鎌倉源氏山散歩のつれづれぶろぐ

昨日、3月26日に思い立って鎌倉に出かけました。今年はどうしても源氏山の桜をみておきたかったからです。鎌倉散歩はもしその散歩が鎌倉の古刹(こさつ、古い寺、古く由緒ある寺)散歩が目的で有れば天候に左右されるものではありませんが、源氏山散歩は出来れば天候に恵まれるほうがよいとの考えもありました。昨日はその源氏山を目的地に散歩するには絶好の日よりでもあったのです。

横浜若葉台から相鉄バスで相模鉄道線三ツ境へ。三ツ境から大和は相模鉄道、大和で小田急江ノ島線に乗り換え藤沢へ。藤沢で江ノ電に乗り換え鎌倉駅にやってきました。途中江ノ電の車窓からは江の島や三浦半島そして鎌倉の光る海を眺め悦に入って?おりました。

本日の鎌倉源氏山行きは江ノ電鎌倉駅がスタート地点になります。江ノ電鎌倉駅です。
画像

江ノ電鎌倉駅はJR鎌倉駅西口と隣合わせになっており、通常の鎌倉観光のスタート地点JR鎌倉駅東口とは異なりますよ。こちらはJR鎌倉駅西口です。
画像


昨日の毎日新聞地方版にJR鎌倉駅改修工事の記事が掲載されておりました。取り上げますね。

「JR東日本横浜支社は、横須賀線の鎌倉、北鎌倉両駅の駅舎を秋までにリニューアルすると発表した。世界遺産登録に向け準備が進む中、国内外から観光需要の増加が見込まれるとして、玄関口にふさわしい駅にするという。鎌倉駅では、東西駅舎の屋根、外壁塗装▽駅構内と改札口付近の案内サイン、駅名板の改良▽東口のみどりの窓口周囲の壁面を改良▽地下通路部分の鉄骨桁を塗装し照明をLEDに改良−−を行う。改札上の広告板が駅名板になり、改札室の茶色い壁面と合わせて古都らしさを醸し出す。
北鎌倉駅では、駅名板や外壁の一部改良が実施される。
合わせて1億6000万円程度の改修費用を見込んでおり、9月末ごろまでに完成させる予定。北鎌倉駅ではバリアフリー工事も進めており来年2月に完了する」
とのことです。

鎌倉が世界遺産登録されると観光客が大勢訪れる予定で、世界遺産の駅に見合った(相応しい)駅舎に建て替えることになるのだそうです。鎌倉駅ばかりでなく北鎌倉もですから鎌倉ファンの私、ふらぬいも気になります。現在の駅舎も悪くないと思いますがね。

あっ、鎌倉を世界遺産にと、そのホームページがありました。貼り付けます。

鎌倉世界遺産登録
http://www.bukenokoto-kamakura.com/
意気込みが伝わります。世界遺産に登録されるといいですね。

では、鎌倉源氏山に向かって歩き始めます。

江ノ電鎌倉駅を出て鎌倉市役所方面に歩きます。少し自動車道は細いのですが歩道は大丈夫です。
画像

TVドラマ「最期から二番目の恋」で中井貴一さんが観光課長として働いていた鎌倉市役所ですね。世界遺産登録のため萬田久子さんと、ちとおかしな関係になったり、小泉今日子さんと色々やっかいなことがあったりして・・・。ちょっと大人のドラマが演じられました・・・。と言ってもTVドラマの中だけでしたし、そのドラマを観ていない方には何がなんだかわかりませんよね。失礼。
少し行き過ぎ振り返りますと、まだ桜は残っているようでした。
画像


鎌倉市役所を過ぎて御成(おなり)隧道(トンネル)が見えてきました。
画像

御成トンネルを抜けると景色が一変します。私の前を行くこのお二人は銭洗い弁天に行くのでしょうか。それとも・・・。あちらからも二人連れ・・・。
画像

四辻(よつつじ)に目的地の掲示があります。鎌倉では四辻が似合いますね。十字路なんて使いませんよ。
画像

ここの地名は佐助(さすけ)地区と言うのだそうです。
画像

真田幸村と猿飛佐助ファンの私、ふらぬいは急遽、佐助稲荷神社を目指します。
画像

佐助稲荷神社下社です。
画像

画像

急な階段を一気に駆け上がります。写真撮影する暇もありませんし、それよりそんな気分にはなれませんでした。失礼。
神社としては大きな社(やしろ)ではありませんが、雰囲気はよかったですよ。
画像

画像


さっき昇ったばかりの急な階段を下りますと民家に桜や春の花々が・・・。次に銭洗い弁天を目指します。
画像

銭洗い弁天を目指して歩きます。こちらもずっと登り坂。写真ではたいしたことないように見えますが、実際は高齢者に足を入れつつある私、ふらぬいにはちときついのです。
画像

なんとか銭洗い弁天の入り口にやってきました。
画像

謂われを貼り付けますね。私、ふらぬいはもう何度も来ていますから知っておりますがね。でも何回も訪れても、それでもってふらぬい家のお金が増えたとの御利益はあったのでしょうか。多分あったのでしょう。
画像

トンネルをくぐって中に入ります。今日は若者が多いですね。私の存在がちと場違い? 今回はご利益があまり期待できない感じがしますが・・・。
画像

画像


早々に銭洗い弁天を辞去し源氏山公園を目指します。途中、葛原岡(くずはらおか)神社に続く道の先にも源氏山公園があるそうなのですが縁結びなんたらとの文言に、もうそういう自分じゃない?と独りごち、源頼朝公が鎮座します源氏山公園を目指します。入り口に案内板がありました。
観光案内板が源氏山公園の謂われを語る場合もありますが、ただ単に地図案内に終始する場合もあります。この案内板がただの行き先案内図というか地図・・・。源氏山案内図でした。
画像


源氏山公園の桜は満開を過ぎているようですが、花見客はそれなりにおりました。あの上野公園や隅田川の花見客を想像されても困りますよ。桜の花は静かに愛でるものです。飲めや、歌えや、そして踊れやは少し違いますからね。
画像

確かに源頼朝公が鎮座されておりました。
画像

正面から撮しました。「もいちど読む山川日本史」の伝源頼朝像と私、ふらぬいの頭にあるものとも違い?立派な源頼朝像でした。
画像

この像の近くになんらかのタイムカプセルが埋められていると・・・。2050年に掘り出すのだそうです。ちと先が永いと独りごつのでした。

源氏山はここまで歩くのが大変なのだからでしょうか、若い二人連れ、若い夫婦の花見客が多いようでしたね。あっ、私より少し年上で、リュックを背負ったお二人をお見かけしました。うらやましいかぎりです。意味がわかりません?
画像


源氏山から古都鎌倉を一望できるところはないものかとさらに高みを目指しました。かがやきの森? 何を意味するのでしょうか。かがやくこと、立派なこと、光でキラキラすることでしょうね。鎌倉を一望する源氏山? そういえば鎌倉山があったような・・・、地名かな・・・。失礼。
画像

もしかしたらそのような場所がこのかがやきの森の中にあったのかも知れませんが、若い二人連れが楽しい一時(ひととき)を過ごしていたようでそちらの方にはいきませんでした。

源氏山公園から鎌倉駅に戻ります。もちろん今まで歩いてきた道を戻るルートもあります。戻る途中にお寺巡りのコースもあります。私、ふらぬいは化粧坂(けわいざか)切通(きりとおし)を通って鎌倉駅に戻ることにしました。
画像

写真ではそのように見えませんがかなり急な坂道です。もちろん舗装されておりません。運動靴でないとちと無理かもしれませんね。ちなみに、ふらぬいは運動靴です。
息を切らせて降りてきました。化粧坂の謂われの石碑が立っておりました。
画像

なんと怖い謂れの坂だったのですね。謂れを読んだことは忘れて鎌倉駅に戻りましたよ。

鎌倉散歩は北鎌倉駅が起点で鎌倉街道沿いにお寺(古刹)を訪れ鶴岡八幡宮に至り若宮大路か小町通りを通り、鎌倉駅東口をよしと私、ふらぬいは信じておりました。でも、鎌倉駅西口からめぐる鎌倉源氏山散歩も楽しいものとの認識をもちましたね。

鎌倉駅が世界遺産登録を目指してどのように変貌するか楽しみでもあります。鎌倉駅東口を起点にするにせよ、鎌倉駅西口を起点にするにせよはたまた北鎌倉を起点にするにせよ鎌倉散歩は楽しいと再認識した源氏山散歩でした。

鎌倉源氏山散歩のつれづれぶろぐでした。





源頼朝 鎌倉幕府を開いた源氏のリーダー 学習漫画・日本の伝記 / 柳川創造 【全集・双書】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル哲学・歴史・宗教フォーマット全集・双書出版社集英社シュウエイシャ発売日1989年0

楽天市場 by 源頼朝 鎌倉幕府を開いた源氏のリーダー 学習漫画・日本の伝記 / 柳川創造 【全集・双書】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

鎌倉源氏三代記 一門・重臣と源家将軍 (歴史文化ライブラリー 299) (単行本・ムック) / 永井 晋 著
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。

楽天市場 by 鎌倉源氏三代記 一門・重臣と源家将軍 (歴史文化ライブラリー 299) (単行本・ムック) / 永井 晋 著 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック