よこはまふらのつれづれぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第34回東京ふらの会に参加しました。

<<   作成日時 : 2015/11/29 14:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 本日は11月29日ですね。 ですから、もう10日以上前になりますが、新宿の伊勢丹デパートと明治通りを挟んで向かいにありますレインボービレッジ8階のクルーズ・クルーズ新宿で行われた第34回東京ふらの会に参加しました。そして故郷、北海道富良野沿線の仲間と歓談、飲食そして高吟し大いに愉しんできました。と言いましても、私、ふらぬいは東京ふらの会の幹事でありまして、第34回東京ふらの会を開催する側なのです。ですから、当日は、事前準備にかかりきりで、開会してからは、参加者、出演される方々に失礼の無きよう進捗を見守り、会場側とは細々(こまごま)と調整したりしておりました。その甲斐あって、かなりうまく会が運んだのではと自負しておりますが・・・・。
とにかく、第34回東京ふらの会が無事開催され、参加者が大いに飲んで、食べて、歓談し、また祝宴時の催し物を愉しみ好評のうちに無事終了したのでした。末席幹事に名を連ねる私、ふらぬいも参加の皆さん同様、大いに満足してかつ愉しんでまいったのでした。

 私、ふらぬい、しばらくのあいだ、本ブログの「よこはまふらのつれづれぶろぐ」を書いておりませんでした。何故かと言いましても確たる理由は無いのです。東京ふらの会開催に当たり末席幹事で多忙だったかと言いますと、そんなことはありません。またブログの材料に乏しかったかと言いますとそんなこともありませんでした。あの横浜市都筑区の傾いたマンションは、かって、私、ふらぬいが30年以上勤務していた工場跡地の敷地内に建てられたマンションでしたからね。ふらぬいのブログの材料にはもってこい(?)のものでもありました。でも、どうしてかブログに書き留めなかったのでした。これからも書かないかと言いますとそんなことはありませんね。でも今回のブログは第34回東京ふらの会に参加した、しかも遅きに失したブログなのです。
 そう言えば、前回のブログが「第34回東京ふらの会が11月7日に開催されます」とのブログでありましたね。その参加(結果)報告を続けて書くことになるのも、私、ふらぬいのブログの初心?に帰ることにもなるのです。このよこはまふらのつれづれぶろぐは東京ふらの会を紹介する目的で始めたブログでもありましたからね。
どこかブログを書かなかった理由をくどくど述べているように思いますので、ブログの本題に戻しますね。

第34回東京ふらの会は会員ならびに来賓を含め約70名の参加を得て、開催されました。

司会の開会の辞に続いて、会長挨拶で東京ふらの会のこの一年の活動状況報告がありました。

画像


その後、会計幹事から東京ふらの会のこの一年の収支会計報告が続きます。その後、私どもの先輩幹事でかつ重鎮でもおられます会員の方による乾杯の音頭で東京ふらの会の幕が切って落とされ、飲食、歓談、祝宴が始まります。

画像


参加者の皆さんは飲み物並びにご馳走を各自の席に準備します。しばらくして、地元代表(富良野沿線市町村長)が挨拶を兼ねて地元の状況報告、自慢話もありますし、現在マスコミが話題にしている事柄などもしっかり報告してくれましたね。
その後、来賓紹介などがあって、一気に祝宴に突入します。今回は前々回に出演していただいた、地元、南富良野出身の演歌歌手、石上久美子さんの演歌ショウが行われました。故郷、北海道や富良野を思い起こす選曲で参加者から”やんや”の喝采を浴びておりました。またこちらもプロのピアニスト、鈴木亜弓さんのピアノ演奏も行われ、明るい雰囲気の中にも、東京ふらの会の品の良さもそこかしこにみられる祝宴だったのです。参加者の飛び入りで、富良野沿線のこれからの発展はしかるべしとの真面目な提言もありまして、地元代表の方たちも聞き入っておりました。祝宴の後、参加者全員で、唱歌「ふるさと」を斉唱し、さらに故郷の話を交わしました。その後、中締めの挨拶があり、東京ふらの会が閉会となりました。東京ふらの会会員の皆様は用意されたお土産袋(富良野沿線市町村からいただいた郷土の土産及び今回は特別にサッポロビールのサッポロクラシック富良野ヴィンテージ2缶)を手に帰路につきました。

今回祝宴時における圧巻の催し物は南富良野町長と南富良野出身演歌歌手の石上久美子さんがご当地ソング、「どこ?そこ?南富良野」をデュエットで披露されたことでした。写真を貼り付けます。

画像


北海道の市町村長さんが歌が上手というのはなんら不思議なことではありません。南富良野町長さんが演歌歌手に負けず劣らず歌がお上手なのですね。この「どこ?そこ?南富良野」、YouTubeに貼り付けられたら、ブログに貼り付けたいと思いますが、この歌自体が新しい歌ですので、まだYouTube公開しておりません。

この歌は南富良野町民の作詞で「南富良野は富良野の南」と知名度の低さを嘆きながらも、明るく、南富良野の雄大な自然と特産品をPRする歌でもあるのです。
南富良野町には、高倉健さんの主演映画、鉄道員(ぽっぽや)の舞台になった幌舞駅(幾寅駅のこと)があり、金山湖やラフティングが行われる空知川そしてカーリングの町でもあるのです。エゾ鹿肉料理も有名ですし農産物(じゃがいも、にんじん、メロンなど)も豊富に収穫されます。有名人もいますよと歌っているのですがね。
この歌を祝宴の席で披露され、やんややんやの喝采を浴びておりました。

富良野沿線市町村は、富良野市が「北の国から」「優しい時間」「風のガーデン」などですっかり有名になり、上富良野町は十勝岳(温泉)や畜産物、中富良野町は富田ファームのラベンダーと米(ななつぼし)、占冠村はトマムリゾートがあり、それらが観光市町村の代名詞にもなっています。南富良野はちと観光にしろ、農産物にしろ名の知れたものが少ないのかなと少し自虐的な内容の歌詞でもありましたが、歌詞の内容も歌も(お上手で)素晴らしい物でした。
東京ふらの会、今回参加された方はなにごとにも大変満足されていたように思います。(幹事の贔屓目もありますよ) 次回、第35回東京ふらの会も必ずや開催する予定でおりますので、期待してお待ち下さい。

第34回東京ふらの会に参加しましたとのブログでした。





南富良野町振興公社 くまささ茶 500mlペット 24本入
いわゆるソフトドリンクのお店
1個あたりの価格 127円(税抜)【賞味期間】製造後12ヶ月【商品説明】北海道産の厳しい山麓の自然に

楽天市場 by 南富良野町振興公社 くまささ茶 500mlペット 24本入 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【北海道土産】バタじゃが 南富良野 5個入り
北海道くしろキッチン
■商品詳細情報商品名バタじゃが 南富良野 内容量5個入り原材料名男爵いも(北海道)、バター、食塩(原

楽天市場 by 【北海道土産】バタじゃが 南富良野 5個入り の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第34回東京ふらの会に参加しました。 よこはまふらのつれづれぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる