尖閣ビデオ流出、英雄と罪人を作ったのは、おのぞみの結末続きの続き

尖閣ビデオ流出、おのぞみの結末続きの続きです。

尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオが流出した件で、海上保安庁職員、海上保安官が名乗り出ました。

彼が日本国民の知る権利に応えた「英雄」なのか、それとも国家公務員法に背いた「罪人」なのか、評価が分かれるとあります。私は素直に日本国民の知る権利に応えた「英雄」と考えておりますよ。だって、日本国民が、もしかしたら、中国側が言うように、海上保安庁の巡視船が中国漁船に体当たりして罪をおかしたかもしれないという、良識有る国民感情が持っていた不安を払拭してくれましたからね。でも、この尖閣ビデオが国家の機密なのだから、海上保安庁職員は国家公務員であり、国家機密を漏洩した「罪人」になってしまうのだそうです。残念ですね。というのは、尖閣諸島沖で悪態、狼藉を働いた、もう一人の主役の中国人船長は、中国では「英雄」になっていますからね。

「英雄」であれ「罪人」であれ、いずれにせよ、日本国民は、この流出された映像を見て、尖閣諸島沖事件の事実、真実を知るのに、この人物を必要としたのです。海上保安庁はそもそも、今回の衝突事件が発生した、9月7日午前の段階では、映像を公開する準備を進めていた。 政府が映像を基に事件の立件の可否などを判断した後、同様の映像を報道機関に提供する方針だったという。 だが、半日もしないうちに提供は取りやめになった。海上保安庁は理由を説明していないが、ある政府関係者は「官邸からストップがかかったと聞いている」と明かしている。

私は、もちろん、民主党のあの仙谷官房長官からの指示、または彼の意を受けた方の指示なのだと思いますがね。

海上保安官の彼が「罪人」ということになると、彼を応援している日本の国民は「最大不幸の国の国民」ということになるのでしょうか。あの菅内閣の目標である「最小不幸社会」ではなく、「最大不幸社会」を目指す政府、また何も国民には知らせない、何もやらない、「有言(ゆうげん)実行内閣」ではない「無言(むごん)不実行内閣」ということになると思いますね。あっ、別のブログでは菅内閣を「立ちつくす」、「手をこまぬく」とか言って揶揄していますが、あちらは私が言い出したので、あまりポピュラーじゃあ無いですからね。菅首相が言ったことにかこつけて言い換えていますからね。あと「奇兵隊内閣」もありましたね。私の好きな高杉晋作を語って不満ではありましたが、菅首相は山口県出身ですから言い換えませんよ。

あの”やくざ”、”暴力団”国家の中国に対する外交的戦術と、知る権利の微妙なバランスの上で、菅内閣、民主党政府はやはり、無為、無策にすぎた印象が強いのです。でも菅首相は、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件に関する自らの対応について、11月10日、衆院予算委員会で述べていました。「確かに百点満点とは言わない。しかし、冷静に対処したということで、歴史に堪える対応を現在もしている」と。私は「歴史に堪える対応を現在もしている」なんて、絶対違うと思いますよ。このKYさ加減には驚きますが。

菅首相は、あのお辞めになった自民党の福田康夫元首相と違い、自らを客観的に見ることができないのです。いまや、多くの国民が、「民主党政権の外交・安全保障政策に不安を感ずる」と答えていますね。国民が菅首相や仙谷官房長官に日本を任せていてよいのかと不安に駆られる理由は、まさに菅首相が自負した「歴史に堪える対応」が、実は、徹頭徹尾、無為、無策を通すことに他ならないと見抜いているからだと思いますよ。これは、評論家の桜井よしこさんの指摘でもあります。まったく同感ですが、無為、無策の無手勝流もあるのかも。失礼。

この無為、無策を如実に示す事象が、昨日、予算委員会で自民党小泉進次郎氏の質問と、仙谷官房長官、菅首相との回答にありました。

それは、菅首相、仙谷官房長官の無策と狡智(こうち)を抉(えぐ)り出した(ここでは桜井さんの表現を使っています。また桜井さんの表現をここからも使わせていただきます。)のが11月9日に報道された仙谷官房長官作成の「厳秘」資料だったのだそうです。同資料は11月9日の衆院予算委員会の最中、仙谷官房長官が菅首相に見せたものだそうです。

そこには尖閣沖の中国漁船衝突事件の映像を一般公開することの「メリット」として「中国による日本非難の主張を退けることができる」などとし、「デメリット」は「流出犯人が検挙・起訴された場合、『政府が一般公開に応じたのだから、非公開の必要性は低かった』と主張し、量刑が下がるおそれがある」「犯罪者を追認するに等しく、悪(あ)しき前例となる」などと書かれているのだそうです。「メリット」としたことは何も使わなかったですね。中国側から言われるままでした。「デメリット」はこれからどう使おうとするかですね。心配ですね。

たしかに、中国国民は事件当初から事実とは正反対の情報を信じ込まされていましたね。海上保安庁の船が中国漁船を取り囲み、2度にわたって体当たりするなどの手荒な行動に出たと教えられ、それが日本憎しの激しい感情の大きな要因となっていましたね。そして、
事実とは正反対の同情報を、中国共産党のメディア、「新華社」が伝えましたね。彼らは、「海上保安庁の巡視船の攻撃的体当たり」を説明する図までウェブサイトに載せました。「日本に非あり」という捏造(ねつぞう)情報を広めたのは中国政府なのでした。

私なんて、海上保安庁の行為の正当性を信じていましたから、本当に心配して、将来あの図が真実に変わる恐れがあるとして、ビデオ公開を支持しましたよ。あの酷い反日教育は日本が中国に対して、非を唱えなかったから、江沢民がやり続けたのでした。

確かに、映像公開によって中国の誤っている主張を退けることができるという仙谷官房長官の分析は正しいし、当然、日本は国家として、日本にまつわる歪曲(わいきょく)情報を是正するためにも、直ちに映像を公開すべきだった。それが国益である。そこで問うべきは、なぜ菅首相、仙谷官房長官は公開を渋り続けるのかということですよね。

中国に脅されていて、「首脳会談なんかしてやらない」と言っていたのであれば、明らかにすべきでしょうに。そうしたら、世界中に言いつけられるのに、「中国は約束をやぶった」とか。どうだったのでしょうね。

11月10日の衆院予算委員会ではこの件を自民党の小泉進次郎氏らが取り上げた。いったん流出したものをなお公開しない理由を、仙谷官房長官は「犯罪組成物件の可能性のあるものを政府が自ら公開する」ことは現時点で最大のデメリットだと述べたそうです。首相も、公開すべきではないのは「日本は法治国家だから」と述べたのでしたね。

よく言いますよね。笑っちゃいますよ。超法規で中国人船長を無罪放免したのはあなたたち二人でしょうにね。検察が勝手にやったと言い訳してますがね。私たち(菅首相と仙谷官房長官です)は政治判断なんてな~にもしていない、とまだ言い続けますかね。

法律にお詳しいお二人なら、中国人船長の無罪放免と中国の非を隠し通そうとするのはなぜかですね。あの海上保安官を罪人とする前に、是非、国民に答えて欲しいものです。何があったのですか。何かあったのでしょう。

仙谷官房長官はビデオ映像を「犯罪組成物件」と表現しました。彼の前後の発言から考えると、この「犯罪」は中国人船長の領海侵犯ではなく、ビデオ流出を指していると思われるのですね。仙谷官房長官も菅首相も、今回の領海侵犯事件を領土領海という国家主権の問題としてとらえていないために、問題の本質を見損なっているのでしょう。問題にすべき中国の領海侵犯をまるでなかったことのように論ずることをやめ、国民に事実を知らせることを拒絶して、ひたすら、「流出犯人」の「量刑が下がるおそれがある」として、映像の公開を拒否し続けるのもそのせいだ。国を守る気概もなければ、国民を守ろうとの考えすらない。これが民主党政府の外交全てに垣間見える。

ビデオの公開は賛否が割れていたといっても、今でも公開が多数を占めていると思う。でも、するならする。しないならしないで、その理由を国民に知らせ、それと並行して情報管理を徹底するのが政府の仕事というものだろう。菅内閣、日本の政府の無為、無策と何をやろうとしているのか国民に明らかにしない、情報公開をなんらしないという、美学にせよ愚行にせよ、この尖閣ビデオ流出をやすやすと許すことになったのではないか。

海上保安庁関係者は「どんなことがあったのかを国民は知りたいはずだし、こちらも国民の目に触れないところで活動しているので自分たちの仕事を知ってほしいという思いもある」と話す。別の関係者は「覚せい剤の密輸や違法操業を企てる相手に対しては、ある程度の公開は抑止効果を生む側面もある」と説明している。

今回の映像流出の背景には何があるのか。「台湾や中国の漁船は我が物顔で操業し、退去警告を出しても挑発的な態度をとることが多い。巡視船にぶつけてきたのに釈放なんて、法治国家としてあるべき姿なのか」「相手が武器を持っているか分からないのに、海上保安官は丸腰で立ち入り検査をする。殉職者が出るまで領海警備の問題に国は向き合わないのか」。海上保安庁OBや関係者からは、現場にあきらめとも怒りともつかない感情がたまっていると指摘する声が出ている。すごい重い言葉と思いますよ。殉職とかで、誰かが犠牲にならなければならない。
今回の尖閣ビデオ流出は海上保安官の義憤であり、その結果は殉職と同じと考えますよ。

尖閣諸島沖で悪態、狼藉の限りを尽くした中国人船長は、日本政府の指示で無罪放免されて、中国で「英雄」になり、日本では、政府の無為、無策から義憤の士が「罪人」になるのですかね。

な~んだ。日本の民主党政府が中国の「英雄」を作り、日本の「罪人」を作ったのか。これが”おのぞみの結末”なんです。ホラー映画のように怖い結末でしたね。

日本国民は「無言(むごん)不実行内閣」をいただく「最大不幸の国の国民」であることを世界に示したことになります。前回のブログでも述べましたが、この尖閣ビデオ流出は、「民主党はバカ」との国家機密を世界中にバラしてしまったのではないかと、思う方もいるのですね。これからの対アメリカ、対中国、対ロシア等の外交、思いやられます。

でも、政権党の皆さん、私は、「民主党はバカ」なんて与しませんからね。しっかりと毅然と政策立案実行、とくに外交対応願いますね。 えっ、与しているんでないかいですって? そんな時もありますよ。前回はそう書いたかも。”おのぞみの結末”って、どちらに転ぶかわかりませんからね。

尖閣ビデオ流出、英雄と罪人を作ったのは、おのぞみの結末続きの続きブログでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック