ふるさと北海道上富良野の千望峠駐車公園から十勝岳連峰、大雪山を望む

今回のブログでは、私、ふらぬいの故郷(第2の故郷)でもあります、北海道上富良野(かみふらの)の千望(せんぼう)峠駐車公園から秀麗な十勝岳連峰と大雪山を望みます。ということは、その秀麗な十勝岳連峰と大雪山を写真でお見せすることなのです。はっきり申しまして上富良野町を宣伝するブログです。でも、上富良野町からは何も頂いておりませんからね。当たり前です。

十勝岳連峰は富良野岳、十勝岳、美瑛岳、オプタテシケ山からなり、2000メートル級の山が連なり、その最高峰に位置するのが標高2077メートルの活火山、十勝岳なのです。私が記憶している(自分の目で見た)だけで2度の噴火を起こしています。一方、大雪山(だいせつざん)は北海道の中央高地にある火山群。最高峰は旭岳(大雪山)は標高2290メートルもあります。原始林・峡谷・瀑布・湖沼などが点在し、原始的景観を随所に見(魅)せてくれ、山岳愛好家を惹きつけています。皆さんがまだ記憶に新しい、というか、先日の中国、万里の長城遭難事故でまたまた思い出してしまった、あの悲惨な遭難事故のあったトムラウシ山(標高2141メートル)も大雪山系に含まれます。それで、十勝岳が北海道で標高が旭岳に続く第2位の山ということになっています。私、ふらぬいは生まれてこのかた、北海道上富良野在住時、そして札幌在住時も、はたまた横浜に居住を移してもずっとそのように理解してきました。この考えが、理論的?に正しいかどうか今では定かではありませんが・・・。でも、北海道の山の厳しさは本州の山とは高さを千メートルプラスして考えて欲しいと言われていますからね。特に北海道の冬山はいくら山岳愛好家、登山のプロとはいえ冬山登山は危険が伴い、万全の装備と注意が必要です。

なんで北海道の山をこのようにくどくど説明しているのかと思いますよね。ただ単に、秀麗な十勝岳連峰と大雪山を見せてくれればいいんでないかい、との声が聞こえてきそうです。十勝岳連峰、大雪山を写真でお見せするブログでしたね。

でも、まずは故郷の北海道上富良野にあります千望峠駐車公園から紹介しますね。何か良いものがないかなと考えておりましたら、これです、上富良野十勝岳観光協会のホームページがありました。私のブログにも何回か貼り付けていますので、またあれか、などと仰らずにアクセスして下さいね。

それで、
上富良野 十勝岳観光協会のホームページです。
http://www.kamifurano.jp/

その中にあります、かみふらの八景マップです。
http://www.kamifurano.jp/eight_spots/index.html

上富良野町・八景、その3が千望峠です。つまりそこから眺める上富良野町と十勝岳連峰の眺望がすばらしいと言っているようです。私、ふらぬいはこの千望峠駐車公園の眺めが大好きで帰省するたびにこの千望峠駐車公園に車でやってきます。でも、上富良野市街地はいざ知らず、いつもは雲がかかり、全貌をなかなか見せてくれないのが十勝岳連峰でした。今回の帰省時、そのうらみ? つらみ? が晴れましたよ。こんなに素晴らしい十勝岳連峰の景色を千望峠駐車公園から眺められたのですからね。それで、その千望峠駐車公園から撮った十勝岳連峰、大雪山を写真でお見せできることになったのです。

10月の末日近く、まもなく千望峠駐車公園がクローズになると聞いて、千望峠駐車公園に出かけ十勝岳連峰の山並み、大雪山を写真におさめてきました。ということは、この千望峠駐車公園からこれらの山の姿が望めるということなのです。もちろん天気が好くて、山に雲がかかっていなければとの条件がつきます。相変わらず説明がくどいですね。失礼。

今回はそれらの条件にすべて恵まれまして、私の愛機デジカメできちんと撮影、記録してきました。お見せします。

まず、秋の雪を頂く十勝岳連峰の山並みです。頂上にみな冠雪があります。そして麓まで降りてきています。
画像


千望峠駐車公園から遙か遠くにこちらも雪を被った大雪山が見えます。
画像


かみふらの八景の中でも写真を見ることができますが、私、ふらぬいが撮った千望峠のかみふらの八景掲示を入れての十勝岳連峰です。
画像


この写真を撮影した千望峠駐車公園は11月1日からクローズになりました。富良野国道237号、通称花人街道から上富良野市街地とは反対側、私が上富良野フットパスブログで紹介しましたが、江花方面に向け山の中に入っていく必要があります。千望峠の名の通り、眺めは素晴らしいのですが駐車公園の除雪もままならないため、冬場はクローズせざるをえないのでしょう。春から夏、夏から秋にかけては駐車公園に続く道の両側の畑は美瑛の丘に勝とも劣らない素晴らしい景色を眺めることができます。それゆえ、千望峠のフットパスとしてハイカーに人気があるのですけどね。もし今回私のブログで千望峠に興味をもたれた方がおられましたら、富良野国道237号、花人街道通行時に脇道に入り、かみふらのの丘を眺めつつ、千望峠からの十勝岳連峰と大雪山を眺められてはいかがでしょうか。

あっ、それで、JR上富良野駅から出かける方への説明がありませんでしたね。

JR上富良野駅です。建物は4~50年昔からほとんど変わっていません。
画像


このJR上富良野駅で降りますね。駅を出ますと駅前通りがあります。ここは変わりました。あの、この通りが上富良野町の繁華街ではありませんからね。繁華街は国道237号の旧道沿いにあるのです。

画像


この駅前の通りを真っ直ぐすすみますと、上富良野町の繁華街を横切り、さらにしばらく歩きますと富良野国道237号、花人街道にぶつかります。その交差点に信号機はありませんが、自動車の通行に注意し、そこを左折して、信号機がある交差点を右折します。そこからは道なりに真っ直ぐに進んでいきます(少し下ってその後、しばらく上ります)とやがて千望峠駐車公園が右手に見えてきます。その駐車公園で、もし幸運であれば今回お見せした景色が見られます。JR上富良野駅から歩くと60~70分かかりますね。ですから、タクシーかバス(バスは多分運行してない?)で出かけることになりますね。ちなみに私、ふらぬいは車で出かけたことしかありませんでした。

ふるさと北海道上富良野の千望峠駐車公園から十勝岳連峰、大雪山を望むブログでした。

大滝秀治さんではありませんが、「久しぶりにきれいな十勝岳をば見た」が私、ふらぬいの感想です。良い写真が撮れました。ブログに貼り付けた写真では高精細な写真印刷ができません。悪しからず。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック