鎌倉五山 円覚寺散歩

鎌倉散歩、前回の、「花の寺 明月院」に続いて、鎌倉五山の円覚寺(えんがくじ)を取り上げます。このお寺も四季の彩りを楽しむことができますね。臨済宗円覚寺派の大本山です。円覚寺は弘安5(1282)年、北条時宗が文永・弘安の蒙古襲来で戦没した敵味方の霊をなぐさめ、禅宗を広めることを目的として建立されたと言われています。
円覚寺境内では、大勢で大声を出して歩くことはできるだけ避けて、一人または二人(恋人、夫婦または好きな方二人)で静かに境内を歩き、禅文化にふれ、四季の彩りを楽しむのが良いと思います。

鎌倉五山の「五山」とはインドの五精舎にならって中国で始められた制度で、禅宗の保護と統制を目的に、格式の高い5つの寺を定めたものだそうです。禅宗が日本にはいってくる前のお寺は、たとえ有名寺院であっても「五山」に含まれないのです。鎌倉三代の後を継いだ北条氏は多くの禅宗寺院を建立しました。それゆえ鎌倉には京都の貴族文化とは違った武家による貴族文化に対抗しうるもの、それも新しい仏教である禅宗文化が育ちました。鎌倉時代末期に中国から五山制度が伝わり、まず鎌倉五山が定められます。室町時代には鎌倉と京都それぞれに五山が選定され、定着します。禅宗寺院は武家勢力と結びつき、幕府の統制を受けることになります。その後、為政者の思惑により五山の順位は何度も改められ、足利義満の頃に京都、鎌倉五山の順位が定まり、現在に至っていると言われています。
それで、鎌倉五山とは、第一位が建長寺、第二位が円覚寺、第三位が寿福寺、第四位が浄智寺、第五位が浄妙寺であり、ちなみに京都五山は、第一位から順に、天龍寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺があり、別格として五山の上に南禅寺が位置していると言われています。

鎌倉五山、第二位の臨済宗大本山円覚寺、このお寺は北鎌倉駅を出て、徒歩5分、そんなにかからない?、の場所にあります。北鎌倉の駅を出て、すぐのところに鎌倉観光案内の掲示がありました。
画像


この鎌倉観光案内の掲示を見ながら、今日はどことどこのお寺を巡ろうと計画を立てるのが良いのです。私は円覚寺散歩ですから、そんなにじっくり眺め、計画を立てる必要はありません。でも、北鎌倉、鎌倉が初めての方には参考になりますよ。少し写りがよくなかったのは気になりますが・・・。

ここから円覚寺散歩がスタートします。
画像


円覚寺の総門です。ここを抜けると境内に入ります。
画像


受付で拝観志納金を支払います。前方右手、階段の上に、円覚寺の山門が見えています。
画像


ここの階段は上らず、左手前方に進みます。桂昌庵、松嶺院を左手に見て進みます。
画像


禅の道場でもある居士林がありました。禅に興味のある方必見です。
画像

左手に寿徳庵、正伝庵と続き、庭園は芽吹いた木々の緑と花々で彩られておりました。

正続院、国宝舎利殿は公開されておりませんので残念ながら拝観できません。国宝舎利殿だけでも遠くからということでしたら、ここの門から拝観できますよ。座禅道場ともありますので、見逃すところでした。さらに境内奥に進んでいきます。
画像


円覚寺 塔頭 仏日庵の北条時宗廟所(開基廟)を拝観します。庵内に立派な垂(しだ)れ桜がありました。
画像


私より少しお年を召した方たちが数人、そして外人の方が2人、拝観に訪れていまいした。ここでも拝観料をお支払いします。
画像

画像


開基廟を過ぎ、右手に白鹿洞(ここから白い鹿が現れ法話に耳を傾けた伝説がある)がありましたがパスして、さらに階段を上ります。
画像


左手の続灯庵には入りませんので真っ直ぐに進みます。円覚寺では最奥になりますが、黄梅院の境内です。木々、草花が咲き乱れています。円覚寺の四季の彩りを感じる光景です。ここを見学しないともったいないとの印象がしましたね。
画像


さらに奥に聖観世音菩薩の建物がありました。聖観世音菩薩が居られました。きちんと参拝しました。
画像


黄梅院を後にして戻ります。左手に如意庵があるのですが、階段を下りてきたのに、こちらは急な階段を上る?ので、後ろ髪を引かれる思いで下りてきました。
画像


円覚寺方丈の裏庭に観光客が大勢集まったいました。大きな池もあって、感じの良い庭園でした。観光客の恋人同士がカメラを向けあっていたので、何故か気圧されて写真を撮ってきてはいませんでした。

円覚寺の方丈、庫裡のある場所、庭に入ります。円覚寺方丈、庫裡の正面から入った訳ではありません。庭には木々の花、草花が咲き乱れ、ひっそりと百観音が壁に沿って並んで佇んでいました。
画像

画像


こちらが、円覚寺方丈、庫裡へ入る門なのです。こちらから入れる訳でもなかったようです。
画像


これから、円覚寺にあるもう一つの国宝、洪鐘(おおがね)のある弁天堂を目指します。

この長い階段を上りきると目的の国宝、洪鐘(おおがね)と弁天堂があります。
画像


国宝、洪鐘(おおがね)です。言われの文字がきちんと写っておりませんでした。
画像


こちらは弁天堂の内部です。場所が場所ですので全体を撮るのが難しいのです。
画像


弁天堂近くからの鎌倉眺望です。東慶寺も入っているやも。春の美しい鎌倉が眺められました。
画像


仏殿に降りてきました。
画像


仏殿内の神々しい仏様を撮りました。雄々しさに驚きもあります。
画像


こちらが、あの夏目漱石の小説「門」で描写した山門です。漱石の小説は大学時代にほとんどは読んでしまいました。小説「門」もその中の一つです。漱石は小説「門」で、「世間から孤立した愛の力、自然の愛に従うという個人主義的な倫理が、社会の道義的な批判を乗り越えられるかという主題を展開したのでした。主人公宗助の苦悩が、心の内部の罪の意識の問題として追求されていく」というのがあらすじでしたとか。そんな難しい内容でしたかね。大学時代に読んだ漱石は、「我が輩は猫である」、「坊ちゃん」、「三四郎」を除いて、今となってはどのようなあらすじだったのか思い出すのに時間がかかります。合っているのかどうか・・・。
画像


ここの階段を下り、円覚寺散歩のスタート地点、そして終点、ゴールでもある総門に戻りました。円覚寺散歩はここで終了です。

円覚寺は寺の配置が、総門、山門、仏殿、方丈が一直線に並んだ中国宋風の配置になっており、昔はとても大きな巨大寺院だったとのことです。しかしながら、火災や戦(いくさ)で、その多くを失ったと言われています。現在の建物は元禄16(1703)年の大震災後に建てられたものであるとのことです。私にとっては、大きさと言い、建物の配置と言い、禅文化の精髄(物事の本質、最もすぐれたところ)にもふれ、四季の彩りを耳目で楽しむことのできるすばらしいお寺であったと思います。

円覚寺を散歩するのは、本当に久しぶりで、もう、うん十年ぶりと思います。横浜若葉台に移ってからは初めてですから、30年ぶりくらいかもしれません。大和市高座渋谷に住んで居たときには頻度繁く訪れてはいました。

円覚寺もそうでしたが、鎌倉のお寺散歩は自然とのふれあいがあるから良いのですね。
機会があれば、是非、北鎌倉駅から足を運ばれてはいかがでしょうか。

鎌倉五山 円覚寺散歩のブログでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック