ふるさと 北海道雨竜郡沼田町旧浅野炭坑のつれづれぶろぐ、降っても

今回の、ふるさと 北海道雨竜郡沼田町旧浅野炭坑のつれづれぶろぐ、は”降っても”です。今回で22回目になります。なんで”降っても”ですか、と質問されますか? それはですね、ふるさと 北海道雨竜郡沼田町旧浅野炭坑のつれづれぶろぐは團伊玖磨さんの名作、「パイプのけむり」にあやかって番号を付けているからなのです。團伊玖磨さんの名作、「パイプのけむり」の第22回、第22巻は”降っても”だからなのです。それで、この次、23回目は、”さわやか”になります。そして、その次、24回目は、”じわじわ”と続きます。團伊玖磨さんの「パイプのけむり」に添えられた言葉のすばらしさ、また、氏がその言葉を選ぶにあたっての、苦心、気心(きごころ)、気配りぶりが偲ばれます。

今回は、旧浅野炭坑ブログ仲間(すいません、勝手に仲間にしたりして)の「あさのQ」さんから、私のブログにコメントと言いますか、とても重要な情報をいただきましたので、私のブログに書きとどめ、皆さんにお知らせすることにしました。

「あさのQ」さんは、8月29日、旧浅野炭坑、浅野の町にでかけ、と言っても、浅野の町はホロピリ湖に沈んでおりますので、ホロピリ湖を見下ろす展望台にでかけたのだそうです。その展望台で、「あさのQ」さんの浅野時代の同級生の妹さんにお会いしたことをブログに認(したた)めております。さらに、展望台にて入手した旧浅野炭坑の浅野の町の写真を、彼の「浅野Qブログ」並びにYahooフォトに貼り付けて公開してくれてもおります。それらの写真について、全部ではありませんが、私はどこかのブログで見たことはありました。しかしながら、写真の精度の問題もあり、また、説明が少なかったこともあって、あまり興味を惹かれるものではなく、そのままになっていました。
今回、「あさのQ」さんが、それら写真に説明を加えてくれたこと、また、旧浅野炭鉱のつづれぶろぐの仲間の皆さんのお陰で、沼田町浅野地域史跡図の詳細がかなり分かってきたこともありまして、展望台の浅野地域史跡図に添えられていた写真から浅野炭鉱閉山前の浅野の町の様子が分かってきました。それで、今回、「あさのQ」さんのブログ、「浅野Qブログ」をもとに、私のブログでも紹介したいと考えたわけなのです。
「あさのQ」さん、そういうことですので、よろしくお願いします。また、皆さん、しばしお付き合い下さい。

でも、オリジナルは「あさのQ」さんのブログですので、そちらの紹介から始めますね。「あさのQ」さんのブログを読むと、写真も揃っていますので、ほとんどすべてのことが分かります。
「あさのQ」さんのブログ、①②を紹介します。そちらもお読み下さい。

①雨竜郡沼田町字浅野
http://08046784.at.webry.info/201109/article_1.html

ブログでは、展望台で入手した旧浅野炭鉱の写真を、IMGファイルでブログに貼り付け、その説明を付け加えてくれました。ヤフーフォトにすべての写真が提供されています。

②浅野訪問(2011年夏)
http://08046784.at.webry.info/201109/article_2.html

また、こちらのヤフーフォトに現在のホロピリ湖の景色、浅野の町を思い出させる紹介もあります、を貼り付け、見せてくれております。

今回も、沼田町浅野地域史跡図を貼り付けますね。
画像


「元住民?かな」さんが最新にしていただいて以降、改版しておりませんが、「あさのQ」さんの説明を理解する上では、とても役に立つと思います。映画館の名前が、浅野会館ではなく、ニューテアトルになっているようですが、私、ふらぬいの頭が昭和30年6月、浅野の町を離れた時で止まっていますので、ご容赦願います。

それで、「あさのQ」さんが入手された、沼田町浅野地域史跡図では、オリジナルの地図に記載の文字がはっきり写っているようです。それで、我々が付け加えた史跡図の内容が、それと大きく違っていましたら、修正したいと思いますが、ここまで皆さんと一緒に書き加え、作り上げてきておりますので、これからもこちらを使っていきたいと思います。

それで、「あさのQ」さんが今回、旧浅野の町を見下ろす展望台に出掛け、沼田町浅野地域史跡図と共に貼り付いていた3枚の浅野の町の写真をブログで紹介してくれましたので、私のブログに貼り付けさせていただきます。「あさのQ」さんのように説明はできませんが、本ブログの沼田町浅野地域史跡図と併せ観ていただきますと、昭和40年前後の、浅野の町が浮かび上がるのではないかと思います。

浅野市街写真1 留萌鉄道の踏切を渡ります。踏切を渡り、しばらく歩くとT字路、浅野の繁華街に至ります。
画像


写真左手中央に火の見やぐらが見えますね。留萌鉄道踏切の向こうの建物が消防署、消防番屋?です。留萌鉄道を左手に進むと映画館、新雨竜駅があります。そして線路は恵比島に至ります。留萌鉄道を右手に行きますと、幌新太刀別川を左手、浅野炭鉱選炭場を右手に見て昭和方面に至ります。踏切を越えていきますと、T字路の横棒部(?)にあたる浅野の町の繁華街に出ます。ラジオ店、そろばん塾、大沼時計店がありました。

浅野市街写真2 新雨竜駅、留萌鉄道と浅野の町。写真1は写真2の中央やや右の道を右斜め上に行ったところの留萌鉄道の踏切近くなのでしょう。
画像


かなり見にくい写真ですが、左手奥に新雨竜駅が見えます。前々回の旧浅野炭坑ブログ、”暮れても”で新雨竜駅の写真をお見せしました。写真右奥、中ほどに浅野の繁華街のT字路交差点が見えます。人が2~3人歩いているところが、T字路交差点で、そこから左方向に行きますと新雨竜駅のアーケード商店街が左手にあり、さらに行きますと浅野小学校、中学校に行きつきます。

浅野市街写真3 浅野市街写真2をさらに右側にパンしたもののようです。(「あさのQ」さんのブログでは3枚構成で紹介されています。)
画像


右手中央に大原グランド、右手奥の黒く見えるのが大原町の炭鉱住宅です。幌新太刀別川が大原グランド、大原町炭鉱住宅と浅野市街を分けるように流れています。写真の右手中ほど、木立のあるところを幌新太刀別川が流れ、手前側を道路、留萌鉄道が通っています。見えませんがね。ですから、幌新太刀別川は右手から写真中央奥の方に湾曲して流れています。写真の中央、奥の方に架かっている橋が見えます。ブログによく出てきました堀田商店がその橋の左手にあります。この橋を通って私は浅野小学校に通いました。私にとっても思い出の橋です。この橋の下、真っ黒い水がいつも流れていました。
この橋は、昭和63年8月、私が浅野の町を訪れた時にはまだ健在でした。その時には川の水は澄んでいて、川の上流でも、昔は昭和炭鉱がありました、人の営みは無くなったのだと寂しい思いがしました。

今回は、「あさのQ」さんが「浅野Qブログ」に貼り付けてくれた写真、3枚をつかって、旧浅野炭坑の町を思い出しながら、つれづれぶろぐしました。写真は色々なことを語ってくれます。その威力にはおどろきますね。

私は、この浅野の町で生まれ、育ってはいますが、浅野小学校2年の1学期終了後、7月、この町を離れました。それで、私の記憶にあるのは、浅野小学校への通学路と、自宅があった大原町そして曙(あけぼの)町界隈、さらに炭鉱病院、配給所、炭鉱事務所周辺だけなのです。浅野の町の繁華街については、お店に入って買い物した記憶がありませんので、ほとんど憶えておりません。唯一憶えているのは、駅前の映画館と写真館、そして、堀田商店の向かいにあったお店で飴(水飴?)を買ったことだけです。でも、浅野の町の昔(当時)の写真を眺めてみますと、やはり、この場所憶えている。歩いたことがある。 などと、かすかながら記憶が甦ってくることがあります。今回はそのような懐かしい思い出に会えたような気がしました。

「あさのQ」さんのブログには浅野炭鉱そのものの写真もあります。あのいつも見かける浅野炭鉱遺跡、選炭場跡の写真ではありませんよ。操業中の浅野炭鉱の写真もヤフーフォトに貼り付けてありました。是非ご覧下さい。
現在のホロピリ湖の写真も添えられていました。しかも、その場所にこのような建物があったとのタイトル付きです。それで、ある一枚の写真から、浅野炭鉱、浅野の町に関する事柄を思い出されることもあるのではないかと思います。もし、その時には、是非、私のブログへのコメントでも、トラックバックででもよろしいですので、教えて頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

ふるさと 北海道雨竜郡沼田町旧浅野炭坑のつれづれぶろぐ、降ってもでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2011年09月05日 20:23
ふらぬいさん
私のブログの紹介ありがとうございます。
これからも公開できる写真を張り付けていきますので、よろしくお願いします。
展望台には30分ほどの滞在でしたが、お会いした同級生の妹さん以外にも、ご両親が浅野に住んでいらした方にもお会いしました。以前に訪れた時もそうでしたが、わざわざあの展望台に登って茶色い湖を眺めたいと思うのは、よほど因縁のある人ばかりなのでしょうね。近くに立っていた工事トラックの誘導係のおじさんは、よく浅野のことを尋ねられると話していました。もっと長く滞在していたかったですね。
クマ
2011年10月09日 11:51
昭和22年11月3日沼田町浅野にて産湯を使い生まれました。今日、このブログを見て大変懐かしく思いコメントいたしました。
私は、東町に住んでいましたが、学校に通うには遠くて大変でした。
しーちゃん
2011年11月28日 11:27
初めまして ふらぬい様
私は、1949年4月29日山手町で生まれました。
そして、中学入学してすぐ(4月末)兵庫県へお引越しいたしました。現在は、ふらぬい様のお近くの多摩ニュータウンに住んでおります。
とっても懐かしくブログを拝見させていただきました。
またの更新を楽しみにしております。
永江聡
2011年12月31日 09:24
JR深名線の路線バス廃止されました

大変うれしい
ながっちょ
2012年08月30日 15:17
私は昭和33年浅野に生まれました。幼稚園の頃閉山前でしたが旭川に転居。しかし、祖母が夏には毎年、浅野の友人宅に長期に滞在していましたので、私も毎年、夏休みは故郷浅野で過ごしていました。
ブログ懐かしく涙がでました。堀田さんのおねえちゃんには、かわいがっていただきました。
ながっちょ
2012年08月30日 15:37
9月にホロピリ湖に行ってきます。浅野のお墓には祖父と祖母が眠っています。一度ホロピリ湖訪ねた事がありますが、直接お墓参りはできないみたいです。湖越しに妹とお参りしてきます。余談ですが、父は私が生まれる日マラソンか駅伝かに出ており走っているときも大変気になったと生前話していました。

この記事へのトラックバック

  • 小6修学旅行、卒業文集

    Excerpt: スキャナが使えるようになりましたので、昔の写真をUPしていきます。 Weblog: あさのQ racked: 2011-09-08 21:24