ふるさと 北海道雨竜郡沼田町旧浅野炭坑のつれづれぶろぐ、じわじわ

今回の、ふるさと 北海道雨竜郡沼田町旧浅野炭坑のつれづれぶろぐは、”じわじわ”です。 今回で24回目になります。團伊玖磨さんの名作、「パイプのけむり」にあやかって名付けております。團伊玖磨さんの名作、「パイプのけむり」は第27巻の”さよなら”まで続きます。次回の25回は”どっこい”そして26回”シットリ”と続きます。

今回のブログも久しぶり、7ヶ月ぶりの「ふるさと 北海道雨竜郡沼田町旧浅野炭坑のつれづれぶろぐ」になります。前回の”さわやか”ぶろぐでは、浅野炭鉱の町のある橋に焦点をあててつれづれぶろぐしました。今回は村影弥太郎さんの「村影弥太郎の集落紀行~廃村と過疎の集落を訪ねて~」に”沼田町浅野”を見つけてしまったことにより書き始めました。そのウェブサイトを貼り付けます。

村影弥太郎の集落紀行~廃村と過疎の集落を訪ねて~
http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/01-3.Doo/Numata_Asano.html

そのウェブサイトの表紙?に昭和45年3月国土地理院発行、沼田町浅野5万分の1の地図が掲載されていました。昭和43年11月に浅野炭鉱は閉山しておりますが、もしかしたら浅野のこの地図が国土地理院発行では最後のものと思いますが、どうなのでしょう。

私、ふらぬいは昭和43年国土地理院発行の浅野の町の地図を

ふるさと 北海道雨竜郡沼田町旧浅野炭坑のつれづれぶろぐ、”まだまだ”
http://470830.at.webry.info/201003/article_7.html

のブログで紹介しておりました。そのブログの中にある昭和43年、昭和47年、平成05年の浅野の地図なのですが、昭和47年には浅野炭鉱の街の建物がすでに除去され、建造物の無い廃墟の町になっております。さらに平成05年には浅野の地図がホロピリ湖の地図に変わっています。
それで、浅野炭鉱の町、最後の地図? 昭和45年3月国土地理院発行、浅野の5万分の1地図ですが、村影弥太郎さんのウェブサイトからコピーして貼り付けます。国土地理院そして村影さん、ご了解願います。

昭和45年3月国土地理院発行、浅野の5万分の1地図です。
画像


この地図では浅野炭鉱の町に3橋(橋の数え方は橋(きょう)です、本ではありませんよ)の大きな橋があったことが分かります。新雨竜橋、東橋、大通橋ですね。私、ふらぬいはこれらの橋を渡った記憶はありませんし、多分渡ったことも無かったと思います。私が渡った記憶がある橋は、浅野炭鉱の選炭場から古河雨竜鉱業所の事務所ならびに同配給所を繋ぐ橋(前回の”さわやか”ブログで紹介した橋です)、そして掘田商店近くの橋と、ここに橋があったと沼田町浅野地域史跡図に記載の橋、3橋ですね。それらの橋の名称は相変わらず分かりません。あっ、そう言えば、川添町?にあったのでしょうか、あの怖い吊り橋?も渡った記憶がありません。

いつもお世話になっております”あさのQさん”のブログ
http://08046784.at.webry.info/201210/index.html#1008

その中にある、”あさのQさん”がお父上(?)の押すリヤカーに乗り渡っている橋、あのブログの写真の橋が浅野の5万分の1地図の”大通橋”なのかなと考えています。写真後方に浅野炭鉱の選炭場が見えるのと新雨竜駅、ニューテアトルの屋根が写真奥左手に見えるような気がしておりますので多分そうかなと思いますね。

今回の村影弥太郎さんの”沼田町浅野”によりますと、浅野にはお寺が3寺(寺の数え方は寺(じ)または山(さん)です)あったと記されています。その3寺ですが、浄光寺(浄土真宗)は沼田町浅野地域史跡図に記載されていて分かりますが、あの怖い吊り橋の先にあるお寺が瑞巌寺(曹洞宗)なのでしょうね。沼田町浅野地域史跡図にはさらに宗派は分かりませんが西寺の記載があります。私が考えるに、浅野の5万分の1地図で新雨竜駅の裏側(繁華街、アーケード街ではなく、製材工場のある方)にお寺の記号があります。そのお寺が妙勝寺(日蓮宗)ですね。そうすると浅野には4寺あったことになりますね。お寺が4寺もあるから浅野の町の当時の賑わいも分かります、とは言いませんが、やはり驚きです。

浅野の5万分の1地図から、炭鉱病院の位置、郵便局の位置もわかりますね。東町?近くにあった神社、浅野大祇神社と言うのだそうですが、の位置もはっきり確認できます。

あっ、それで今までブログ仲間で書き上げてきた沼田町浅野地域史跡図を貼り付けます。いつか清書しようと思いながら、怠けて清書もせずに毎回ブログで使っています。
画像


沼田町浅野地域史跡図を詳細に観ていきますと沼田町役場分室が郵便局の近くにありましたね。私が浅野会館と書いているところは私よりお若い皆さんが指摘されるように確かにニューテアトルでした。さらにもう一軒の映画館古河会館の近くに隔離病院(病舎)があったことも分かりました。さらにその道路側には浅野巡査駐在所があったのです。

あっ、それと相変わらず私、ふらぬいが言い続けていますが、ここに橋があった筈、ここにお米の配給所があった筈と記載の場所近くに配給所倉庫があること分かりました。私が5~6歳頃にお米の配給所近くで友人と遊んだ記憶が甦りました。

それと新雨竜橋、東橋があったところが東町?なのでしょう。ここから浅野小、浅野中学校通学は大変だったでしょうね。特に雪の多い冬季には雪をかきわけかきわけての通学だったと思いますね。

それと今回沼田浅野地域史跡図を見直してみて、共同浴場の多さには目を瞠りましたね。滝ノ沢共同浴場ははっきりと記載されていましたが、数多くの共同浴場が見つかりましたね。浅野炭鉱で働く従業員とその家族のためなのでしょうか。確かにたくさんの共同浴場が浅野の町にあったことわかりました。浅野炭鉱の遺産という写真集に共同浴場跡の写真がありましたが、どこの共同浴場なのでしょうか。滝ノ沢共同浴場なのでしょうか? 多分そうなのでしょう。沼田ダムのホロピリ湖への水没を免れそうな場所にありましたからね。

私、ふらぬいにとって、昭和45年3月国土地理院発行、沼田町浅野5万分の1の地図と沼田町浅野地域史跡図を眺めると、ふるさと浅野炭鉱の街、まぼろしの町が浮かび上がってくるような気がします。

私事ですが、9月30日~11月20日の約2ヶ月の間に、ふるさと会が東京で2回、高校同期会が札幌で1回ありました。私、ふらぬいの個人的な事情もありまして、全てに参加できた訳ではありません。でも、個人的には、ふるさとのことを知りたい。友人、知人のことを知りたい。そして、ふるさとの言葉、なまりを聞きたいとの考えは今でもあります。私、ふらぬいにとって、今は第二の故郷、北海道上富良野町がふるさとなので、そちらへの参加がほとんどなのです。

一方、ふらぬいにとっては第一の故郷(生まれ故郷)である浅野炭鉱、浅野の町の出身者、かって浅野に在住したことがある人たちによるふるさと会が札幌などで行われているそうです。ブログか何かで読んだり、はたまた伝え聞くところによりますと、かの浅野小学校、浅野中学校卒業生の同窓会が行われていますと。また、かって浅野炭鉱の町に在住した方たちのふるさと会が札幌などで行われているそうです。そのような同窓会、ふるさと会にかって参加したとの文面に時々出くわすことがあります。私のかっての友人で、私の旧浅野炭坑のつれづれぶろぐの第1回目に登場した、あの「よしのぶ」さんは2年前に札幌で同窓会開催のための幹事会を開いたと連絡ありました。そのような同窓会、ふるさと会、”浅野会”、”浅野ふるさと会”とでもいうのでしょうか、そのような会を3~4年毎に行っているとの話ももれ伺っております。ですから、「よしのぶ」さんのあれから3年後、もしかしたら来年、2013年、または再来年、2014年には札幌で”浅野ふるさと会”という名の同窓会、またはふるさと会が開催されるのかも知れません。もし、浅野の同窓会開催、浅野ふるさと会開催、そのような話が私のブログを読んでいる皆さんの周りでありましたら、ふらぬいに連絡下さい。このブログに書いて皆さんに知らせますからね。よろしくお願いします。

ふるさと 北海道雨竜郡沼田町旧浅野炭坑のつれづれぶろぐ、”じわじわ”でした。

あさのQさん、今回もブログを拝借させていただきました。有り難うございます。

しばらく後で、と言っても本日12月12日、気付いたのですが、私が小学校5年(6年の間違いかも)生の頃、母と一緒に訪ねた、浅野新雨竜駅近くの天理教?か何かの建物は、今回分かった妙勝寺(日蓮宗)、この寺だったのではないかと思います。ふるさと 北海道雨竜郡沼田町旧浅野炭坑のつれづれぶろぐ、””まだ”
http://470830.at.webry.info/201002/article_10.html
では、新雨竜駅近くの天理教?か何かの建物に泊まったと書きました。何かの建物とは、間違いなく、この妙勝寺(日蓮宗)だったと思うのです。私は浅野の町のお寺に出かけた記憶はないと以前ブログで書きましたが、実はあったのだと思います。それで、母がその妙勝寺の住職、またはその奥さんと懇意だったからではないかと思うのです。ふらぬい家は現在でも日蓮宗の檀家です。私の母も今年の10月22日に亡くなりました。(12月12日 ふらぬい記)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2012年12月31日 22:49
ふらぬい様
あさのQです。お久しぶりです。興味深いブログを発見しましたので、お知らせいたします。札幌在住の昭和23年生まれの方です。同窓会の情報などがあるかも知れません。ふらぬい様のブログも紹介させていただきました。よろしくお願いいたします。http://asano-numata1948.seesaa.net/

この記事へのトラックバック