タンゴと中島みゆきと研ナオコのつれづれぶろぐ

先日来、養老孟司著の「旅する脳」という本を読んでいて、タイトルの「タンゴと中島みゆきと研ナオコ」と、養老孟司さんらしからぬタイトルに惹きつけられました。この旅する脳はJALグループ機内誌の「SKYWARD」に毎月掲載されていたものを一冊の本にまとめたものなのですが、私もJALを使う時には読んでいたコラムでもありました。でも、毎月JALを利用してどこかに出掛ける訳でもありませんので、この「タンゴと中島みゆきと研ナオコ」は読み損ねておりました。たまたま、図書館で「旅する脳」の本を見つけて読んだのですが、養老孟司さんが、アルゼンチンタンゴと中島みゆきの音楽に興味をもってよく聴くと書いており、私もアルゼンチンタンゴは言うに及ばず、中島みゆきも好きなアーチストであり興味をもって読みました。

養老孟司さんは免疫系に好影響を及ぼす音楽療法について触れているのですが、好きで聴く音楽の効用としてアルゼンチンタンゴも中島みゆきも非常に情緒的であると・・・。それゆえ、理屈を考える、理屈をこねくりまわす(?)仕事の方には、仕事を離れると理屈っぽいものは必要でなく、情緒的なものが欲しくなる。それで、バランスをとるためにも、アルゼンチンタンゴや中島みゆきといった情緒的な音楽を聴きたくなるのだろうと説明しているのです。私、ふらぬいはアルゼンチンタンゴが好きになったのは仕事で出掛けたアルゼンチンのブエノスアイレスでアルゼンチンタンゴのすばらしさに染まってしまったからであり、中島みゆきについては情緒的というより、彼女の音楽そのものが私の感性に合致してしまって、良かったからなのです。理系の私、ふらぬいとしましては、音楽に理論は不要であり、良いモノは良い、聴きたいから聴くそれだけなのですが・・・。あまり堅いこということなしで、アルゼンチンタンゴと中島みゆきと研ナオコのつれづれぶろぐです。

養老孟司さんは「タンゴと中島みゆきと研ナオコ」について、神保町にある「ミロンガ」という喫茶店に入った話から書き始めているのです。この「ミロンガ」という喫茶店は当時でも珍しいタンゴ喫茶だったようです。彼が学生時代にはよく利用した喫茶店だったらしいのです。今では、「ミロンガ・ヌォーバ」と名前が変わっているようですが、タンゴのライブコンサートも行われているといいます。私もアルゼンチンタンゴ大好き人間として、喫茶店で、カフェ・コン・レチェ・カリエンテ(熱い牛乳入りコーヒーです)をオーダしてみたい気持ちです。あのアルゼンチンで毎朝、サンドイッチとコーヒーをオーダしていたものですから、自然と口に出てきます。

「ミロンガ・ヌォーバ」の紹介が以下のURLにあります。
http://go-jimbou.info/shoku/cafe/cafe003_mironga.html

あっ、それでミロンガとはアルゼンチン・タンゴのダンスを踊る場所、ダンスパーティのことなのです。ヌォーバがスペイン語読みからするとちと分からないのですが、’nueva’、ヌエバで新しいの意味かも。しかも、’mironga’でなく’milonga’が正しいのではと思いますが、お店の名前になんやかや言ってもどうなるものではありません。(すいません言っています)

なんで、この「タンゴと中島みゆきと研ナオコ」と「ミロンガ・ヌォーバ」をブログに取り上げたかといいますと、先日、お江戸花見散歩をしたときに、お茶の水駅前から明治大学前を通り、さらに大きな靖国通り通過、神田神保町から九段下に抜けたのですが、この「旅する脳」の「タンゴと中島みゆきと研ナオコ」をもし事前に読んでいたら、必ずや私は「ミロンガ・ヌォーバ」で休憩をとったであろうと思えるからです。私、ふらぬいは無理矢理自己主張を通すタイプではありません。(そうかな) なるべく皆さんの意見を聞き、まとめて調整することを良しとするのが好き、しかもそれが得意なタイプ、性格でもあります。でも、タンゴ、しかもアルゼンチンタンゴについては、他人(ヒト)様の言うことをきかずに自己主張を貫いてしまうのです。私はアルゼンチン料理を食しながらタンゴ演奏に浸るのは六本木のお店とずっと考えており、「いつかきっと」と考えていながら、その時期を失していたのです。今回、お江戸花見散歩の前に「ミロンガ・ヌォーバ」の知識があればと、このように行きそびれることもなかったのでしょうから。本当に一期一会を無駄にしてしまったと無念かつ残念に思っているのです。(そうでもないですね。これからいつでもいけますからね)

このブログを書くために心に秘めていた(?)六本木のアルゼンチン料理店をネットで調べてみましたら、私の六本木店は2001年に閉店しておりました。「カンデラリア」というお店でした。私が仕事で、郵政省飯倉分館に出入りしていた時には確かに在ったのですが、一人で出掛けるのはと、入りそびれてしまって・・・。そういえばもう20年前?にもなります。もうあれから20年、随分昔のことでした。六本木の防衛庁もミッドタウンに変わっておりました。

世の中の移り変わりを身にしみて感じますね。どこかで10年一昔? いや5年? 3年? 今では1年が一昔などとブログで書いてきました。満開の桜の花を眺めるのもあと何回? などと友人と話すことも多くなりました。「よのなかはつねならむ」、諸行無常の世の中なのです。

「旅する脳」の中で、養老孟司さんは、中島みゆきの歌ではと加藤登紀子も歌っている「この空を飛べたら」が好き。また、研ナオコの歌では中島みゆきが作曲した「あばよ」が好きと書いています。どちらも情緒的だからと思いますけどね。折りにふれて起こる様々な感情を歌に込め、その気分を歌っているのですからね。
私は中島みゆきは「時代」と「地上の星」、研ナオコは「かもめはかもね」と「愚図」が好きなのですが。「愚図」は中島みゆき作曲ではない? 阿木燿子と宇崎竜童コンビの歌でした。といっても、中島みゆき、研ナオコご両名の歌う歌は私、ふらぬいはみな好きなのです。感情、情思、雰囲気ですね。研ナオコは声帯を手術されたりまた胆のうを手術したりで、少し声量が落ちてきたのが気になりますがね・・。

「旅する脳」には何もふれてはおりませんが、
中島みゆきは帯広柏陽高校から札幌の藤女子大学を出ています。(すごくローカルな話です) 藤女子大学は私の大学時代の下宿がありました札幌市北13条西2丁目から北に2条ほど行ったところにありました。つまり、本当に目と鼻の先のところにありました。私が藤女子大学のキャンパスに入ったかどうかの記憶は定かでありません。また中島みゆきは、私の4年後輩ですから、私が私の大学の構内で彼女を見かけたこともないのでしょう。また、私の下宿先のTさんのお嬢様が藤女子大学に通っておられたのです。私より1年先輩でしたが・・。私なんか随分年下にみられて・・・、あまりお付き合いもなかったかな? あったのかな? もしかしたら、彼女のお友達、この方もTさんと言います、と一緒に藤女子大学のキャンパスに入って見学したことはありましたね。あっ、それから、私の姪(めい)が藤女子の出身でしたが・・・。いまでは名前がTさんになって。これもローカルな話ですね。

もうここまできたら「旅する脳」からは”ぶれ”ますからね。
中島みゆきと対比される松山千春、私は彼のファンでもあり、彼の歌は私のカラオケの持ち歌でもあります、は私の故郷富良野からすると、帯広市の先、池田町のさらに先にある足寄(あしょろ)町の足寄高校出身ですね。彼の先輩にはあの鈴木宗男元代議士がおります。彼は道東自動車道(高速道路です)を帯広空港から足寄まで延ばしました。そして、北方領土返還に随分尽力されておりました。今では北海道の代議士どなたが道東自動車道延伸、北方領土返還に身を粉にして働いているのでしょうか。鳩山由起夫代議士もどなたもな~んもやっておりませんね。そういえば、足寄で思い出しました。私の大学時代教養学部で同じフランス語を履修したに友人にも足寄高校出身者がおりまして、土木工学を修め国家官僚になりました。もう彼は私と同じペンションライフを満喫されているかと・・・。それともシロアリさんになっているかも・・・。そんなことどうでもいいですよね。

中島みゆきの音楽的才能と文才そしてそれらの功績についてはいうまでもなく、私たちに素晴らしい音楽と詩を残してくれています。まだまだこれからも活躍されると思います。こんなこと言ってはなんですが、彼女からはなんとなく北海道出身の女性としての利発さ聡明さに裏打ちされた感性そして雰囲気を感じますね。男には負けないものを内部(うち)に秘めつつも北の国の女性らしいセンスと感受性がある・・ような気がする。また、あるところでは男性をきちんとたててくれるような・・・。違うかな・・・。なんでこのように思うのかは口では言えませんが・・・。中島みゆき、いいですね。誉め過ぎてはいないと思いますけど。

アルゼンチンタンゴも中島みゆきそして研ナオコのこともしっかりとつれづれぶろぐしておりませんでした。どこか、焦点がはっきりしない、だらだらブログで失礼しました。「いつも、同じ様なブログじゃあないか」と、仰いますよね・・・。今回は、ブログのタイトルを繰り返すのを遠慮させていただきます。

アルゼンチンタンゴも中島みゆき、そして研ナオコも稿を改めてブログにする機会もあると思います。よろしくお願いします。(本ブログでは一部敬称は省略させていただきました)





国CD> 中島みゆき / 荒野より
ザ・ショックプライス
■アーティスト / タイトル 中島みゆき / 荒野より ■ジャンル邦楽国内盤CD盤/ロック・ポップス

楽天市場 by 国CD> 中島みゆき / 荒野より の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

中島みゆき 夜会 DVD全8枚組セット【smtb-S】【送料無料】
ユーキャン通販ショップ
伝説の「夜会」が今、あなたのもとへ?中島みゆき本人いわく「コンサートとも芝居ともミュージカルとも称し

楽天市場 by 中島みゆき 夜会 DVD全8枚組セット【smtb-S】【送料無料】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

中島みゆき / DRAMA!
ザ・ショックプライス
※お取り寄せ 発送の目安:2日から4日前後 ■ジャンル 邦楽国内盤CD/ロック・ポップス ■発売日

楽天市場 by 中島みゆき / DRAMA! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック