉に戻します。

環境省の「はるこさん」ではなく「はなこさん」のブログです。

環境省は2月3日、「環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)」のウェブサイトにおいて、今シーズンの花粉飛散データの提供を開始したと発表しました。

そう言えば、「はなこさん」ではなく「そら豆くん」のことをブログに認めたのは1年前、あのPM2.5が中国から飛来すると大騒ぎした時でした。あの時はPM2.5観測システム「そら豆くん」の方にブログの重きが置かれておりましたが、貼り付けます。あのパスして頂いても結構ですよ。

「中国大気汚染物質PM2.5飛来 環境省、70マイクログラム超で外出自粛を発表、災い転じて福?まさかね」
http://470830.at.webry.info/201303/article_1.html

でも、横浜市民のふらぬいとしては、あまりPM2.5観測システム「そら豆くん」は利用しなかったように思いますね。そのブログで、ほんの少し、花粉症にも触れてはいましたね。でも、「はるこさん」も「はなこさん」も紹介してはいなかったような気がします。「はなこさん」は、多分開発途上?だったのでしょうか。

というのは、それより2年前にも花粉症ブログも書いておりましたからね。こちらも貼り付けますが、パス結構ですよ。

「スギ花粉症 「国民病」の対策は国が根本から」
http://470830.at.webry.info/201103/article_3.html

なんで、以前に書いた昔のブログをこのように貼り付けるかと言いますと私、ふらぬいは理系男子だからです。今までこのように論じていた上に、このブログの論旨があると考えているからです。(そんなに厳しい理系男子でもありませんが・・・)
実は、どこの新聞社とは言いませんが、今まで自紙が論じてきたことを棚に上げて、どこかの国が「歴史に学べ」、「歴史認識を持て」など言い出したら、(文系?の論説委員で構成されているものだから)そちらの大声になびいてしまい「歴史を学ばないものはなんたら・・・」と社説にまで書いて”しらっとしている”新聞社もあるのですからね。理系男子の私、ふらぬいは本当にたまげてしまいます。

また本旨と逸れますので戻します。花粉症観測です。

「環境省花粉観測システムの
「はなこさん」は、花粉自動測定器による観測データをリアルタイムに収集・表示するシステム。スギ花粉が少ない沖縄を除く全国で観測できる体制が整っているという。データは、計測された1時間平均の花粉数(個/1立方メートル)で表され、毎時35分ごろに更新されます。
地図上では、各地点の飛散量が0個~1000個以上まで8段階の大きさの円で示されるほか、風向きと風速も表示される。また、各地点の当日のデータは1時間ごとの具体的な数値を一覧表で確認できるほか、過去7日間および今シーズンの飛散量の推移グラフも見られるのです。
なお、2月3日からデータ提供を開始したのは、北海道と東北を除く5地域(関東、中部、関西、中国・四国、九州)」
なのですと。北海道は現在真冬で、花粉症の花粉は白樺花粉ですから対象外? 東北はやはり真冬で花粉は飛散していない?からでしょう。

環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)です。貼り付けます。
http://kafun.taiki.go.jp/

早速、花粉症歴25年以上の猛者(もさ:勇猛で荒々しい人、体力・技術にすぐれている人のこと)で大ベテランの私、ふらぬいがしかと確認しました。なんと、実用レベルには少し遠いようですよ。このような文言が付いておりましたからね。

「花粉飛散状況は、花粉自動測定器により計測された、1時間平均の花粉数(個/m3)で表示しています。現在、システムの試験運転中のため、現況と異なるデータが表示される場合もありますのでご留意下さい。(たとえば、雪、黄砂、火山灰等を計測して高い値を示すことがあります。)」

「本システムは試験運転中のため、現況と異なるデータが表示される場合もありますのでご留意下さい」と言うことはデータの信憑性に欠けると言うことでしょうか。まだシステムは試験運転中だったのです。

テレビで放映される天気予報に花粉予報もありますよね。あちらとどのように、この環境省の「はなこさん」と関係があるのか不思議に思いましたが、天気予報、こちらは国土交通省の外局の気象庁が出しているのでした。気象庁は気象業務の健全な発達を図ることを任務とすることから、環境情報のPM2.5や花粉は環境省マターなのかも知れません。

気象庁のホームページを貼り付けます。
http://www.jma.go.jp/jma/index.html

気象庁の提供する情報に紫外線や黄砂情報はあるようですが、花粉情報はありません。実際、花粉情報は予報対象外のようです。

でも、テレビ、ラジオの天気予報の中に花粉情報はありますね。天気予報のページ貼り付けます。

天気予報
http://tenki.jp/

長期予報や衛星画像を含む全国天気予報の他、防災情報のトピックスを掲載。動画の配信も。なんと今回ブログで取り上げた花粉症対策情報も出しているようです。でもどうしてと疑問に思いますね。

花粉症対策のページです。
http://www.tenki.jp/pollen/bifidus.html

私たちがテレビ、ラジオから得られる天気予報情報は実際には日本気象協会(後述)が提供していましたね。そのホームページです。
http://www.jwa.or.jp/index.html

日本気象協会です。

一般財団法人日本気象協会(にほんきしょうきょうかい、Japan Weather Association:JWA)とは:
気象業務を行う内閣府所管の一般財団法人である。気象協会とも略称される。1993年の気象業務法改正により一般向け予報業務の許可が容易に取得できるようになるまでは、テレビ・ラジオ等への気象情報及び解説の提供は日本気象協会がほぼ独占的に行っていた。なお、日本気象協会は気象業務法第17条の許可を得た予報事業者でもある。
同協会は1950年5月10日に運輸省(現・国土交通省)所管の「財団法人 気象協会」として設立された(1966年4月1日には地方ごとにあった気象協会を財団法人日本気象協会として全国統合)が、国の公益法人改革に伴い2009年10月1日に一般財団法人に移行した。それに伴い、名称も「財団法人 日本気象協会」から「一般財団法人 日本気象協会」へと変更した。

日本気象協会は、私、ふらぬいも存じ上げておりましたから、天気予報についてはなんら疑念も不思議に思いもせず、紫外線情報、PM2.5情報そして花粉情報をテレビ、ラジオで得ることができたのでした。環境省のなんたら装置、国土交通省のなんたら装置などと言うから、言っているのは私、ふらぬいです、ちと頭がこんがらがってしまいました。前述のウェザーニュース社も日本気象協会と競合会社?なのでしょう。

環境省の花粉観測システム(愛称:はなこさん)はシステム試験運転中であることも判りましたが、天気予報にもし使うとしたらその数値データではなく、今まで天気予報で使われている、花粉の飛散量が、非常に多い、多い、やや多い、少ないとの4段階の予報が良いのではと思いますけどね。

環境省の環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)と国土交通省が管轄する気象庁の花粉観測システムで縦割り行政云々とブログにしたためようとして日本気象協会という「一般財団法人」がテレビ、ラジオの視聴者向けに存在していることを再認識して、やれやれとブログのキーボードを叩き終えたのでした。失礼しました。

環境省の「はなこさん」、今シーズンのリアルタイム花粉飛散データ提供開始のブログでした。

相変わらずイントロが長く、ブログタイトルとは異なる内容で、腰くだけのブログになってしまいました。つれづれぶろぐですから、そこんところよろしく・・・。失礼しました。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック