東急田園都市、ベトナムに輸出します。 えっ どうして?

あの東急田園都市線の街と鉄道をベトナムに輸出する構想があるのだそうです。なんと言いましても、住民の高齢化が進み鉄道の主要な客である通勤客も先細りが予想される、東急田園都市線沿線、もう来年以降新たに分譲できる土地もなくなり、田園都市線の沿線人口も2025年前後から減少に転じると見込まれると言います。それで、東急としては、田園都市線沿線に見切りをつけ、田園都市線の鉄道もその沿線の住宅ともども、ベトナムに輸出することを決めてしまったとか。私、ふらぬいの住む、横浜若葉台団地、高層住宅団地ですが、我が家も一応、田園都市線沿線の住宅に含めようと思えば含まれます。それで、私の住む団地もベトナムに十把一絡げ(じっぱひとからげ)で輸出されてしまうのでしょうか? 心配です。
でも、そこはつれづれぶろぐ、”これみよがし”で始まります。東急田園都市、ベトナムに輸出します。えっ、どうして? のブログです。

久しぶりに使った”十把一絡げ(じっぱひとからげ)”の意味を広辞苑で確認します。
十把一絡げ:どれもこれも価値のないものとして、多数をひとまとめに扱うこと。また、何もかも一緒くたにして扱うことです。
と、言うことは、田園都市線の鉄道もその沿線の住宅地も価値が無い訳ではありませんから、私、ふらぬいの言葉の使い方が間違っているのかも。でも、まあ、何もかも一緒くたにして扱うとの意味でしたらいいかなと思いますね。

昨日の朝日新聞朝刊の一面の片隅に衝撃的な記事が掲載されていました。「田園都市 輸出します」との文言です。ただ、”交通網・宅地セットで開発”、”東急 ベトナムに進出”とのタイトルが添えられていましたので、我が横浜若葉台団地が少子高齢化に伴い、ベトナムに輸出される訳ではないようです。当たり前ですが・・・。

それでその朝日新聞記事です。

「人気ドラマのロケ地にもなり、ブランド住宅街として知られる東急田園都市線(東京都、神奈川県)沿線をモデルに、東急電鉄は、交通網と宅地を一緒に開発する街づくりのノウハウを初めて輸出する。ベトナムのホーチミン市近郊で住宅地の開発やバス路線の整備を手がける」
と書き始めています。

東急田園都市線沿線の住宅、高層マンション、一戸建て住宅とも、はトレンディドラマの舞台になることが多く、実際、我が横浜若葉台団地のマンションもあの「金曜日の妻たちへ」の舞台として使われました。さらに、私が企業戦士時代、毎日通勤に使っていたバス停はドラマではバス停名を変え、行き先を変えて使われていました。それで、私、ふらぬいがそのトレンディドラマ「金曜日の妻たちへ」を観ていたのかと言いますと、そこは企業戦士時代、放映時間帯にもずっと会社で働いていたか、戦地である外国へ出張中でしたから、観てはいませんでしたけどね。でも、家人からは、XX棟XX室でドラマの撮影があったのよとか、あのXXさんとYYさんが撮影に来ていたそうよとか教えてもらいましたからね。でも、XXさんもYYさんも私自身存じあげておらず恥の上塗りは避けねばいけないので、そうかそれは良かったなどと空(から)返事をしていましたが・・・。意味がわかりませんね。でも、あの時は一時的ではありましたが、我が横浜若葉台のマンションの部屋が売れ残っていたのが幸いして、ドラマの舞台としての新築マンションの一室として使っていたとか・・・。ZZ・TV局のしかるべき方が新築なったばかりの横浜若葉台マンションの住人だったから、TVドラマの舞台として使ったとか、いろいろありましたね。本当のことは私、ふらぬいは芸能界の世界は知りませんよ。もう随分先のことですし、住民も随分代わりましたから・・・。思い出話ですね。

朝日新聞記事は続けます。
東急電鉄は、
「足元の東急田園都市線沿線は住民が高齢化し、人口が間もなく減少に転じる。将来を見据えた戦略の第一歩という。「ベトナムでもこんな街づくりをしてみたい。協力してもらえないか」と、昨年春、ホーチミン市の北30キロにあるビンズン省の幹部が来日し、田園都市線に試乗した。たまプラーザ駅(横浜市青葉区)周辺の街並みなどを視察すると、こう話したという。これがきっかけで東急のベトナム進出が実現した」
と言います。ベトナムのホーチミン市は旧サイゴン市ですね。南ベトナム時代のサイゴン市はそれはすばらしく発展していた大都会、南ベトナムの首都でもありましたからね。でも、ベトナム戦争時、戦火にまみれ、破壊されてしまいました。ベトナム戦争終結後、やがて全ベトナムは統一され、ベトナム全土は復興し、現在ではベトナム経済が大いに発展しておりますからね。ベトナム国内は、今から30年以上前の日本に近づきつつあるのでしょうか・・・。
あの、私、ふらぬいは残念ながらベトナムを訪れる機会には恵まれませんでした。でも、私がタイ国バンコク市滞在中、私がミス・サイゴンだったのよ、と自称、ミス・サイゴンと仰る方からサイゴン市の有り様は伺っていましたから、サイゴン市がどのように美しい街だったかは知っているような気がしていますね。でも、彼女は私が行きつけのタイ、バンコク市の飲食店経営者でしたから、彼女、つまりミス・サイゴン嬢(少しお年を召していましたので、ミセス・バンコク?)の話すサイゴン市が本当に美しい街だったかどうかは定かでないのです。私が彼女、自称ミス・サイゴンが経営する飲食店を訪問したその時には、何故かいつも仕事に疲れていて、酔って彼女の話を聞いていたような・・・。そんなことないですね。多分、彼女、ミス・サイゴン嬢のあまりにも本当らしい話に私自身、酔ってしまっていたのかも知れません。

東急電鉄は、
「今年3月に(ベトナムの)地元企業と合弁会社を設立し街づくりを開始。2014年度までに高層マンション1500戸を建設、富裕層向け1戸建ても建設、ホーチミン市のベッドタウンとして全体で7500戸規模の街にする構想であると。東急田園都市線と同様に、街路には緑をふんだんに植え、車道と歩道を分けるなど、暮らしやすさも追求する。商業ビルや娯楽施設も検討している。
さらに6月には、省内の主要都市と周辺都市を結ぶバス路線網の計画立案に協力する覚え書きをベトナム政府と結んだ。ホーチミン市に通勤・通学する人たちの足の整備も構想に入る。
日本の鉄道会社が大規模な街づくりまで手がけるのは珍しいとのこと」
です。

東急電鉄株式会社が本プロジェクトの概要をホームページで公表していました。貼り付けますね。半年以上前に公表されていました。
http://www.tokyu.co.jp/contents_index/guide/pdf/120227.pdf

ついでに東急電鉄株式会社のホームページです。
http://www.tokyu.co.jp/
今話題の渋谷Hikarieをチェックできます。

あっ、ここでご存じ無い方のために東急田園都市線を紹介しますね。
田園都市線:
高級住宅地の田園調布(東京都大田区)になぞらえ、「多摩田園都市」と名付けた。川崎市、横浜市、東京都町田市、神奈川県大和市にまたがる開発総面積は約5千ヘクタール。広い区画の一戸建てが並ぶ住宅街として人気となり、現在は約60万人が住む。沿線は80年代にテレビドラマ「金曜日の妻たちへ」の舞台に。昨年も「家政婦のミタ」のロケ地になった。

私、ふらぬいが横浜に出てきた1970年には田園都市線とは東京都大田区大井町と横浜市緑区長津田を結ぶ鉄道路線でした。その後、大井町と二子玉川(ふたこたまがわ:住人は”にこたま”と略称します)間が大井町線になり。二子玉川から渋谷に延伸され、一方、長津田から大和市中央林間まで延伸、現在では渋谷と中央林間を結ぶ路線が田園都市線と呼ばれています。たまプラーザ、あざみ野、青葉台の沿線、そして長津田以遠中央林間までの新興住宅地がブランド?住宅地と呼ばれているような・・・。

それで、ベトナムに輸出されることになった東急田園都市、交通網と宅地をホーチミン市近郊でセットで開発することになる訳ですが、完成した暁にはやはり、ホーチミン近郊田園都市ではなく、サイゴン近郊田園都市と復活命名されることになるのでしょうか。あっ、これは私、ふらぬいの勝手な想像、妄想?ですからね。聞き流して下さい。

田園都市ですから、やはり呼び名はガーデンシティ(garden city)でしょうね。ちと田舎臭いルーラル(rural)とか、牧歌的なパストラル(pastoral)は多分使わないのでしょうね。ホーチミン市は北ベトナムの指導者だったホー・チ・ミン氏、あの皆から慕われたホーおじさんに因んで名付けられたとのことですね。旧サイゴン市(Saigon、西貢(サイゴン)、柴棍(サイゴン)とも書きます)の復活はあるのでしょうかね。サイゴン近郊田園都市も捨てがたい? 私が心配してもどうなるものでもありませんが・・・。

とにかく数年後には、田園都市線沿線と同じ様な風景が、と言うより、ベトナムに日本の田園都市園沿線の風景にも似たベトナムのガーデンシティが誕生するのです。楽しみですね。そして、ベトナム全土にベトナムのガーデンシティを舞台にした、あの日本の30年前のトレンディ・ドラマに似たドラマがTV放映されるのでしょうか。その時には我が横浜若葉台マンションに似た建物はどんな役割を果たすのでしょうか。あのバス停にはどんな役割があるのでしょうか・・・。何も無いのかも・・・。

東急田園都市、ベトナムに輸出します。 えっ どうして? のブログでした。

日本からベトナムへ、新幹線輸出とか原子力発電所を輸出との話は進んでいるのでしょうか。この頃、この話は少し下火のようですが・・・。日本が現在、Japan as No.1の輸出商品と言えば確かにこの二つの分野(高速鉄道と原子力発電所建設)の商品でしょうからね・・・。でも、鉄道(交通網)と宅地・住宅をセットで、しかも日本品質で開発提供出来るって素晴らしいことでしょう。この田園都市輸出が日本とベトナム両国にとってさらなる良い関係になるよう期待せずにはいられないのです。あっ、どの国とどの国の関係などは期待せずどうでもいいなどと言ってませんからね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ 通販

    Excerpt: 東急田園都市、ベトナムに輸出します。 えっ どうして? よこはまふらのつれづれぶろぐ/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ 通販 racked: 2013-07-03 16:53
  • プラダ バッグ

    Excerpt: 東急田園都市、ベトナムに輸出します。 えっ どうして? よこはまふらのつれづれぶろぐ/ウェブリブログ Weblog: プラダ バッグ racked: 2013-07-06 04:00