反日デモ、実は官製、中国政府が指導

10月16日に中国四川省成都などで起きた尖閣諸島問題をめぐる大規模な反日デモは、翌17日、同省北部の綿陽に飛び火し、住民の目撃情報によると、1万人以上の若者らが「日本商品排除」などを叫びながら、市中心部を練り歩いたのだそうです。パナソニックの販売店や日系飲食店のガラスが割られ、日本車が襲撃された有様が日本の各TV局の番組で放映されていました。 さらに18日は、湖北省武漢にも飛び火し、若者ら最大2千人が日本製品ボイコットなどを叫んで行進した。中国での反日デモは3日連続。デモ隊が向かった地域に多数の武装警察が出動し、厳戒態勢が敷かれたのだそうです。

このように、中国各地で起きた尖閣諸島問題をめぐる反日デモについて、各大学の政府系学生会が組織したものだったと伝えられていますね。中国外務省の馬朝旭報道局長は、「一部の群衆が日本の誤った言動に対して義憤を表明することは理解できる」との談話を発表。一方で「法に基づき、理性的に愛国の熱情を表現すべきであり、非理性的、違法な行為には賛成しない」と暴力行為には反対する考えを示したのだそうです。

義憤を表明することは理解できるとした、中国政府側の談話は、この反日デモは、実際には政府指導の官製デモだったことになりますね。報道局長の後半のメッセージは、法を共産党の教義、大義で踏みにじる国家としては、カッコづけ、ただの付け足しというか、真に思ってもみないことを付け足したにすぎないのですね。中国共産党が言う、この法は、チベット騒乱の時と反日の時の騒乱では適用がちがいますからね。よ~く視ていないといけないのですよ。

中国系香港紙によると、四川省成都市のデモ参加者たちは「各大学の学生会が約1ヶ月前から準備を開始した」また「校内で日本製品ボイコットの署名活動も行った」と話したそうです。さらに、「デモに参加したある大学生がインターネット上で、デモは学生会が組織したことを明らかにした」と報じたそうです。中国の大学学生会はすべて政府や共産党の指導下にあり、自主的な政治活動は一切認められていないこともあり、今回の反日デモも共産党政府の意向と指導のもとに行われたのは、明らかなようです。

昨日、10月18日の日本TVで23時から放映のニュース番組では、コメンテータの中国人教授は官製ではないと持論を展開しており、キャスターならびにゲストがしらけていました。コメンテータの中国人教授は、日本の一部政治家の強硬発言と、日本の尖閣諸島関連デモに触発された学生の自発的なデモとまで言っていましたね。日本TVもこのようなコメンテータの発言にはまいったでしょうね。中国の知識人である、私の友人はもっとしっかり情報を収集してどうあるべきかを考えていますよ。彼も反日教育を受けた世代に属しますが、日本にきて現実を知り、あの反日教育は本当にひどい教育だったと考えている一人なのですが。でも、私の友人の彼のような考えが中国では主流でもないことは話していましたね。とにかく世界の情報はまったくといっていいほど入ってこないのが実状で、少なくても日本の情報がリアルタイムに学生に入るわけではないと。友人の彼は中国の東北地方の出身であり、今回も、前回も反日デモがあった中国四川省地方とは情報の入ってきかたがさらに違うと言っていました。武漢は日本企業の工場が多くあるので、日本企業に働いている人たちは、私が知っている中国人もおります、心配で大変なのではないかと思いますね。

この反日デモが、中国政府、(地方かもしれないですが)共産党の指導のもとに行われているのはあたりまえのことであります。もし政府の意向、指導に反するデモ、呼びかけならば即、逮捕、留置場行きは、チベット騒乱の時と今回のノーベル平和賞受賞の劉暁波氏の例を持ち出すまでもありませんから。今回、日本のスーパーやお店に破壊行為をした者、日本車を破壊した者達は逮捕、勾留はされないでしょうから、皆で笑っていましたよね。デモに対する真剣さ、ひたむきさが全然感じられなかったですからね。

それで、10月16日のデモで一部を破壊された成都の日系スーパー・イトーヨーカ堂春煕店は17日朝、武装警察や警官ら計1000人近くが周囲で目を光らせる中、営業を再開したそうです。律儀ですね。また、伊勢丹や日本料理店も破壊や略奪をうけたそうです。こちらはすぐに営業再開とはいかないかも知れませんね。

2005年小泉首相の時にも同じことがありました。あれも中国政府承認の反日デモでした。江沢民元国家主席の反日教育で育った中国人は、ずっとこの反日教育をひきずって生きていきますからね。これからも続きますよ。教育は恐ろしいですからね。いくらでも人間改造ができます。まして中国では奥地で教育を受けたものが、経済が発展している沿海部に就職できる訳はなく、中国が経済発展している現実に接する機会も少ないですからね。

私は反日デモがあって、日本のスーパーやデパート、工場が襲われる度に思い出す事柄があります。それは、倒産した、あの「ヤオハン」とフランスのスーパー、「カルフール」のことです。中国人の愛国無罪の生態が垣間見えてきますよ。

このイトー・ヨーカ堂、さらにジャスコのイオンも同じことが言えるかもしれないのですが、これらのスーパーは最終的には中国に乗っ取られるのではないかということですね。今の共産中国には正義というものは有りません。中国共産党の大義があるだけですからね。

皆さんは知っているかどうかは分かりませんが、昔、「ヤオハン」というスーパーが中国に”どろぼう”まがいの行為にて破綻し、共同経営の中国企業に乗っ取られたのをご存じの方は多いのではないかと思いますね。

私が「ヤオハン」を知ったのは、シンガポールに出張した時ですから1988、9年頃ですね。ものすごく大きなショッピングセンタービルをヤオハン一店が占めていました。それはそれは日本では考えられない大きさのショッピングセンターでした。日本では静岡県にある中堅のスーパーと聞いていましたので、日本より海外で大成功している有名な日本のスーパーと憶えました。

それが数年後には中国市場に参入し、3~4年で破綻、倒産してしまった会社です。経済発展著しい中国市場でなぜ破綻、倒産の憂き目にあってしまったのか、色々なところから情報を得ましたね。中国の愛国無罪の怖さ、共産主義国家の怖さを知りましたよ。

なぜなら、中国の「ヤオハン」がうまくいかなかったのは、中国に進出した店舗すべてで発生したことなのです。中国人の店員ほとんどが、商品をお金を払わずもって(盗って)いくんです。また監督する幹部も同じように商品をお金を払わずもって(盗って)いくんです。中国人管理職は商品管理も人間管理もまったく出来ません。毎日商品が数多く無くなります。それで高価なものは危なくて陳列棚に置けません。そんな中で商売をやってもうまくいく筈もありませんでした。それで、「ヤオハン」は中国進出後、3~4年で一気に経営悪化がやってきました。和田一夫社長は、(お母さんは、有名な方で、あの”おしん”その人です)彼は当時、会長だったかも、中国には信頼に足る友人がいるからなんて言っていましたが、それは「ヤオハン」に金が有るときだけでした。すっかり商品を盗まれてしまって、売る商品も無くなり、お金が無くなったら中国人の友人は友人でいる必要はありませんからね。それが超有名な共産党の有力者で後に首相を経験した方だったのですよ。名前は挙げませんがね。もっとたくさん中国人の友人も、これも名前は挙げませんが、いましたが、お金がなくなった日本企業の社長を助けてくれる訳がありませんでしたね。私がブログで天安門事件のあとに、中国に塩を贈って助けた日本政府、前の政権党と揶揄してブログに何回か書いたことがありました。中国は、「ヤオハン」をうまく出しに使って、その後「ヤオハン」をくいものにして、上海浦東国際都市プロジェクトを成功させ、天安門事件で死に体だった中国経済の息を吹き返したのでした。

「ヤオハン」が失敗したのは集中と選択で大失敗したのです。これからは中国だ、と経営者が考えて、資本、商品、人材(こちらがどうだったか心配なのですが)、全てを中国に投入したのが大間違いだったのです。中国の提携先は泥棒まがいのやりかたですべてのものを「ヤオハン」から取り上げたのですよ。その時には、前の政権党も中国側のこれらの行為を知りながら、日本の企業「ヤオハン」を支援もせず、見過ごしたのでした。結局は「ヤオハン」は中国に取られてしまって、経営者、和田一夫社長は経済界で物笑いの種になりました。でも、失敗に学ぶ講演などしておられる筈です。その後、「ヤオハン」は乗っ取った中国企業のもとでまだ営業しているとか・・。前の政権党は中国に対しても何も文句も言わず、経営の失敗で話しを納めましたね。確かに経営の失敗でしたからね。私が思うに、前の政権党の表には現れなかったですが、中国に対するとんでもない失敗の政治でした。

フランスのスーパー、「カルフール」も中国ではひどいめにあいました。あのチベット騒動の時に、フランスのサルコジ大統領がチベット寄りの発言をしたのがきっかけでした。中国人は政府の指導のもと、「カルフール」を襲撃したり、不買運動を始めました。不買運動なら、あまり「カルフール」としては中国が悪いと反論できないのですが、なんと中国人は品物を盗ってそのまま支払いをせずに出ていくことが、愛国無罪としてやったのですよ。政府はそんな指導してないと言うが、これが愛国無罪として認められるのですよ。すごい国でしょう。これが、四川省大地震の時にフランスが義捐金、支援をしたと分かってから、愛国無罪のどろぼう行為、万引き行為は無くなったそうなのです。四川省に大地震が起きなければ、「カルフール」も「ヤオハン」と同じ道を歩いたのではないかと思いますね。そんなことはないかな。

日本は、イトーヨーカ堂、ジャスコのイオンと中国に進出している大きなスーパーが二つもありますね。反日デモに続いて愛国無罪を始められたらどうするんですかね。中国はやくざ、暴力団国家です。学生でもなんでも利用しますよ。彼らが中国共産党の意をうけて活動しているのは当然の話であり、誰がなんと言おうと、どろぼう行為をしようが、万引き行為をしようが、破壊行為をしようが愛国無罪であり、ノーベル平和賞をもらった劉暁波さんとは違い逮捕されないのは、このまま視ていればわかります。それは中国政府の意をうけて活動しているからですよ。お金も全て中国共産党政府から出ています。それが中国共産党政府を利するからですよ。

こんなことが分からない日本のマスコミではない筈です。

朝日新聞の本日の社説、「反日デモ―怒りは何に向けたものか」です。しっかりと主張していますが、いまはやりの柳腰(やなぎごし)ではなく、”しなやかさ”があるのは、日本の大新聞としてやむを得ないところなのでしょう。まず、

「破壊活動を伴う大規模な反日デモが地方の大都市で相次いだ。爆発した怒りは果たして、日本だけに向けられたのか。それが店舗や自動車の破壊に発展するのは見過ごすことが出来ない犯罪であり、中国のイメージを台無しにする。「愛国」とは無縁の愚行である」、と中国人の反日デモと破壊行為の愚行を指摘します。

私は官製デモと考えていますので。さすがに慎重にこのような犯罪行為は中国のイメージを損なうと指摘するに留めます。

「中国外務省の報道局長が暴力行為を強く批判することなく、「祖国を思う」若者への理解を示した。これでは破壊行為が再発しかねない。ノーベル平和賞が決まった劉暁波氏のように平和的、非暴力的な民主化活動であっても、一党支配に逆らえば厳しい処分を受けることになる。そのため、党や政府への不満や怒りは、外国への抗議活動で発散され、中国外交にも影響を与える」、と中国外務省の馬朝旭報道局長の発言の愚を指摘している。

中国共産党一党支配に逆らえば、それが平和的、非暴力的な民主化活動であっても厳しいお咎めがあり、暴力行為であろうが、なんでも、それが、中国共産党一党支配の祖国への思いであれば理解されお咎めすらない。この理不尽さは民主的な国際社会では通用しないし、中国外交にも悪影響を与えるとしている。さらに、

「中国は経済成長至上主義で発展を続けてきたが、政治的な自由はなお欠いたままだ。13億人が食うや食わずのどん底状態から抜け出すためには、やむを得ない面があっただろう。しかし、中国がさらに成長を続けるには、自由な発想と行動、情報の公開と共有がますます求められるに違いない。党がすべてを指導するやり方は威力を失っていくだろう」、と少し中国に理解を示しているようにも思えますね。

私はこの考えは、中国共産党政府、人民解放軍が天安門事件で学生、一般市民を戦車と銃で蹂躙したときに、13億人が食うや食わず云々のエクスキューズは使い終わったと考えていますので、朝日新聞社説の筆者はかなり考えが甘い、あっ、すいません。柳腰(やなぎごし)ではなく、”しなやかな”お考えでした。でも、この後にあの江沢民が反日教育を始め、人間改造に邁進したのですよ。そこまで書かないと社説は竜頭蛇尾になりかねませんよと言いたいのですが・・・。中国がさらに成長を続けるには、自由な発想と行動、情報の公開と共有がますます求められるに違いない。党がすべてを指導するやり方は威力を失う、は致し方ない表現でしょう。やはり柳腰・・・。

そして、習近平国家副主席ら次世代のリーダーに政治改革期待する、としてこの社説を締めます。

朝日新聞らしい、しなやかで、それなりに良い社説であったと思います。中国側がどのように反応するか楽しみです。

私は今回のブログで、中国の悪しきというより、やっかいな隣人とつき合うには自分がそれなりの危機意識をもってお付き合いしないといけないと認識をしています。私の、中国出張は緊張の連続でした。出張中にビジネスの相手にスキを見せることは無かったと思っています。それほと緊張感と集中心で中国ビジネスを行っていたように思います。ですからと言って中国人を上に置いた訳でもありませんし、さげすんでいたわけでもありません。歴史認識を必要とされる現場でもきちんと対応しましたよ。日本人として卑屈に感じたことはありませんでした。
中国は大きな国ですし、民族も多種多彩です。日本に来ている中国人の友人にも確かにこちらの考え、日本人の考えが通用しない中国人もおりました。しかしながら、日本に長く滞在している中国人は日本人の考えが分かるようになってくるとも言っておりました。そういった観点からも、中国在住の中国人に日本人を理解してもらうのはそれは至難のワザです。根気強くやっていくしかないのは確かですし、それがいつか結果にあらわれると思ってもいけないと思います。私は永遠に理解しあえない隣人もいるのだとの認識も必要だと思いますね。

反日デモ、実は官製、中国政府が指導、ブログでした。

タイトルと論旨がまたまた違ってしまいました。失礼しました。

この記事へのコメント

やすのぶ
2010年10月19日 22:24
中国の反日デモ → 中国様は怒ってる。日本は中国様を刺激せず、冷静に譲歩しなければならない。
           ※破壊活動は報じません。

中国国内の格差問題への不満が背景にありますね。
これは本当に反日デモなんでしょうか。そうは思えないんですがね~
朝日的解釈。

この記事へのトラックバック