2013年大晦日若葉台散歩のつれづれぶろぐ

本日は12月31日、2013年の大晦日です。私、ふらぬいはこの2ヶ月、ほとんど毎日若葉台周回道路(車の通行が無い周回道路、つまり散歩道です)の散歩に勤しんできました。雨風が激しい時や体調が優れない時(含む前日の飲み過ぎ時など)にはパスしたこともありますが、これだけ続けたこと、自分で自分を誉めてあげたくなりますね。それで成果は? と訊ねられますよね。確かに太めの身体は絞れました。3Kgくらいですけどね。それと毎日5Kmほどのアップダウンの激しい?散歩コースですから、始めた時と違い、今では歩き終わっても疲れを感じなくなりました。2014年もこの若葉台散歩を続けるかどうかは大晦日の夜次第ですね。あの、大晦日の夜、私、ふらぬいは近くの神社にお参りすることはありません。

それで、本日の若葉台散歩にデジカメを持参し、少し気になっておりました写真を撮ってきました。横浜若葉台の周回散歩道の素晴らしい景色をお見せする訳ではないのですがね。

実は若葉台周回散歩道の外側(若葉台と言っても広うござんすから、若葉台1丁目側です)に三保市民の森があります。三保市民の森の外周道路が若葉台団地(車の通行する周回道路や団地の建物)と並行して三保市民の森散策道路があります。そこの道路も我がふらぬいの若葉台散歩道の一部になるのです。しかも若葉台散歩の中間地点として、少し休憩をとる場所があり、きじが原(雉、キジのきじが原です)と名付けられております。そのきじが原のほんの一部の地点(約10平米くらい?)から世界遺産富士山の頂きが望めます。富士山そのものは若葉台団地の高層部分からは多分ほとんど?望むことはできると思いますけど。我がふらぬい家は低層ゆえ見えません。
この富士山を三保市民の森、きじが原のある地点だけから望めるのは冬の時期、つまり今の季節と、朝の時間の限られた時間(午前7時~11時頃)だけなのです。何故かと言いますと、若葉台の団地内では高層の建物に加えて大きな木々が繁り、木の葉が邪魔をして富士山は隠れてしまうのと、天気が快晴で朝の時間を逃してしまうと、富士山の(雪を被った)頂きと空の色とが同じ色になってしまうからです。(少し分かりにくい?)

それで、富士山をきじが原からいつ望むの? と問われて、「今でしょ」と今朝の散歩にデジカメを持参した訳なのです。そして「今でしょ」に撮った写真をお見せします。

画像


向きを変えても同じでしょうか。
画像


三保市民の森は横浜市緑区の三保地区にあります。きじが原に三保市民の森の案内掲示板がありました。

画像


普通、なぜ「きじが原」と名付けられたか、その紹介と考えますけど、そちらの紹介はありませんでした。その代わり、植物のシダ、羊歯の紹介がなされていました。三保市民の森には植物のシダの種類が多いのだとか・・・。「きじが原」の雉、キジと言いますと若葉台地区にも雉はよく見かけます。若葉台の周りの農地にですけどね。私も、二度ブログにしたためました。北海道生まれの私、ふらぬいにとっては雉、キジは珍しい鳥ですからね。こちらで、横浜の友人に聞いたところ、雉なんかそこらじゅうにいる鳥なのだそうです。

実は若葉台散歩コースは周回コースを飛び出し旭区上川井方面にも散歩コースにしておりました。若葉台団地を紹介すると高層の建物ばかりになりますが、その周辺には気になるものが見つかります。

三保市民の森を中心にした、GoogleMapを貼り付けます。三保市民の森は夏の地図です。

https://maps.google.co.jp/maps?q=%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%B7%91%E5%8C%BA%E4%B8%89%E4%BF%9D%E7%94%BA+%E5%B8%82%E6%B0%91+%E3%83%8E+%E6%A3%AE&hl=ja&ie=UTF8&ll=35.500552,139.50642&spn=0.001878,0.002642&sll=34.728949,138.455511&sspn=43.329719,86.572266&oq=%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E4%B8%89%E4%BF%9D%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%AE&t=h&brcurrent=3,0x601857c6a162f187:0x55b96fb470e0c85a,0&hq=%E5%B8%82%E6%B0%91+%E3%81%AE+%E6%A3%AE&hnear=%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%B7%91%E5%8C%BA%E4%B8%89%E4%BF%9D%E7%94%BA&fll=35.502137,139.506047&fspn=0.003755,0.005284&z=19&iwloc=A

少し旭区上川井寄りの地図なのですが、上川井としても外れになります。私、ふらぬいもこの辺ではよく道に迷った散歩者?に出くわすところです。道に迷った方に、どこが目的地かで、この地点からどのように抜けるか、説明が難しいのです。山の中で道を間違った場合、どちらに下っていくかでまったく別の場所に出ますからね。千と千尋状態と勝手に名付けています。私、ふらぬいの若葉台散歩道にはこのようなところもあるのです。

つまり、若葉台団地から少し逸れると、旭区上川井の外れ、しかも山の中に大きな老人ホーム、特別養護老人ホーム(希望の森、水の郷)の建物があります。それらの建物を左手に見ながら山中(やまなか)道と車(くるま)道(ほとんど車が通らない)を歩きます。ぐるーり回ってきますと、ここに知る人ぞ知る?東京電力の西横浜変電所があります。(多分、若葉台の住民は知らない? 変電所オタクの中ですら、この西横浜変電所は秘密基地になっているとか・・・。)
なんと言いましても、若葉台団地内は送電線は地下に潜っておりますので変電所のことなどあまり考えないのかも知れませんが、こちら、一つ山を越えた秘密基地のある、西横浜変電所側は送電鉄塔銀座?になっております。変電所から、こちらの山、あちらの山、そして山から山へ送電線が張り巡らされております。

画像


写真ですべてをお見せすることはできませんが・・・。失礼。

こちらは東京電力西横浜変電所内にある通信アンテナ鉄塔です。西横浜変電所の状況は逐次この鉄塔のアンテナからマイクロ波で送信され、かつ必要なら東京電力の中央制御室(本当にあるかは?)から制御されます。

画像


私、ふらぬいも若かりし頃、このような鉄塔上に設置された自分が設計した装置の調整のため測定器を担いで登ったことを思い出します。確か、横浜金沢文庫にあるNTT(当時は電電公社)の鉄塔だったような気がします。昔は恐いものはなかったような気がします。今はもう登れと言われても登りませんがね。登れませんが正しい。
そう言えばこの近くに、NTTドコモとKDDI(au)の通信鉄塔もあります。写真には写っていませんが・・・。若葉台団地の住民の生活基盤は見えない山の向こうの秘密の場所にあるようです。

若葉台団地のもう一方の端、若葉台4丁目側にもGoogleMapで観ますと鬱蒼とした森と田畑があります。そして環状4号道路が貫いております。でもあちらは昔(江戸時代以前?)から住民が住んでいたようで、かなり開けた感じですけどね。
こちら旭区上川井は道を間違うと、千と千尋状態?になります。つまり、入口が一つで出口がない。出るには入口に戻るしかない? GoogleMapで上から眺めると確かにそのような感じがします。あっ、私、ふらぬいはもうこの辺の地図は頭に入っていますからね。と言っても山の中には決して分け入りません。分け入っても分け入っても山の状態は嫌ですからね。

今年はアベノミックスで日本の景気が少し上向きになってきたのではないでしょうか。ドルに対して円安にふれておりますからね。来年は日本にとっても日本人にとっても良い年であることを願いますね。

若葉台散歩とはまったく違う内容で締めてしまいました。失礼しました。

2013年大晦日若葉台散歩のつれづれぶろぐでした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック