ワールドカップサッカー、日本決勝トーナメントへ、南半球から届いたもう一つの贈り物

サッカー日本代表がワールドカップサッカー(W杯)でデンマークに快勝、海外開催のW杯で初の16強入りを決めました。私も、早寝早起きをして、テレビの前で日本代表を声をひそめて応援しました。本田、遠藤、岡崎選手らのゴールに、やったあ、と声をあげずに両手を挙げて感嘆の表現をしました。そして、勝利の瞬間には監督、選手、彼らを支える関係者みんなに感謝しました。日本代表の組織だった攻撃と守備、すばらしいゴールと勝利は南アフリカからの素敵な贈り物でした。まだベスト16ですから、さらに上、ベスト8、ベスト4を目指して頑張って欲しいと思います。

ここで、素直に南アフリカとせず、何で南半球なんだろう? しかも、もう一つの贈り物とまでついている。なんかやらかそうとしているな、と考えた方、正解ですよ。いきますからね。

もう一つは、あの小惑星探査機「はやぶさ」がオーストラリアのウーメラ砂漠に持ち帰った、小惑星「イトカワ」の砂が入っている可能性のあるカプセルです。カプセルに入っているのは、石から砂粒に、さらにもっと小さな砂またはガス状の物体の可能性も、でも、60億キロを旅しての帰還、世界に冠たる快挙は間違いないですからね。

それで、ワールドカップサッカーでの日本代表が決勝トーナメントに進出したことは、これもやはり快挙でしょう。しかも、日本代表の選手には、あの「はやぶさ」の健気(けなげ)な勇気有る戦いぶりがだぶってみえるんですね。

ワールドカップ本戦前の日本代表チームの不甲斐ない戦いぶり、岡田監督にまで非難が行ってしまいました。私は静かに、監督の有言実行を信じて、ベスト4目指して頑張ることを応援していましたからね。いや、違うかな。私のぶろぐでは、応援してますとか、韓国チームが勝ったから、次は日本が勝つ番とか、突き放していたような気もしますね。

朝日新聞の本日の社説には、次のような文面がありました。

”スポーツ選手のプレーに自分の人生や社会の今を重ね、壁を乗り越えるヒントをもらう。スポーツ観戦のだいご味にはそんな側面もあるが、とくにW杯にはその力が大きい。日本代表の躍進からも、様々なメッセージが受け取れそうだ。 方針変更を冷静に受け入れ、勤勉に、個々の仕事に徹し切った。”

控え選手の中にも実際に出場している選手と同じく、対戦相手と戦っているのです。それが団体競技のサッカーであり、個人競技とは異なるのですね。

サッカーファンの皆さんなら憶えている方も多いと思います。元サッカー日本代表キャプテン、八重樫茂生の伝説です。1968年、日本チームがメキシコオリンピックで、釜本、杉山を擁して銅メダルに輝いた時のことです。八重樫茂生、彼はメキシコオリンピックではチームキャプテン。鬼のごとく怒りを露わにする激しい気性と、人望の厚さから、チーム内の求心力はすこぶる高かった。しかしながら、緒戦のナイジェリア戦で負傷し、以降の出場が不可能になると、メンバーのジャージを洗濯してチームに貢献した。その姿から、個々の選手に、何が今求められているかを身をもって示し、選手を鼓舞し、個々の実力を最大限に発揮させ、それをチームプレーに生かし、銅メダル獲得に最大の貢献をした、とたたえられています。

私は当時、大学に在学し、ラジオでメキシコオリンピックのサッカー中継を聴いていました。もちろん、日本代表キャプテン、八重樫茂生のジャージ洗濯のことなど知りませんでした。それで、何かでこのことを知りました。あの日本サッカーチームがメキシコオリンピックで銅メダルを獲得した裏に、このような感動的な話しがあったのでした。

社説の筆者は今の日本代表への応援として次のように続けます。

”異質な環境に身を置き、適応し、自己変革を重ねていく。そんな姿勢が、大舞台でも竹のようなしなやかさと強さにつながっているようだ。”また、
”高い理想を掲げ、軌道修正しつつも夢を追い続ける日本代表に、多くの人々が励まされた。とりわけ、閉塞(へいそく)感が漂うといわれて久しい日本社会にとって、すてきな贈り物だ。”

どう読んでも、あの「はやぶさ」の世界に冠たる偉業が重なりますね。

まとめに、天声人語の筆者の言を使ってみます。

”「はやぶさ」の帰還からこっち、日本国の運気は上向いているかにみえる。” 本当かな? ”ならばサッカーの枠を超え、歴史に刻まれるW杯を期待しよう。顧みて、2010年の梅雨が日本の転機だったと……。岡田監督ではないが、もう一度、世界を驚かせてみたい。 ”

日本代表チームが、さらに「8強」、「4強」、さらに優勝に挑む姿からも豊かな、世界を驚かせるメッセージを受け取りたい。本当にそう思いますし、期待もしています。

菅総理がG8サミット参加にカナダ、トロントを訪問しています。日本代表として、「強い財政」、「強い経済」の仕掛け人として、世界の政治の檜舞台(ひのきぶたい)デビューで頑張って欲しいと思います。できれば、小惑星探査機「はやぶさ」の世界に冠たる偉業と、サッカー日本代表のベスト16も、是非宣伝してきて欲しいと思います。

なんと言っても、日本国の運気は上向きだそうですからね。閉塞感は、私、菅総理です、が打ち破ります、とね。
これからも日本が世界を驚かせるメッセージを発信していけるよう、日本国総理として頑張って欲しいと思います。

ワールドカップサッカー、日本決勝トーナメントへ、南半球から届いたもう一つの贈り物をつれづれぶろぐしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック