札幌 北海道大学想い出散歩

先々月末、10月末、私事で北海道上富良野(かみふらの)に帰省しました。この文言で始まるブログも何度か認(したた)めました。通常の帰省は羽田から旭川空港に飛び、レンタカー(車)で実家に出かけ、車で旭川空港に戻り、羽田、横浜若葉台戻りのルートでした。
今回は私事の前に、これは公事でも私事でもありませんが久しぶりに同窓の仲間と再会の北海道札幌行きが決まっておりましたので、新千歳空港往復のフライトを予約しておりました。私事(別の私事です)はその新千歳空港往復の間に行う予定でした。その計画に大きな狂いが生じたがため、その新千歳フライト往復にさらに急遽、旭川空港往きのフライトを利用せざるを得なくなってしまったのでした。それゆえ、札幌新千歳空港往復フライトのうち、往復の往のフライトの利用ができなくなり、往復の復のフライトだけは利用することができ、横浜に戻ることができたのですが、途中札幌で秋の日差しを浴びて北海道大学構内を歩く時間がとれたのです。

札幌行き、北海道上富良野駅からは富良野線電車(気動車です)で新装なった旭川駅(すばらしい駅舎に変貌していました)へ、そして旭川から札幌は函館本線特急電車を利用しました。北海道内でこれだけ長時間?JRを利用するのは本当に久しぶりでした。
その北海道内長時間?JR利用があったから、それに触発された?と言うわけではありませんが(意味がわかりませんね、失礼)、10月30、31日、北海道札幌の北海道大学(北大)構内を久しぶりに散歩してきました。その時、写真を少し撮ってきましたので、私、ふらぬいの北海道大学時代、約45年前を偲んで想い出散歩したブログです。

写真は10月30日撮影したものですが、現在すでに北海道札幌は、多分、銀世界となっており、北海道大学構内も同じく一面銀世界と思います。それで、時節柄、少しそぐわない気もしますが、そこはそれとしまして、私のあの旅ぶろぐ同様、想い出散歩と名付けました。秋の北大構内を想い出散歩するブログです。北大の建物を見ながら約45年前に思いを馳せ、そして想い出を綴ります。

それで札幌で一夜を過ごしたホテルから眺めた北海道大学の全景です。北大病院が目に付きますが・・・。
画像

すぐ手前、近くにクラーク会館が見えますので、札幌市民ですと、どこのホテルから撮ったものとすぐに分かります。このホテル、私、ふらぬいの札幌での常宿(じょうやど)です。そう言えば、ふらぬいにとって、札幌市の常宿は今回のように駅の近くと中島公園の近くにもあります。何度も出かけると自然と常宿が出来てくる? そう言えば、バンコク、香港、台北、パリそしてミラノにも常宿があったかも。あっ、なにも自慢していませんからね。

このホテルからですと一番近い北大構内への出入り口はクラーク会館と生協(COOP)の建物の横から入ることができますが、正攻法で札幌駅から行きます。

札幌駅JRタワーです。札幌駅北口ですね。
画像

札幌駅北口は45年前は現在のようなビジネス街ではありませんでした。普通に札幌駅の裏側といった感じで、住宅も多くあったような気がします。私の記憶の中にある札幌駅北口は、同級生と一緒に初めてボウリングをしたところです。さらに、大学教授崩れ?の親父さんが経営するラーメン店に先輩に連れていってもらい、当時120円もする札幌ラーメンを食した思い出ですね。ラーメンを調理する技術、理論、哲学までを私にとうとうと述べておられたような・・。そのような親父さんの経営する店ですから間もなく閉店し、もちろん今では跡も形もありません。札幌駅というと、何故か初代トヨタカローラの展示を友人と見に行った記憶があるのです。寒い冬の日で大学1年の時でしたね。友人の彼は既に車の運転免許を取得しておりましたが、私に免許はありませんでした。その後、人気を博したこの車のどこがどう良いのかさっぱりわからず、彼の話をうつろに聞いていたのでした。その時に初代カローラに試乗したのかどうかの記憶はありません。

北8条西5丁目にあった電停で路面電車を降りると北大の正門があります。路面電車も電停も今ではありません。私が大学を卒業した後、札幌オリンピックの時に地下鉄が開通し、こちらを走る路面電車は廃止されましたからね。

北海道大学のホームページです。
http://www.hokudai.ac.jp/
もしかしたら私の記憶間違いを正してくれるかも知れませんので貼り付けました。

正門では観光客、お年を召したご夫婦が学生に記念写真を撮ってもらっておりました。嬉しそうでした。
正門を入って右側に北海道大学案内ボードがありました。現在の北大構内全景が分かります。
画像


北大札幌キャンパス地図も貼り付けますね。こちらの方がよいのかも。
http://www.hokudai.ac.jp/introduction/campus/campusmap/guidemap.pdf

正門を入って右側にレンガ造りの大学事務所(本部?)の建物がありました。45年前は法学部?の建物だったと思うのですが、例の学園紛争時、建物を占拠した学生と警察、機動隊が彼らを排除しようとの争いがありました。私は、ノンポリ(死語かな)学生で遠くで見守っていましたが・・。
正門左手には、45年昔は学生部か本部かなにかの木造2階建ての建物があったような気がします。その中に学生が利用する診療所?があって、私も歯の治療をしてもらったことがありました。今では別の建物となってその面影もありません。

道なりに右方向に入っていくとその右手に大学付属図書館があります。この図書館は何年か前に建て替えられたと思いますが・・・。大学付属図書館自体、45年前もあまり利用した記憶がありません。新しくなった図書館(現在の付属図書館と同じかは不明)、ふらぬいも建設費は少し負担したような気がしますが、にも入った記憶はありません。もっと付属図書館を利用しておけばよかったと今では思いますね。大学構内で利用する図書館は学部単位にもたくさんありましたからね。そちらを多く利用しましたからね。

図書館の左手には広いなだらかな芝生があって、川(今では池?かな)もながれています。45年前、授業が無いときにはよく寝転がって日なたぼっこをしたものです。冬はスキーの練習をしている学生もいたそうな・・・。なだらかな緩いスロープで本州からやってきた学生にはちょうど良かったとか、彼らはよく自慢していましたね。これは武勇伝? でも、当時もスキー禁止にはなっていなかったような気がします。一方、川にはさらに昔のことですが、鮭が遡上してきたとか・・・、それを素手で捕って食べたとか、先輩の先輩が言っていたとか。これも武勇伝? 私はもちろんどちらも見ていませんよ。

写真は古河講堂です。この講堂に入ったことはありませんが、当時、45年前と変わりませんね。浅野炭鉱、古河雨竜鉱業所の古河と関係があるのかなとずっと思っていました。国の重要文化財でもあり観光客は入れません。
画像


遠くに見えるのがクラーク会館です。これも45年前と姿形は変わっていない? 見えませんが、左手に生協(COOP)の店があります。
画像

工学部電子工学科に進学が決まって盛大?な歓迎会が開催された場所です。さらに、クラーク会館の2階の食堂、ここのスペシャル定食、当時で120円(大学構内で一番高級な定食)、を食べたことが私、ふらぬいの武勇伝ですかね。

クラーク先生の像ですね。昭和41年4月、私の入学式の時に父母と一緒に写真を撮りました。大志を抱きましたよ。
画像


昆虫学教室です。45年前にもありました。この校舎にも入ったことはありません。観光客は入室禁止となっておりました。私も今では観光客です。
画像


農学部の校舎ですね。私が受験した本州のある大学の入学試験会場になりました。右手1階の教室で受験しました。大学生になってから入ったことがあったかどうか不明です。農学部に進学した友人に会いに入ったことは多分あるでしょうか。
画像

この農学部校舎が一番北海道大学らしくていいですね。

エルムの森を抜けます。「札幌農学校は蝦夷が島 中略 エルムの木陰で真理解く コチャエコチャエ」と歌った場所ですね。エルム、ハルニレ(楡)です、の大木が小径の両側にあります。何本かはその寿命を終え伐採されており写真だけというのもありました。
画像

あっ、もっと左、手前がエルムの森でした。随分、エルムの木も痛んでました。あれから45年ですからね。
この写真は旧理学部校舎をエルムの森側から撮ったものになってしまいました。

この写真の建物、45年前は確かに理学部の校舎だったのですが、今は博物館とか。この校舎の2階が私のこの北大の入試試験会場でした。その教室はまだ残っておりました。
画像


左折して理学部の校舎を両側に見て歩きます。理学部の建物に圧倒されます。ここの駐輪場は大きいスペースがありますが満車(輪)です。右手に建物のある場所は昔、馬術部が使っていたような気がしますが。
ポプラ並木です。もう昔の面影はありませんが、45年前を思い起こさせる並木道です。
画像


このポプラ並木の手前近くに新渡戸稲造先生の像があります。5千円札の肖像というより、武士道の著者として有名な方ですからね。ブログでお見せしたことがありましたが、観光客は気がつかないようです。

理学部の学生たちです。
画像

こんなに理学部に学生がいるのかと驚くくらい自転車駐輪場に自転車がありました。お見せしませんが。

理学部、現在博物館になっている、の道路を挟んで向かい側には法・文・経済の校舎(研究所)がありました。この校舎、45年前にも学生が占拠し、警察・機動隊が排除した校舎でしたが、現在はその影も形もありません。立派な校舎・研究所に変貌していました。写真もありませんが・・。
45年前ですが、その法・文・経済の校舎の隣には、低温科学研究所の建物がありました。あの中谷宇吉郎先生が雪の研究をなされたところでしたでしょうか・・。もしかしたら違うかも・・。今ではずっと北に移ってしまったと。

また近くには立派な学生食堂もできていました。その隣には迎賓館?らしき建物でしょうか、確認しませんでしたが。

左手に池をみながら北へ北へと歩みを進めます。

45年前ですが、左手には建築工学科の建物、さらに工学部の大校舎と電子・精密工学部の校舎が続き、一方、右手には応用電気研究所があったのです。今回、左手奥の校舎群と右手の校舎が大きく変わっていました。応用電気研究所のさらに向こうは薬学部の校舎だったのですが、45年前に薬学部校舎は無かったような? どこにあったのかな? 右手はかの有名な銀杏並木、さらに北大病院に続きます。

45年前はこの銀杏並木の道路を、北13条西2丁目にある私、ふらぬいの下宿から、教養学部の校舎へ、また工学部の校舎へと急いだものでした。

さらに北に進みますと、右手に歯学部、医学部の校舎群があったような。45年前にもあったかどうかは不明ですが。多分、私が卒業してから建てられたように思いますが。

一方、左手に確かにあったあの少し貧弱な電子工学科・精密工学科の我が3階建て校舎は国際本部留学生センターの立派な建物に建て変わっておりました。どのようなことを本務としておるのか内部は調べておりませんが・・・。
画像

4年前、北大電子7期の還暦同期会が行われた時に、3階建ての我が電子工学科の校舎としてまだ存在しておりましたし、中に入り、電子工学科の先生方や後輩に挨拶までしたのに、その建物がこのように国際交流センターに変身しておりました。感慨深いものがありました。

こちらは情報教育館、観光学研究センターとか、放送大学学習センターなど掲示がかけられていました。ふらぬいの調査は行われておりません。
画像

電子工学科の学生時代、このあたりはまだグランドだったような気がしています。学友とソフトボールをした場所ですね。そう言えば北大野球部?もこのグランドで練習していたような気がしますが。

さらに教養学部の校舎がこれまた大変身しておりました。高等教育推進機構とかなんとかの掲示がありましたが・・・。

昔の教養学部までいきます。ここの自転車の駐輪場も満車(満輪)状態です。北大構内は広いですから自転車の移動は必須のようです。私の時代は徒歩で次の授業現場に急いだとの記憶しかありませんが・・・。
画像


教養学部、もう旧教養学部なのかな、の玄関ですね。
画像


ここだけは中に入ってみました。大勢の教養学部学生(そうでないかも)がおりました。

ノーベル賞を受賞された鈴木先生の展示がありました。
画像


教養学部校舎の道路を挟んで向かい側には体育館がありました。今では、第一、第二とかたくさんあるようですが・・・。
画像

昭和41年4月にこの体育館で私も出席した大学入学式が行われました。体育館と言いましても、何回か建て替えられておると思いますので、この地、この場所にあった体育館のことです。

私の父、母も上富良野から息子の入学式出席のためわざわざ出かけてきたのです。そして入学式に入学生の父と母として参加したのでした。思い起こせば正確には46年前ですね。父はそれから4年後に亡くなり、母は46年後、つい、先々月、10月22日に亡くなりましたが・・・。

札幌市の北8条から北18条まで北大構内想い出散歩を行いました。さらに北には今では獣医学部、農場、低温科学研究所などもあります。そちらを約45年前、学生時代には歩いたことがありませんでしたので、散歩しながらの想い出ブログで取り上げるのはちと難しい気がします。でも、何時の日かつれづれぶろぐすることはあるかも知れません。

札幌 北海道大学想い出散歩のブログでした。

私、ふらぬいが大学時代、一番長い時間を過ごし、想い出がたくさんつまった北海道大学工学部、そして電子工学科が今回、ほとんど触れられておりませんでした。こちらはまた別の機会にブログで取り上げる予定でおります。でも、いつになりますことやら・・・。
あのぅ、後書きで失礼ですが、今回のブログ、想い出ブログと銘打っていますが写真だけでも愉しんでいただけたらと思っています。そうすると北大掲示板と北大札幌キャンパスだけで良かったのではとのコメントも来そうですが、そこは、つれづれブロガーとしての品格?が許しませんとか・・・。本当に失礼しました。

この記事へのコメント

ken
2013年02月02日 17:59
時々楽しく拝見させて戴いてます。ふらぬいさんの頃にクラーク会館1Fでエルムランチという定食はありましたかー?(笑)
2013年02月03日 12:34
kenさんからコメント質問がありました。浅野炭鉱ブログのkenさんですね。私が在学中(S41.4~45.3)はクラーク会館ではエルムランチという定食は無かったと思います。学生食堂の定食は、A定、B定、コープランチだけだったような。当時各70円、80円、90円でした。さらにその上をいくスペシャル定食だけがクラーク会館の食堂で120円で提供されていたのです。当時のワンコイン100円で食べられない定食は貧乏学生の私にとっては夢の定食でした。(涙)
ken
2013年02月03日 22:08
ふらぬいさん、覚えていて下さってありがとうございます!少しだけふらぬいさんと近い経験がある浅野出身(年齢は一回り位後輩だと思います)です。宇宙も少しだけ関係しました。小生も貧乏学生で働きながらの就学でした。エルムはきっとA定のランクですねー、コープランチは小生のときもありました♪(笑)、コメントありがとうございました(^^)/

この記事へのトラックバック