新iPhone競争、狂騒? 三つ巴の戦い? こんなことで日本はいいの?

9月20日朝、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの携帯3社から新型iPhoneの2機種「iPhone 5s」「iPhone 5c」が発売されました。iPhoneをめぐるシェア争いにNTTドコモが参入したことで、さらに激しい三つ巴(三社がからみあって対立する構図)の競争が展開されると予想される、と新聞各紙は報じていました。

その三つ巴の戦い、
同一の端末を扱うことから、今後闘いの焦点はネットワークのつながりやすさにシフトしていくと考えられます。新型iPhoneは「プラチナバンド」と呼ばれる周波数800~900MHz帯を利用したLTE通信に対応するのが特長でもあります。この点では、すでに全国的にサービスを展開しているKDDI(au)が一歩有利で、エリア拡大中のNTTドコモも健闘すると見られているそうです。ソフトバンクモバイルもiPhoneでは日本における先駆者でもありますし他社の後塵を拝すわけにはまいりません。

3社は午前8時の販売開始を前に、記念イベントをそれぞれ開催、経営トップらが通信網やサービス面での強みを訴え、テレビCMに起用するタレントらが駆けつけ花を添えたとあります。
NTTドコモ社長は「本当にお待たせしたという気でいっぱい」と真打(しんうち:もっとも技量の優れた出演者で最後の演目を努め演じる者)登場をにおわせておりました。一方、迎え撃つKDDI(au)社長は「iPhoneは我々のネットワークを本当に有効に使える素晴らしい商品」と訴えておりました。さらにソフトバンク副社長は「ネットワークや販売の特性など全てを知り、優位性がある」と実績を強調しておりましたね。

なんと言っても、新型iPhoneの2機種「iPhone 5s」「iPhone 5c」、つまり同じものを販売するわけですから、わが社のユーザになったほうが便利(有利)ですよと言うしかないですね。また乗り換え、機種変更でどれだけお客さんが有利か宣伝するしかないですよね。わが社の新型iPhoneの機能が他社に勝るとか他社に比較して使いやすいなんて言えないですからね。

私、ふらぬいが思いますに、携帯3社が同じ端末を販売するのも、なにかあなぁ、と考えていますけどね。わが社のネットワーク(端末ユーザはそんなものに興味もありませんし、話を聞いてもわかりません)が一番良いと言われても、実際使用するのは新型iPhoneの方ですからね。こちら(顧客、ユーザ)が気持ちよく使えるかが大事な話だと思うのですけどね。

あっ、早速、新型iPhoneのことじゃなくって、各社ネットワークのつながりやすさのニュース記事を見つけました。

新型iPhone発売直後の時点で、各社のネットワークのつながりやすさにはどの程度の差が認められるだろうか。マイナビニュースでは、実際に都内数カ所で計測した結果を伝えていました。

なんと、ビル街にも強いiPhoneは?でした。

計測した場所は、まだiPhone発売セレモニーの興奮が冷めやらぬ「アップルストア銀座」。ビルが林立するこの地域で通信に強さを発揮したのは、どの会社のiPhoneだろうか? とありますね。

それで、
通信速度の計測には専用アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」を利用。それぞれの端末で3回ずつ計測し、その平均値を実測値としている。
気になる結果は、NTTドコモは下り15.39Mbps/上り4.14Mbps、KDDI(au)は下り64.54Mbps/ 上り11.52Mbps、ソフトバンクは下り17.28Mbps/上り4.69Mbpsとなったのですって・・・。数字の大きい方がネットワーク接続が良い、性能が良いとのことですよ。

NTTドコモ 下り15.39Mbps/上り4.14Mbps
KDDI(au) 下り64.54Mbps/上り11.52Mbps
ソフトバンク 下り17.28Mbps/上り4.69Mbps

まだiPhoneの購入希望者で店内が混雑する時間帯(14時30分ころ)に計測。人の混雑に比例して、恐らくLTE回線も混雑していたことだろうとおもわれますが・・・。
その注目の計測結果ですが、事前の予想通りKDDI(au)の通信が安定していて速かった。800MHz帯のプラチナバンドはビルなどの建物内にも電波が行き届く性質があり、こういった店舗内でも強みを発揮すると言います。 なおアップルストア銀座においては、auのLTEが20MHz幅になったとも言われているとのこと、と言っても詳細は分かりませんが。
でも、auに都合の良い計測場所だったようです。マイナビニュースでは、別の場所に移動して次の計測を行う予定だそうですよ。

ソフトバンクの接続が良いとのデータも得られていますね。貼り付けますね。
http://japan.internet.com/allnet/20130920/2.html

つまり、このような都合の良いデータ、ちょっとした技術者であればいくらでも作り出せますよ。私は、これらのデータ、参考にはしますがあまり評価できませんからね。データには測定条件がどうでそのデータ取得の試験環境がどうで、どの設備ならびにどの計測器が使われたかすべてがつまびらかにならないといけません。まもなく、NTTドコモのネットワーク接続、性能が一番とのデータが出てくると思いますけど・・・。

私、ふらぬいは元通信技術者の端くれでありましたから、携帯電話会社は携帯電話の通信インフラの整備に注力すべきと考えています。ブログでも何度か書きました。ですから、iPhoneのような携帯端末の販売はあくまで販売会社に行ってもらい、端末が気持ちよく動作する環境、ネットワークを整備すべきと考えています。まして携帯端末の囲い込みなんかやってはいけないとの立場でもあります。今回、スマホが外国から日本市場に入ってくるに従い、第2、3世代携帯で主流になりつつあった、SIMロック(利用者識別を行うICカード「SIMカード」に対応した携帯電話端末で、特定の通信事業者(キャリア)のカードしか利用できないようにかけられている制限のこと)解除がまたもとに戻りつつあるとも伺っています。特にNTTドコモの新iPhoneはSIMロックになりますね。つまり端末を含め携帯電話会社の丸抱えという端末ユーザ、利用者には時代錯誤?が行われつつありますね。と言うことは、外国製の一台のスマホを国外では使えない、というか、日本経由でしか旅先の(外)国内通話ができないという10年くらい前に戻りつつあるとのことですかね。少し心配ですが・・・。

今回の新iPhone競争、狂騒 三つ巴の戦いはTV、マスコミ関係者には面白い情報を提供しているのかも知れません。でも、相変わらず、第3世代のガラケー(ガラパゴス携帯)を使う私、ふらぬいは携帯電話会社がこんなに大騒ぎ(競争、狂騒 三つ巴の戦いなど)して同じ新iPhoneを販売するのはちとおかしいんでないかいと思うんですが・・・。

日本の良識ある電子機器メーカ技術者はこの新iPhone競争、狂騒 三つ巴の戦いを見て、是非、我々ももっと素晴らしいものを開発、製造すると発奮して欲しいと思います。私の考えが遅れているのかな? 多分、私の考えが遅れているのでしょう。

新iPhone競争、狂騒? 三つ巴の戦い? こんなことで日本はいいの? とのブログでした。

新iPhone競争、狂騒? 三つ巴の戦い? こんなことでは日本の技術はだめになりますよとのブログですからね。キャリア3社とも、三つ巴?で大反省してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック