旅の想い出その23 アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ、マイアミビーチ

今回の旅の想い出は、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ、マイアミビーチです。マイアミとは言っても、マイアミビーチとその周辺だけの紹介という、本当に限られた街角散歩の旅の想い出ブログです。

アメリカ合衆国のリゾートというのは本気でもってリゾート気分を味わいに出かけないと、何が想い出として残るか疑問になるのですね。少し言い方が変ですね。つまり、リゾートに出かけた思い出がまったく感じられないことの方が多いのです。まして日本人は、私だけかも、あそこの観光地を見て、ここの有名レストランで美味しいものを食べ、さらに有名店でウィンドウショッピング、さらにお土産店巡り、訪問場所によっては美しいビーチで日光浴や雄大なパノラマビューを心に留めるのですね。そうして初めて私はこんな素晴らしいリゾートに出かけてきたとなるのです。でも、私にとってはどこか違うんですよ。特にアメリカ合衆国のリゾート地への旅は。しかも旅の時期は2月後半から3月始めの時期なのです。この時期に北半球のビーチリゾートになんてやってくる人なんていませんからね。

この町、フロリダ州マイアミのマイアミビーチにも仕事で出かけました。アメリカ合衆国の超有名なリゾートですからね。すごく期待して出かけました。フロリダ州マイアミには美しいビーチがあり、有名なゴルフ場もある。少し場所は離れていますが、あのディズニーランドもあるのです。でも、このようなところに仕事で出掛けてもね、が現実になります。そう言えば、アラスカ州ガードウッドのスキーリゾートやメキシコ、カンクン(ここはアメリカです)のビーチでも同じ状況がありました。また、アメリカ以外の訪問先の有名リゾート地でも同じような経験もしました。このようなところへは、本当は仕事で来るところではないのですね。私はもちろん仕事に専念しておりました。アメリカガッシュ国フロリダ州マイアミビーチの思い出散歩、街角散歩ができたかどうか、心配ですね。でも、始まりますからね。フロリダ州マイアミビーチですよ。行きますよ。


では、宿泊したホテルを紹介しますね。ウインダム・マイアミ・ビーチリゾート(WYNDHAM MIAMI BEACH RESORT)ホテルです。写真はこの建物ですが、現在はマイアミ・ビーチリゾート・アンド・スパ(MIAMI BEACH RESORT&SPA)に名前が変更になっています。建物自体は変わってはいませんが。
画像

画像


現在のホテルのホームページを貼り付けます。
http://www.miamibeachresortandspa.com/
外観はまったく同じでしたね。

このウインダム・マイアミ・ビーチリゾートホテルへはマイアミ国際空港からエアポート・エクスプレスウェイとジュリア・タトル・コーズウェイを通り、コリンズ・アヴェニューにあるホテルまで、まったくもって渋滞無しの快適なドライブでした。マイアミの市街を通り、両側に海(ビスケーン湾)を見て、コリンズ・アヴェニューでは、左手にラグーンぽい海で右手にリゾートホテルが並んでいる。それらホテルの向こう側は大西洋らしい。ということは、コリンズ・アヴェニューは砂州または砂嘴の上に出来た道なのかなといった感じでした。ウインダム・マイアミ・ビーチリゾートホテルの客室はどちらも一見して、オーシャンビューになるらしい、と期待しましたね。

ウインダム・マイアミ・ビーチリゾートホテルの前、(ホテルでは、入り口のある側を裏と言っていました)には数Kmも続く、マイアミビーチの白い砂浜です。もう一方、裏はコリンズ・アベニューの広い通りが続きます。このホテルはコリンズ・アヴェニュー沿いに建つオーシャンフロントの豪華リゾートホテルなのです。近代的なデザインの外観とは対照的に 室内はゆったりとしたヨーロピアンスタイル。ステンドグラスの大きな窓が印象的なレストランは上品な雰囲気があります。何もこんなところで仕事なんてと考えますね。しかもホテルの紹介をしてもどうしようもないのですが、マイアミ国際空港からは12マイルの位置にあります。タクシーに乗ってすぐ着いてしまいました。このホテルの建っている位置が、マイアミ海岸の砂州の上なのですね。ですから、コリンズ・アヴェニューのさらに向こうはラグーンになっていて、その向こうにもマイアミビーチの住宅地、ホテルがあり、さらに向こうは内海(ビスケーン湾)になっています。マイアミビーチの町の中心、繁華街は、コリンズ・アヴェニューから南下して、その通りがちょうど切れたところにありました。4Kmほどの距離で歩いても行ける距離ですが、こちらではバスやタクシーで出かけます。地形的には、少し複雑な所なのです。アメリカ合衆国フロリダ州マイアミビーチには、もちろん初めての旅人の私は、そんなこと後で知りましたから。

マイアミとマイアミビーチの地図を貼り付けますね。どんなところか分かります。Google Mapです。
http://maps.google.com/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=MIAMI+BEACH+RESORT+%26+SPA&sll=25.812873,-80.121918&sspn=0.047596,0.093212&ie=UTF8&hq=RESORT+%26+SPA&hnear=%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81,+FL&z=11

ここでも、ウインダム・マイアミ・ビーチリゾートホテルを中心に歩きますが、今回はコリンズ・アヴェニューのみを歩きます。ストリートビューはあまり使えません。残念ながら、ストリトビューではマイアミのビーチにも入ることもできません。

まずは、ホテルの裏側?です。道路側にしましょう。コリンズ・アヴェニューと内海(ビスケーン湾)のラグーンが見えます。そのラグーンの先もマイアミビーチの住宅地です。この先に内海(ビスケーン湾)があり、その対岸がマイアミの町なのです。大きな内海(ビスケーン湾)はここからは全然見えません。
画像


こちらがマイアミビーチです。窓越しに撮りましたので、少し見にくいのはご容赦下さい。
画像


建物に囲まれた中庭では、この時期にホテル滞在を楽しんでいるリゾート客がおりました。冬のマイアミビーチを訪れる客が私ども以外にもおりましたね。
画像


大西洋、マイアミビーチに降りてきました。あまり人出はありませんでした。冬のマイアミビーチですからね。遠くに見えるのがマイアミビーチのリゾートホテル群です。
画像

ビーチバレーを楽しむ一団がありました。
画像

画像

リゾート地としてのマイアミビーチの賑わいが、あまり感じられませんね。まして、2月終わりの海岸ですからね。

気を引き締めて、こんどは、コリンズ・アヴェニューを歩きます。
画像


コリンズ・アヴェニューにはリゾートホテルが続きます。でも、1軒1軒は大きく離れているんですよ。そんな感じには見えませんが。
画像


そんなに人は歩いていませんね。アメリカでは道路は車のためにあります。
画像

散歩しているのは日本人、私だけみたいです。
画像


コリンズ・アヴェニューと並行してフロリダ通りがありました。こんどはそちら側を通り、ウインダム・マイアミ・ビーチリゾートホテルまで歩きます。
画像


リゾート客用またはマイアミビーチ住人のヨットやボートはこちらのラグーンに係留されているようです。
画像


ここもラグーンです。内海(ビスケーン湾)の一部です。ですから、内海(ビスケーン湾)は本当に海のようでした。
画像


人通りがありませんので、私の恥ずかしい姿を自動シャッターで撮りました。お見苦しい姿をお見せします。冬の装いで、ビーチリゾートに何しに行ったんだ、といった感じです。当時は今より10Kg体重は多かったですからね。弁解していますね。失礼しました。
画像


ウインダム・マイアミ・ビーチリゾートホテルに戻ってきました。
画像


もう一度ラグーンの向こう側、マイアミビーチの住宅地を撮ります。
画像


マイアミビーチの町の中心、繁華街はここから南に約4Km離れたところにありました。そちらにも出かけました。その時、撮った写真は別の機会にお見せしますね。なんで今回ではないのかとの質問には、夜の街歩きでしたからねとしか言いようがないのです。すいません。、

アメリカのリゾートに出かけるのは、アラスカ、カンクン(メキシコ)、そして、ここマイアミが3都市めです。リゾートホテルには全てのものが整っています。つまり、ここマイアミビーチに来た場合には海、ビーチに出かければよいわけで、外食の必要などありません。散歩などする必要などない訳です。私の仲間はそのことは重々ご存知で、一緒に外に出かける気も起こしませんでした。マイアミ市内に宿を取ればこんなことは無かったのですが、後の祭りでしたね。

マイアミビーチのレストランへは行きましたよ。アメリカン・レストランで頂いた料理は写真でお見せできませんがね。まずは、コリンズ・アヴェニューにあったアメリカ料理?のレストラン(場所は憶えているのですが、名前が思い出せません)で、ステーキを頂きましたね。その時に、お店の店員が私どものオーダを間違えて、次から次に料理が出てきたことでした。日本の友人3人で分担し、なんとか食べ尽くし、レストランを逃げるように出てきた記憶があります。ここはアメリカ人には評判の良いお店らしく、賑わっていました。味は良いほうですが、接客には疑問をもちましたね。あまり文句を言わないところから、日本人はアメリカ人から馬鹿にされるのかもね。日本人代表としてもっと毅然たる態度で対応すべきでした。反省しています。
また、アメリカの友人とマイアミビーチの町に出かけ、リンカーンロードの繁華街にある日本料理店でお寿司を食べた記憶があります。彼がどうしても日本料理が食べたいとのことでしたので出かけました。味は日本料理ではなかったように思います。アメリカの友人がここがいいと選んだ寿司店の名称がどうしても出てきませんでした。
そういえば、マイアミビーチ滞在最終日の前日、一人歩きで、コリンズ・アヴェニューをマイアミビーチの町方向に歩き、ヒルトンホテルに花紋(かもん:いらっしゃいの意でもあるらしい)というれっきとした日本料理店を見つけました。ここでも、お寿司とソフトシェルクラブを頂いてきました。こちらは美味しかった記憶があります。あの、一人歩きでは緊張していて、しっかりと、店の名前や料理、建物の有様、通りの名前を憶えているのですが、仲間が居るとその緊張感が薄れるというのは確かなようです。私だけかもしれなせんが。

私の旅は一人旅でしかも仕事の旅が多いものですから、いつも緊張の連続なのです。このような一人旅であっても、目的地がリゾートになると、人間を緊張感から解放してしまうことってあるのですね。そんな大失敗をこのマイアミの旅でやらかしてしまいました。日本に帰国する旅の始まり、マイアミ国際空港でニューヨーク行きフライトのチェックイン時にそれが起きました。ニューヨーク行きフライトチケットの日付が、MAR..(3月)であるべきところが、MAY.(5月)になっていたのです。フロリダからニューヨーク、さらに成田に帰る必要がありました。しかしながらそのチケットの日付はすべて2ヶ月後の日付だったのです。旅行会社の手違いではありましたが、確認しなかった私が悪い訳で、そこからリカバリに頑張りました。マイアミからニューヨークはフライトに空席があったので、変更作業はスムーズに行きました。次はニューヨークでのフライト変更です。ニューヨーク到着後、JALのニューヨーク事務所に電話して、チケットの調達をお願いしました。満席でしたので、空港のカウンタでの手続きが良いとのアドバイスを請け、空港のカウンタで空席が出るのを待ちました。その時の心細さは言葉にできないくらいでした。最悪はニューヨークでの宿泊も考えました。個人的にはニューヨークは何回か来ていますが、宿泊したことがなかったので、いい機会かもしれないと前向きに考えました。考えが決まってしまうと、話しも好転するみたいで、最初は、なかなか現状では空席を見つけるのが難しいと言っていたJALのカウンタの係の方が、しばらく経つと、もう少しお待ち下さい、に変わり、フライトの出発30分前には、笑顔で、お客様、チケットの準備ができました、になりました。なせば、なんとかなる。なさぬは、なんとかなさぬなりけり、な~んて言いながらフライトに乗り込みました。でも、一番最後のフライト乗船で、すでにシートベルトを締めている乗客の注目の眼差しを受けながら、乗客の前を通り、唯一残っていた、窓側の席に座り、すぐ眠ったふりをしてしましました。すごく恥ずかしいことでした。

東京行きフライトになんとか空席が見つかり難を逃れた、恥ずかしい思い出でした。今までは、荷物が出てこなかった、ドイツ、ボン行き、フライトがキャンセルになった、カナダ、モントリオール行き、と航空会社側の手違いは経験して対処してきたのですが、自分の間違いをどのようにリカバリするか、良い経験をしました。自分の責任に帰す事柄でも、自信をもって対応すればなんとかなるものと確信した出来事でした。もし空席が見つからなければ、それなりにまた新しい経験ができたと考えるようにもなりましたね。一人旅には、一人旅の旅行者として責任を負わなければいけないと、前向きに物事を考えました。こちらのほうが旅の想い出として印象に残りました。

もっともっと旅の失敗談はあるのですが、本当に失敗した旅の想い出ぶろぐをみなさんに公開できるか、私が忸怩たる思いに浸る広い心と良心があるかどうかですね。どうかな・・・。

旅の想い出、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ、マイアミビーチでした。

マイアミビーチのレストランを思い出しました。あの、ステーキを頂いたレストランです。アレキサンダーホテルのシュラ・ステーキハウスでした。ホームページを貼り付けますね。
http://www.alexanderhotel.com/shulas.asp

レストランのパンフレットが手許にありました。公開したあとに追加するのもなんですが、貼り付けます。

画像


接客のことを少し書きましたが、味は良かったですよ。
(2010.7.7 ふらぬい追記)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック