富士山に「登山鉄道」を敷設?をつれづれぶろぐ

本日、5月17日付けの毎日新聞が、今年6月、富士山が世界文化遺産に登録される見通しとなったことを受け、富士山登山鉄道の整備が必要との認識で、富士山を有する?静岡県ならびに山梨県両知事が一致したと報じておりました。富士山が世界文化遺産に登録されると観光客や登山客が増加しそのため富士山五合目、富士山登山口までの道路が人や車で埋まり?道路が大混雑し、ゴミなどで道路周辺の汚染が進み、しいては富士山の自然環境破壊にもつながる恐れがあるとのことです。それゆえさらなる登山道路の整備が必要になると。それなら一気に富士山五合目まで富士山登山鉄道を敷設したほうが良いとの考えに至ったのではないかと思うんですけどね。でも、いくら世界遺産登録されたからと言って、富士山に新しく登山鉄道が必要なんでしょうか、今となってはちと遅いと考えてしまったものですからつれづれぶろぐしてみました。

あのユングフラウヨッホの登山電車のイメージなのでしょうか。それとも、箱根登山鉄道みたいな鉄道とケーブルカーまたはロープウェイタイプの登山電車?なのでしょうかね。または富士山の山裾に地下トンネル?を掘って繋ぐ・・・。まさかねとは思いますが・・・。富士山にいまさら登山電車はやはり似合わないように思いますが。

でも、皆さんご存知と思いますが富士(山)登山鉄道(電車)はもともとありますからね。ホームページで紹介しますね。

富士登山鉄道(電車)
http://www.fujikyu-railway.jp/forms/menutop/menutop.aspx?menu_id=1279

まして、富士山の登山口であった駅、富士吉田を今では富士山駅と改名して富士登山の利便性?を高めておりますからね。この駅で富士登山鉄道の電車を降り、さあ富士山に登るぞとの気概を新たにする乗降客の登山家も多いのだそうですよ。本当かな? ゴルフに出かけるとか富士五湖観光客も多いようですけどね。

あっ、せっかくですから、富士山登山の本当の登山口、富士山五合目、その同名?の富士山五合目観光協会のホームページを見つけました。貼り付けますね。

富士山五合目観光協会
http://www.fujiyama5.jp/
このホームページにアクセスしますとなんと富士山登山を自分自身が実際行っている感じがします。そんなことありませんね。失礼。

それで、本日の毎日新聞記事です。

「富士山が今年6月、世界文化遺産に登録される見通しとなったことを受け、静岡県の川勝平太知事と山梨県の横内正明知事、認定NPO法人富士山クラブの奥島孝康理事長(日本高野連会長)が5月16日、静岡県富士宮市で会談した。両県知事は、富士山の登山口となる5合目付近まで運行する登山鉄道の整備が必要との認識で一致した。
国際記念物遺跡会議(イコモス)の登録勧告後、両県知事の会談は初めて。登山鉄道について、奥島理事長が車の入山を規制し環境や景観の保全にもなるとして「5合目や富士五湖に作るべきだ」と問題提起。川勝知事は「我々がJRや私鉄に働きかける余地はある。山梨側と協力して富士山全体を堪能できる鉄道の計画を考える時期だ」と応じた。横内知事は「山梨県では鉄道構想は浮上しては立ち消えになってきたが、世界遺産登録をきっかけにもう1回、考えたい。冬の観光にもなるし、十分検討に値する」と述べた」
とあります。富士山登山鉄道は何度か計画されそのつど断念されたと伺っておりますけどね。調べましたよ。

富士山登山鉄道敷設計画:富士山では過去、ケーブルカー計画などの構想があったがそのつど断念された。
1960年代、富士急行が富士山登山鉄道構想を打ち出し、構想が進められた。計画では富士山に直接掘削機で穴を開け、鉄道を通すというものであった。実際に計画書が国に提出されたが、認可されなかったため計画は断念された。
また、2008年11月、富士山の麓から5合目までを鉄道で結ぶ構想として、富士スバルラインに代わる富士山5合目へのアクセスとして富士五湖観光連盟が構想を打ち出した。構想では、麓の有料道路ゲート付近に始発駅を設け、有料道路上に単線の線路を敷設し5合目ロータリーまでを結ぶものとなっている。また、観光客の散策のため、途中に4駅を設置するもの。なお、建設費は600億円から800億円程度を見込んでいるがなぜか進捗せず。断念?

両知事の会談は毎日新聞富士山再生キャンペーン事務局が企画。入山料や入山規制、環境保全など多岐にわたった内容は5月23日の毎日新聞朝刊で詳報するとのことですから、あまり先走って、そんなの無理などとブログにしなくてもよかったのですかね。

本当はこちら(5月23日毎日新聞朝刊)の富士山登山鉄道敷設計画をじっくり内容精査して、も一度ブログにしたためようかなと思います・・・。登山鉄道とはいえ、鉄道の敷設(ふせつ)、山の裾野に鉄道を新規敷設、もしかしたら延伸?でもよいのです。富士山登山鉄道敷設、本当なら嬉しい気分になります。
もし本当に敷設されるのなら、できれば3~5年以内に完成してくれるとさらに嬉しい。あの10年後とか20年後だと、どこかの新幹線とかリニア新幹線なんたらと同じで、私、ふらぬいがその完成を目にする訳ではありませんから、あまり期待はしませんからね。各種自然保護団体による富士山自然環境調査のハードルの高さが気になりますけどね。お金は大丈夫でしょう。やはり、私、ふらぬいは富士山登山鉄道敷設を期待しているのかも知れませんね。

今回の富士山の世界遺産登録、”自然遺産”ではなく”文化遺産”でしたね。自然遺産として登録されない理由はありました。人の手が入りすぎたとかゴミ問題とかコニーデ型火山での登録は富士山が初めてではなくニュージーランドのトンガリロ山がもうすでに自然遺産で登録済でしたからね。

富士山は世界文化遺産になるのです。

世界文化遺産として登録されるためには、登録基準に照らして「顕著な普遍的価値」を有することを世界遺産委員会で認められることが必要となる。委員会での審議に先立ち、ICOMOS(イコモス)が調査を行い、登録にふさわしいかどうかの勧告を行うことになり今回富士山は世界文化遺産として推薦されたのでした。
世界文化遺産としての登録基準は以下のとおりと言われておりますね。

(1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
(2) ある期間を通じてまたはある文化圏において建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
(3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
(5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。
(6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と、直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。
これらの基準はひとつだけの基準が適用されることよりも、複数の基準が適用されることが多い。

今回、2013年4月30日、政府は「富士山と信仰・芸術の関連遺産群」(山梨県、静岡県)について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)が、条件付きで世界文化遺産への登録を勧告したと発表したのでした。
勧告を踏まえ、今年6月にカンボジアで開かれるユネスコの世界遺産委員会で登録が正式決定される見通しである。富士山は、平成23年の「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」(岩手県)以来、国内13件目の世界文化遺産となる。日本ではどのようなものが世界遺産として登録されているか貼り付けますね。ご確認下さい。

日本にある世界遺産(登録済のもの)
http://www.heiwa-ga-ichiban.jp/sekai/

日本の世界遺産.com(登録済のもの)
http://world-heritages.com/

今回、残念ながら鎌倉が世界(文化)遺産登録は叶わなかったようですね。武士の古都鎌倉とはいえ鎌倉時代で武士の古都すべてを語るのが難しいのかなと思います。なんと言いましても鎌倉にはお殿様が住まうお城も侍の住まう武家屋敷もありませんからね。じゃあなぜ、鎌倉より文化遺産が少なかったように思いますが、平泉が世界遺産となることができたか、私、ふらぬいははっきり申しまして分かりません。あの、平泉が世界遺産で鎌倉よりその遺跡の数において量や質で劣るなんて言ってませんよ。
それで鎌倉が再度世界文化遺産申請となると今回と違った取組が必要でしょうね。私、ふらぬいが勝手に考えますに、鎌倉は
①サムライ、侍、もののふの発祥の地は外せません。
②武士道、座禅は日本的な文化として前面に出します。中国からきた禅宗などとは使ってはいけません。武士道、座禅の鎌倉とスッキリさせます。葉隠れ、五輪の書、さらに忍者、忍術も鎌倉の武士その集大成で使用する。宮本武蔵、伊賀、甲賀の忍者そして真田十勇士も必要とあれば利用する。
③さらに刀(かたな)、日本刀がどうしてあのようなものになったその生い立ちと刀鍛冶文化を前面に出してお見せします。刀匠、刀工の世界は日本オリジナルのものですからね。
④海外で武士道について書かれた書物、たとえば「菊と刀(きくとかたな)」を出しにその確証がなぜ鎌倉にあるかとか、日本人が古都鎌倉をたたえるというより世界の著名人が日本、鎌倉をたたえるものの確証を古都鎌倉に見つけていただくのが良いと思います。出来るかどうかは鎌倉の皆さんに頑張ってもらうしかないでしょう。
あの蛇足ですが、鎌倉の寺院、神社等の建物群は外人さんは中国の寺、韓国の寺、タイの寺、ベトナムの寺、日本の寺もみな同じ仏教の寺で区別できませんからね。まして寺と神社においてをやですからね。さらにそちらの建物群はもう日本で世界遺産になっていますからあまり前面に出さないほうが良いと思いますね。

あっ、すいません鎌倉が世界文化遺産登録が延期になっただけで鎌倉の文化遺産の街としての輝きは何も衰えてはいませんからね。鎌倉世界遺産チームの方は自信をもっていただいて結構ですからね。
鎌倉世界遺産のブログではありませんでした。失礼しました。

富士山に「登山鉄道」を敷設?をつれづれぶろぐしました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック