旅の想い出断章4 フランス、ムージャンのレストラン、オ・トロワ・エタージュにて

前回の旅の想い出で、フランス、南フランスの学術都市ソフィア・アンティポリスを紹介しました。その中で、その町は、香水の町グラースと食通なら素通りできないムージャンに近い場所にあります、とも紹介しました。ムージャンには非常に有名なフレンチレストランが数多くあります。その中でも世界的に有名な料理人のロジェ・ヴェルジェのシャトー・オーベルジュのル・ムーラン・ド・ムージャンがあります。このお店はアラン・ロルカが引き継いでいますね。今でも有りますよね。コート・ダジュールのニース、カンヌに行かれた方で、南フランスのレストラン付きホテル、オーベルジュに宿泊し、この超有名なレストラン、ル・ムーラン・ド・ムージャンに行かれた方も多いのではないかと思います。

私も、グラースやムージャンの町には出かけました。ただ、車で一人で出かけていますので、皆さんにお見せする出来のよい写真はありません。せっかく出かけたのにと残念な思いがします。

でも、こんな写真がありました。ETSI(欧州電気通信標準化協会、前回の旅の想い出ブログで説明しましたので説明は省きます)の仲間が、このムージャンのレストランで、我々会議参加メンバーの歓迎会をしてくれたのです。ソフィア・アンティポリスのETSIの建物で行っていた仕事を終え、美食の町、ムージャンのレストラン、オ・トロワ・エタージュに出かけ、仲間と親交を暖めたのでした。その時に、私が仕事仲間と一緒に撮影した写真です。しかもレストラン、オ・トロワ・エタージュで、フレンチの食事に喉をならし、フランスワインに酔いつつ、自国の自慢、家族や仕事のこと、通信技術の将来等々を、英語、フランス語で語りあいました。その時の写真です。

フレンチの食事、フランスワインにうっとりしている写真だけではなく、このムージャンのレストランに招待してくれたETSIに敬意を払い、ETSI本部の写真と、この1時間前まで、難しい議論をしていた、会議場、以前にもお見せしたアインシュタイン会議場です、もお見せします。
画像

画像


ここから、会議場を、歓迎会会場であるムージャンのレストラン、オ・トロワ・エタージュに移します。

また、オ・トロワ・エタージュとコート・ダジュールとの位置関係、さらに、ソフィア・アンティポリスとの位置関係がわかる地図を貼り付けます。これもGoggle Mapです。
http://maps.google.com/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=Aux+Trois+Etages&sll=43.580888,7.011423&sspn=0.076601,0.049782&ie=UTF8&hq=Aux+Trois+Etages&hnear=&ll=43.603267,7.03743&spn=0.095964,0.219383&z=12
中心が、ムージャンのオ・トロワ・エタージュですよ。

そのレストラン、オ・トロワ・エタージュのホームページを貼り付けます。もし興味を持たれた方は、是非お出掛け下さい。期待を裏切ることはないと思います。

http://www.auxtroisetages.com/

ここからお見せするのが、レストラン、オ・トロワ・エタージュに出かけた時の写真です。もう何を食べたか記憶にはないのですが、フランス料理のフルコースでした。
参加メンバーは全員が通信エンジニアですので、お酒を前にしても、姿勢に乱れはありません。とは言っても、歓迎会の宴会が開始されてすぐですからね。仕事仲間全員が写っている筈です。写真は1枚を除いて私が撮りました。私が写っている写真は誰かがふざけて邪魔をしてしまいましたね。日本人は私一人でした。
このような南フランスの山の中で、欧米各国の仕事仲間と楽しいひとときを過ごすことが出来、感激しました。このあと、お酒がはいりましたので、写真にはかなり乱れたものが多くありました。仲間の尊厳、威厳に関わることでもありますし、国家間の問題を引き起こしても困りますので、残念ながらお見せするわけにはまいりません。そんなことより、お酒に弱い、東洋人(日本人とは言ってはいない)が一番乱れていたとの指摘もありました。私は日本人としてはお酒に強い方ですが、それが私ではないと反論する証拠もありませんので、仲間の指摘を聞き流しました。忸怩たるものがありました。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


レストラン、オ・トロワ・エタージュ内部の装飾、壁に架かっている絵画などが、ホームページの紹介ビデオと同じものがあります。本当に懐かしく感じますね。この仕事仲間は会議中もファーストネームで呼び合い議論していましたね。議論の中身はあくまで技術的なものですが、自国、自社の利益代表も兼ねており、厳しいものがありました。会議が終わり、プライベートでは楽しい仲間でした。欧米では自分の考えを前面に押し出して議論することが大事なんですね。しかも、議論はディベートであり、戦いでもあり勝たなければいけない。自分の考えを相手に知らしめるために、相手を論破することが絶対必要と会議の席では感じましたね。でも、日本では議論で打ち負かしたら孤立することもあるので、ちょっと違うかなと思いますが。
このレストランに来る前には、口角泡を飛ばし、顔を真っ赤にして議論していたのです。そんなこと、どこ吹く風といった様子で、食事とワインを楽しみました。ムージャンのオ・トロワ・エタージュからどのようにソフィア・アンティポリスに戻ったのかは記憶にありませんでした。やはり、あの東洋人は私だったのかも知れません。

仕事仲間のメンバーは、肖像権なんて持ち出しませんよね。信頼していますからね。日本語ですし、地名もレストラン名もカタカナを使っていますし、メンバーの不利になることは、ほとんど書いていませんからね。

旅の想い出断章 フランス、ムージャンのレストラン、オ・トロワ・エタージュにて、でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック