よこはまふらのつれづれぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第35回東京ふらの会は11月15日(火)新宿伊勢丹の向かい、クルーズ・クルーズ新宿にて開催します

<<   作成日時 : 2016/09/11 15:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 平成28年度、つまり今年度の東京ふらの会(北海道富良野沿線出身者で東京近郊在住者のふるさと会)総会・懇親会、「第35回東京ふらの会」が、11月15日(火)新宿伊勢丹の向かい、クルーズ・クルーズ新宿にて開催することが決定したことを連絡するブログです。

 なお、このブログでは「第35回東京ふらの会」の概要を連絡すると同時に、北海道富良野・美瑛の美しい四季の風景を紹介する動画も貼り付けましたので、北海道富良野・美瑛について興味がある方、富良野・美瑛を知りたいと言う方も是非お付き合い下さい。

 今夏、平成28年夏、北海道はかってないほどの数の台風が上陸し、そして大雨に悩まされました。先日の台風10号の大雨の影響で、東京ふらの会を構成する南富良野町では空知川が氾濫し、市街地が濁流にのみ込まれ、大きな災害に見舞われました。NHK・TVのニュースで大洪水に見舞われた南富良野の市街地の惨状に接し、私、ふらぬい、「こんな大災害が故郷の地で起こってしまったのか・・・」と暗澹たる気持ちになり、被害状況を呆然と眺めておりました。被害に見舞われた南富良野町の皆様の復興支援に、わが東京ふらの会で何ができるか、役員、幹事ともども考えてまいりたいと考えております。
実は、私、ふらぬいの故郷、上富良野町でも、その約ひと月ほど前に大雨の被害をうけ、NHK・TVの(全国)ニュースで報道されました。かなりローカルな話になりますが、上富良野町の清富(きよとみ)地区の小さな川が氾濫、数戸が水に浸かったとの報道でした。この上富良野町清富地区は美瑛町のあの有名な「青い池」にも近く、私、ふらぬいが上富良野町の実家から最寄りの旭川空港利用時に車で出かける時の通過経路にあります。「青い池」は美瑛町の白金(しろがね)温泉に向かう道(白樺街道?)を白金温泉方面、十勝岳方面に少し上って行くのですが・・・。その美しい「青い池」の「青い色」が大雨の影響で、堰堤を越え濁流が入り、池の水が「茶色」に変色してしまったとか・・・。こちらの「青い池」もできるだけ早く、もとの青い色の水を湛えた美しい池に戻ってくれることを念じております・・・。

ブログの本題に戻しますね。

第35回東京ふらの会総会・懇親会は11月15日(火)、新宿伊勢丹の向かい、クルーズ・クルーズ新宿での開催が、先月末行われた東京ふらの会(役員)幹事会で決まりました。東京ふらの会会員の皆さん、並びにこれから東京ふらの会の会員になろうとする方に報告させていただきます。それで、東京ふらの会の概要、入会方法についても、東京ふらの会ホームページに紹介説明等がありますので、東京ふらの会に興味がある方は、最後までお付き合い下さい。

なお、報告すべき第35回東京ふらの会総会・懇親会の内容詳細については現状で全てが決まっている訳ではありませんが、とにかく、東京ふらの会会員のため、また東京ふらの会に興味があり、入会、参加したいと思われている方のために、第35回東京ふらの会総会・懇親会で決定している内容について記述します。

第35回東京ふらの会総会・懇親会は以下の通り開催されます。

1.総会・懇親会の開催日時 : 平成28年11月15日(火) 午後6時〜8時15分

2.会場 : クルーズ・クルーズ新宿(最寄り駅は新宿駅そして地下鉄新宿三丁目です。)
       東京都新宿区新宿3−5−4 レインボウビレッジ8・9F
       http://www.ginza-cruise.co.jp/shinjuku/l

3.会費 : 前回と同じ8000円/人の予定です。
        なお、ご夫婦、ご家族での会費は割引になります。二人めは4000円、三人め以降は3000円。


4.内容(催しもの、お土産等): 楽しい催しものと嬉しいお土産を期待して下さい。前回以上を期待しましょう。

5、案内状発送 : 一般会員向けに10月初旬を予定しています。11月4日(金)が
            出欠締切予定。

なお、第35回東京ふらの会総会・懇親会開催準備のための会合を、あと3回ほど開催して総会・懇親会の内容詳細を詰めてまいります。

それらの詳細につきましては東京ふらの会ホームページに記載されます。現状ではまだ更新されてはおりませんが、第34回までの東京ふらの会総会・懇親会の様子がスナップショット写真で確認できます。東京ふらの会の概要、入会方法についても記載されております。

東京ふらの会ホームページです。
http://www.tokyofuranokai.jp/

東京ふらの会を構成する北海道富良野沿線市町村と言えば、北から南に、上富良野町、中富良野町、富良野市、南富良野町、占冠村の1市3町1村のことです。上富良野町、中富良野町、富良野市はまとめて”ふらの”と呼ばれることが多いのです。もともとは同じ村から発展して分かれていったものでありまして、カミフ、ナカフ、フラノとカナ3文字の略称が使われます。いずれも”フ”にアクセントが置かれます。南富良野町は最近はナンフと呼ぶこともあるそうですが、残念ながら南富良野駅がありませんので、どこまで認知されているか、私、ふらぬいにはちと分かりません。でも南富良野(みなみふらの)町は農産物、畜産物さらに観光地として道内外から脚光を浴びている町なのだそうです。さらに、私ども年長者は”シメカップ”と呼ぶ、占冠(しむかっぷ)村ですが、もう北海道の大動脈になっている石勝(せきしょう)線が開通して、占冠駅とトマム駅が開業し、さらに道東自動車道が全線開通し、札幌方面へのアクセスが格段に良くなり、農業と観光の村として大変身し、一躍脚光を浴びる村になりました。この両駅には特急列車が停車します。普通列車(各駅停車のこと)は両駅には停車しないのです。石勝線には普通列車は運行していないからです。

本ブログでは、今回も前回時と同様、北海道庁インターネット放送局「YouTube」版にありました富良野沿線の観光案内を行います。

「YouTube」の北海道富良野沿線観光案内です。(どちらもブログで何度か紹介しましたが何度見ても良くできていると思います)

@富良野・美瑛広域観光PR
http://www.youtube.com/watch?v=uelzCouGDQY

富良野・美瑛広域観光推進協議会2014 夏編
https://www.youtube.com/watch?v=ZeFhKvs1WSY
富良野・美瑛広域観光推進協議会2014 冬編
https://www.youtube.com/watch?v=DcGoYfigco8

Aかみふらのベストガイド(上富良野町)
http://www.youtube.com/watch?v=txYajtHZNRk
上富良野町紹介(2015年6月公開)
https://www.youtube.com/watch?v=uddal7aUo40

次に、富良野沿線各市町村の観光協会などが作成している観光案内です。(これはかなりの頻度で更新されています)

@富良野市
ふらの観光協会
http://www.furanotourism.com/jp/
A上富良野町
かみふらの十勝岳観光協会
http://www.kamifurano.jp/
B中富良野町
中富良野町観光協会
http://nakafukanko.com
C南富良野町
南富良野町観光情報
http://town.minamifurano.hokkaido.jp/sightseeing
D占冠村
占冠村づくり観光協会
http://shimukappu.com/

富良野沿線各市町村の特徴が出ていて興味がわきますでしょう。富良野沿線市町村はすべて観光地のようです。

さらに、「ふらびズム」を紹介します。

聞きなれない言葉ですが、「ふらびズム」とは、
富良野・美瑛…(ふらの・びえい)略して<ふらび> そこに心地よくすみたい「主義」や住むための「流儀」…つまり「イズム」をつけ「ふらびズム」という造語を創りました。それと「ふらびに住む」というもうひとつの意味も隠れています。
ふらびズム協議会は、富良野圏域における生活・環境・観光などの地域情報を発信するために情報の収集、加工、コーディネイト、発信などを行い地域住民や移住・定住希望者へのニーズに応えることを目的に2012年に結成されたのだそうです。
その目的は、富良野圏域における地域と住民、来訪者と住民のコミュニケーションを図り、住民や移住・定住希望者が望む情報を、専用サイトを中心に発信していくことにあります。

「ふらびズム」紹介のページです。
http://www.furabism.furano.jp/index.html

まち、人、環境、自然、歴史、文化、公共施設、周辺地域の最新情報を発信しております。興味がわきますよ。
特に富良野沿線地区の最新情報には少し驚きの情報も交じっているとか・・・。

「ふらびズム」の中にNPO法人グリーンステージのページがあります。
http://www.furabism.furano.jp/GS/index.htm
このページから富良野沿線市町村のプロモーションビデオや情報マップを見ることもできます。観光案内と重複するところもありますが参考になりますし、ますます富良野沿線市町村に興味がわくこと請け合いです。

北海道富良野沿線に興味のある方、また東京ふらの会の活動に興味のある方には、このビデオ、もしかしたら参考になったかも知れませんね。でも、私、ふらぬいが住んでいた当時(昭和30(1955)年〜昭和41(1966)年の富良野沿線市町村とはずいぶん垢抜け?して美しくなったようには思います。

それで 今年または来年以降でもよろしいのですすが、北海道富良野沿線やその近隣に観光や旅行に出かける予定の方には少しでも参考になればうれしいと思います。

東京ふらの会は富良野が好き、富良野に興味があるという方も参加を歓迎しておりますからね。東京ふらの会ホームページからも参加できます。このブログへのコメントなどからも案内状送付もできます。よろしくお願いします。

第35回東京ふらの会総会・懇親会は11月15日(火)、クルーズ・クルーズ新宿で開催されますのでご承知おき下さいとのブログでした。

南富良野町では平成28年台風10号大雨被害の義援金受付のお知らせを同町ホームページに掲載しております。このブログの読者の方でご支援いただける方がおられましたら下記にどうぞよろしくお願いします。

南富良野町役場ホームページ
http://town.minamifurano.hokkaido.jp/%e5%b9%b3%e6%88%90%ef%bc%92%ef%bc%98%e5%b9%b4%e5%8f%b0%e9%a2%a8%ef%bc%91%ef%bc%90%e5%8f%b7%e5%a4%a7%e9%9b%a8%e8%a2%ab%e5%ae%b3%e3%81%b8%e3%81%ae%e7%be%a9%e6%8f%b4%e9%87%91%e3%81%ae%e5%8f%97%e4%bb%98/

美瑛町の「青い池」は、8月の台風9号の影響で美瑛川の護岸が一部で崩れたため、北海道開発局が8月23日から立ち入り禁止にしていましたが、復旧工事を進めた結果、9月14日、およそ3週間ぶりに規制を解除しました。午前10時に立ち入り禁止のロープが外されると、早速、大勢の観光客が訪れ、記念写真を撮るなどして楽しんでいたそうです。美瑛町の「青い池」は、台風が上陸した直後は土砂が流れ込んで水が茶色く濁っていましたが、その後、川からきれいな水が流れ込んで徐々に元の青い色を取り戻しています。NHKテレビが報じておりました。(9月15日 ふらぬい追記)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第35回東京ふらの会は11月15日(火)新宿伊勢丹の向かい、クルーズ・クルーズ新宿にて開催します よこはまふらのつれづれぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる